白沢宿 -第2回奥州街道を歩く-

P7200327.JPG


皆さま、こんばんは(^o^)

今日は、「奥州街道を歩く」コースの第2回から、白沢宿を
ご紹介します。

白沢宿は栃木県の宇都宮市、江戸から三十里の場所にある
宿場町です。








旧奥州街道沿いには鬼怒川から取られた用水が流れ、水車がまわり、
民家には屋号が掲げられるなど、江戸の風情を感じさせる街並みとなっています(人´∀`).☆.。.:*

P7200334.JPG P7200336.JPG

街の中にはどんなスポットがあるのでしょうか・・・?

●やげん坂
P7200331.JPG

東京の赤坂にも同じ名前の坂がありますが、名前の由来は同じで、
漢方の薬を砕くのに使う薬研(やげん)のような形をしている坂、なのだそうです。

次の氏家宿までの間には、「鬼怒川の渡し跡」があります。
P7200341.JPG

春から秋は舟渡しで、渇水期の冬は仮橋を使ったのだとか。
増水時の川幅は800mにもなった・・・ということですが、現在は面影がないので
想像力を存分に働かせましょう(^_^)

そして、第2回コースのゴールは氏家宿(栃木県さくら市)です。

ここにある光明寺は、ちょっと変わっているらしい・・・?
P7200354.JPG

↓不動明王が屋根の上に・・・!
P7200355.JPG

今回下見に行ったNスタッフが「添乗などでいろいろなお寺に行っているけど
こういうふうに屋根の上にあるのは珍しい」と言っていました。

栃木県指定の有形文化財になっています。

白沢宿だけの紹介ではなくなってしまいましたが(^_^;)、第2回はこんなルートを
歩く約10kmのコースとなっています。

それでは今日はこのへんで。


みにトラポンちゃん、ハッピーバースデーcake1.gif