ヨキクルマタビ -羽生PA-

IMAG0106.jpg
皆様、江戸時代の「判じ絵」をご存知でしょうか?

絵が表しているものが何かを当てる謎解きのようなものなのですが・・・

←例えばこの左の3つの絵は、

上→薪などを割る小型の斧を「ヨキ」と呼ぶ
中→丸(マル)、九()が逆さま
下→足袋(タビ

ということで、ヨキクルマタビ(良きクルマ旅)と読むのだそうです。



昨年12月19日、東北道の羽生(はにゅう)パーキングエリアに江戸の町がお目見えしました。DSC01153.jpg
その名も「鬼平江戸処」。

以前会社にいた先輩が『鬼平犯科帳』(池波正太郎・著)の大ファンでしたので
感想を聞いてみたいところなのですが、その『鬼平犯科帳』とのコラボパーキングエリアに
なっているのです。

先程の「判じ絵」は、このパーキングエリアのオリジナルとのことです(^_^)


私トラぽん、このパーキングエリアへ元日に行ってまいりました。
なぜ元日かというと、一番渋滞がなさそうな日だったから・・・

140101_1.jpg


ちなみに、鬼平コラボは上り線のみになりますので、東京方面からの場合は
帰りでないと行くことができません・・・。

私はここに行くことだけが目的だったので、一つ先のICで下りて、すぐにUターンして
上り線に乗ったことは言うまでもありません(^_^;)

DSC01158.jpg DSC01157.jpg

DSC01164.jpg DSC01168.jpg

外も中も"江戸の風情"満載で、単なる休憩エリアの枠を完全に超えていますね^^
最近、サービスエリアでなくパーキングエリアでもこういう所が増えて楽しいです♪

DSC01172.jpg

 

 

 

 

ソフトクリームには"小判"が乗っていました(*^o^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼平ゆかりの食事メニューなどもあるようですが、私はあまり(というより全く)詳しくなくて・・・
これを機に小説を読んでみようかな?