関門海峡

DSC02882.jpg

こんばんは。
今週は、私の山口旅行の話題でお届けしております☆

突然ですが皆様、国道1号線はどこを走っているかご存知ですか?

有名な国道なのでご存知の方も多いと思いますが、1号線は東京から大阪の
現代版「東海道」ですね。

では、2号線はいかがでしょうか?

2号線は東日本の方にはなじみが薄いかもしれませんが(私もです・・・)、
大阪から福岡県北九州市の門司区までです。

本州から九州・・・さて、その間には何があるでしょう・・・?

そうです、関門海峡です。

皆様は関門海峡を渡ったことがありますか?

私は、先日のGWの九州旅行で、新幹線が気が付かないうちにトンネルを抜けて
九州に入っていた・・・ということがあり、せっかくの関門海峡が残念で、次は地上を渡りたい!と
思っていたため、それも今回の山口旅行に組み込みました。

さて、関門海峡を渡るには6つの方法があります。
、鉄道(在来線新幹線それぞれ別のトンネル)、車(一般道はトンネル高速は橋)。

これで5つですが、残りの1つは・・・"歩いて渡る"です。

車で渡る際、一般道はトンネルと書きましたが、このトンネルが国道2号線で、歩行者も
渡れるようになっています(車道は有料ですが、人道は無料)。

トンネルの構造はこのようで↓ 車道と人道は別々ですが、今回、まずはこの「関門トンネル人道」を
歩いて渡ってみました。
tunnel-map1.jpg    DSC02870.jpg


人道ですが、ちゃんと国道2号線の標識もありました(^_^)↓
DSC02881.jpg


途中に県境の表示もあります。
DSC02877.jpg DSC02880.jpg

関門海峡を歩いて渡るなんて遠そう・・・(;`・_・´)と思ってしまいますが、人道の距離は780m。
写真を撮りながら歩いても片道15分ぐらいです。

ここをゆっくり歩いている間に、とあるジョギングをしている方と3回はすれ違った程
短い距離でした。
 
そして、歩いて渡った場合だけ、記念証↓がもらえるというメリットが(^_^;)
IMAG0475.jpg

そして、人道の後は高速に乗って、"地上を渡る"という目的も達成しました(^o^)v
(↓写真左は関門道下り 壇ノ浦PA、右は上り めかりPAより撮影)。
DSC02919.jpg DSC03020.jpg

様々な歴史の舞台となった関門海峡。
とてもロマンを感じました(^o^)

ただ、関門橋は開橋40年の大規模リフレッシュ工事中。
2019年まで続くというこの工事のため、橋の一部に覆いが・・・(T_T)ザンネン

それでは、また明日!