2015年5月の記事

大送別会

皆様、こんばんは。

この投稿の前に、ご本人からの投稿もありましたが、本日をもって
2人の方が定年退職となりました。

それに先立って一昨日、銀座一丁目某店にて送別会が盛大に
行われました。

一つの会社に40年以上の勤務・・・本当にすごいことだと思います。

私は、このお二方とは何度も一緒にランチや飲みに行かせていただいたり、
私のブログ記事にいろいろ感想を言って下さったり、本当によくしていただきました。

これからはそんな時間もなくなってしまうと思うと寂しい気持ちでいっぱいです。

が、やはり笑ってお送りしたいと思います!

・・・ということで、前回がいつだったか思い出せないほど久しぶりに
送別会で集合写真を撮りましたので、小さくですが載せたいと思います。

150527.jpg

お世話になりました!ありがとうございました。

( ^o^)∠※  .*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*(^O^)

第〇の人生

「喜びも悲しみも幾年月」
以前に・・・かなり年月が経っている
かすかな記憶をたどる
灯台守り夫婦の話であった
一つの灯台、沖ゆく船の航海の無事を祈り
灯をかざす
晴れて穏やかな海、暴風の海
どのような状況下でも、ひたすら見守り続ける

人が集い、ともに生き続けている現在
人生、守ってくれた人もいる
また、守ってやらなければならない人もいる

「世界の国からこんにちは」で始まった旅行ブーム
今、旅行屋が企業として存続・継続している

夫婦も会社も似たところがある
ここで一つ「うた」を披露して終わりとする
「うた」といっても「poem(詩)」

フジテレビと関西テレビで放映されていた番組
漫才師の京唄子と鳳啓助の司会
わが社でも「ハワイの特番」のお手伝いをさせていただいた
老齢夫婦との対談をおもろおかしくすすめて行く
その番組のエンディングに詠われたもの

夫婦、不思議な縁(えにし)で結ばれし男と女。
もつれ合い、化かし合い、話し合う、狐と狸。
夫婦、(会社)おもろきかな、おもろきかな。
この長き旅の道連れに幸せあれ・・・。

投稿不詳

ありがとうトラベル日本

photo(izumi).jpg

初めて投稿します。この初めての投稿が退職の投稿になるとは思いも
しませんでした。昭和49年に入社して以来実に41年お世話になりました。
ずーと同じ会社の場合良いところがあり、それは年金の記録が実に
シンプルということです。本社入社(当時は有楽町)フジテレビ支店
(当時は河田町)本社(現在京橋)と転々までいきませんが何度か
異動も経験しながら5月をもって定年退職いたします。良い仕事に巡りあい
悔いのないサラリーマン人生でした。これからもし第二の人生というものがあると
するならば存分に楽しみたいと思います。トラベル日本ありがとう!


                                          I.H.(I'm Happy)
 


山梨レポート

お久しぶりです★
みにとらぽんです。

本日のランチにて、トラポンさんとライトさんにブログ書いてオファーをいただいたので、つい数日前のレポートをします@(・●・)@

土曜日の雨の中(雨女代表といっても過言でない、みにとらぽんです)気合い満々で、さくらんぼ狩りに向かいました。(大抵気合いが入って自分で予約を積極的にしている日が雨です。。

でも、ごめんなさい。食べることに集中し過ぎて写真を1枚も取らないという失態です。

その後、みなさん駅のポスターで見かけているはず★芝桜に行って参りました。

道は大渋滞で目的地まで14kmの地点でノロノロ運転。。
雨のお陰で『見頃すぎ』と到着してから発見した看板がありましたが、そんな不安をぬぐう芝桜でした。

150520_3.jpg 150520_2.jpg 150520_1.jpg
富士山芝桜

左側に見える茶色のステップは、写真ポイントなんです。
ステップから見ると、富士山芝桜の奥に本物の富士山が見えるというコラボレーション。

ものすごい長蛇の列でした。

私は暑くて暑くて、待てずに、更に奥にある食べ物コーナーに直進です。
こちらも長蛇の列。ですが、こちらはちゃっかり並びました。

食べ物の写真はさくらんぼ同様、1枚もございません。。

みにとらぽん、山梨は年数回ほど遊びに行きますが、フルーツに温泉と観光スポットがたくさんありますので、芝桜が終わっても今度またその季節にあったお花、フルーツ、温泉★と楽しむのもいいですね。

以上みにとらでした( ´ ▽ ` )ノ

バラの季節

menuma.jpg
こんばんは!
春になって、桜、チューリップ、ネモフィラ、藤・・・と花の話題をお届けしていますが、
5月はバラの季節ですね。あちこちでバラが見頃となっています。

どこへ見に行こうか・・・と迷うところですが、実は、道の駅にも見事なバラ園が
あるところがあるのをご存知でしょうか。

それは、埼玉県熊谷市にある「道の駅 めぬま」です。

4年前に道の駅スタンプラリーで訪れた際に知り、今度はバラの時期に来てみたいと思っていたので、
昨日行ってみました。

1.7haに400種2000株のバラが植えられていて、色とりどり、青空に映えて綺麗でした♪
さらにバラは色だけではなく香りも楽しめ、何となく優雅な感じがします。

ドライブの途中に立ち寄るだけではもったいない位の見事なバラ園、なんと無料です。

バラだけでなく、道の駅の"要"である野菜などの販売も充実していて、朝一番で行きましたが
既に多くのお客さんで賑わっていました。

ところで、熊谷市といえば、"暑い町"ということで度々ニュースに登場しますね。
この日も車の車外温度計は31℃になっていて、まさに真夏!でした(>_<) 暑い・・・

・・・ということで、熊谷市名物の「雪くま」(ふわふわのかき氷)も美味しく頂きました(^o^)♪

yukikuma.jpg 


ちなみに冒頭の写真にある石像は、埼玉の三偉人といわれる、日本初の女医 荻野吟子さんです。
現在では熊谷市にあたる場所の生まれなのだそうです。

道の駅だけで3時間滞在、自宅から片道約100kmの"プチ熊谷の旅"を満喫しました。



最近、社内で「家族が道の駅に行きたいって言うんだけど、どこかおすすめの道の駅なーい??」と
聞かれることが立て続けにあったのですが、今の時期はこんな道の駅もオススメです!

機会がありましたら行ってみてはいかがでしょうか(^o^)


初投稿!

高野山開創1200年

kouya.jpg
皆さま、こんばんは。
週をまたいでしまいましたが、GWの旅行の話題も今回が最終回です!

前回のブログに書いた十津川村の吊り橋から次に向かったのは、世界遺産でもある高野山です。

今年2015年は開創1200年の記念の年で、今月は過去に例のない特別公開も行われているというのを
たまたま知り、"高野山って和歌山県なのか・・・(・_・)フムフム"と何となく調べてみると、
行く予定の十津川村からも意外と近く、"この特別公開のわずかな時期に偶然人生初の和歌山に
行くとは、何かの運命かも!?"と勝手に思い込み、特に考えていなかった高野山を急遽日程に
組み込むことにしたのでした。

とはいえ、GWの混雑状況がどんなものか予想もつかなかったのですが、結果、車を止めるのには
少し苦労したものの、「檀上伽藍」金堂の御本尊(1200年の歴史で初の御開帳)や、「金剛峯寺」の
御本尊(こちらは16年ぶりの御開帳)はすんなり拝むことができました。

金剛峯寺は、中がそんなに広いとは知らず、拝観してみて驚きました(@_@)!
日本最大級の石庭も見事で、さすが、高野山真言宗3,600寺の総本山です。

その後は、弘法大師の御廟がある聖域「奥の院」にも行く時間が取れ、
厳粛な気持ちになりました(撮影は禁止のため写真はありません・・・)。

が!こんな神聖な高野山にも、やっぱりゆるキャラがいて、グッズ販売までされいるのが
何だか可笑しかったです(^_^;)

さらに、明日12日から17日までは、なんと高野山"二大聖地"の一つである「檀上伽藍」で、
今流行りのプロジェクションマッピングのショーまで行われるとか・・・。

1200年の歴史をもちながら、なかなか今風の高野山でした(^_^)



参拝してパワーももらえた(?)ことだし、元気に頑張るかなー
と思った矢先、滅多にひかない風邪をひき苦しむことになった私でした・・・(>_<l|)トホホ...ナゼニ...

おわり。

恐怖の吊り橋

150504_3.jpg

こんばんは。会社が始まったと思ったらもう週末(^o^)♪ルンルン
今日は前回に続き、GWに行った旅行から話題をお届けいたします。

今回の和歌山への旅では、ちょっと足を延ばして隣の奈良県に入り、とある吊り橋にも行って来ました。


150504_2.jpg日本一広い村、十津川村にある"谷瀬(たにぜ)の吊り橋"です。

長さは297.7mで、生活用(!)の吊り橋としては日本一だそうです。

川からの高さは54mあり、高所恐怖症の人にはちょっと厳しいかも・・・。

足元の板がしっかり硬ければそれほど怖さも感じないのですが、板はグラグラと
心もとない上に、継ぎはぎされたようになっていて、"まさか、壊れない?"と
不安になって来るのです(((;゚Д゚)  しかも右に左にゆーらゆら。つかまろうにも
手すりが遠いし細過ぎる!!

150504_4.jpg

歩いても歩いてもまだ終わらない・・・という感じで、高所恐怖症でなくてもだんだん
足がすくんで来ましたが、なんとか渡り終えました。

ちなみに、危険なため一度に20人以上は渡れません。ちゃんと係員がいて人数制限を行っています。
さらにGWのような混雑時は一方通行の規制がかかり、帰りは臨時バスの利用になります。


吊り橋のたもとには食事処があって、そこから橋がよく見えるので観察していたところ・・・

150504_5.jpg
←このお兄さん(お父さん?)は、腰が引けて最初は
数メートルと進めず、家族に置いていかれてしまい
ました。

諦めて引き返して行ったので、"あれは無理だな"と思って
見ていたのですが、家族の手前か?再度登場しました。

それでもあまりにも歩みが遅く、本当に大丈夫だろうかと
食事処のお客は皆、固唾をのんで彼を見守っていました(^_^;)


最後までは見届けていませんが、無事に渡り切れたことを願います。

カップルの場合、自然と固く手を握り合うので(?)、喧嘩中でも渡り終わった頃には仲良くなっている・・・
という話もあります(^_^)

カップルの人もそうでない人も、挑戦してみてはいかがでしょうか!?


ただ、ここ十津川村に行くのは大変不便です。

集中豪雨で村が孤立したというニュースを覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、電車はなく
交通手段は車(バス)のみ。その車の通る道もほとんど山道で、すれ違いが難しい狭いところも
しばしば。

そのお蔭かそこまで観光客は多くなく、秘境の雰囲気を味わえる場所となっています。

150504-00003.jpgのサムネール画像


さて、この谷瀬の吊り橋を後にし、狭い山道を進んで次に向かった先は・・・
今年ならではの場所です。

そのお話はまた次回。
ということで最終回に続きます・・・m(_ _)m 皆様、よい週末を!


本州最南端へ

nanki.jpg
こんばんは!
大型連休は皆様どのようにお過ごしでしたでしょうか?

私は、人生で初めて和歌山県へ上陸して来ました。
関東の場合、和歌山県というのはあまりメジャーな旅行先ではなく、会社で"和歌山県に行く"と言うと、
周りの反応は「??何があるの?」とはじまり、パンダで有名なアドベンチャーワールドか熊野古道
くらいしかイメージがないことがわかりました・・・まぁ実際のところその通りかもしれませんが(^_^;)

ただ、私が今回和歌山に行った一番の目的はそのどちらでもなく、"本州最南端"の潮岬を
訪れるためです。
昨年は下関市の"本州最西端"に行き、只今四端制覇を目論み中です(・v ・)

そして最南端に行く"ついで"に、熊野古道歩きや熊野本宮大社、那智の滝なども計画に入れる
ことにしました。
5月3日にもう海開きしたという白良浜は、青い空・海と白砂のコントラストが美しい
絶景でした♪ (^o^)南国♪

玄関口となる南紀白浜空港は、東京からの便が1日3往復(時期によっては2往復?)のみという
ローカル空港。
飛行機も1機に100人も乗らないような小さい機材でした。

そんな南紀白浜空港に着くと、ウェルカムドリンクならぬ「ウェルカム梅」が町の"うめ課"(!)の方々
から手渡され、熱烈(?)歓迎を受けました。GW中の2日間限定で、これは初めての試みだったそうです。

東京からは1時間ちょっとという近さで、それは便利で良いのですが、移動のレンタカーは
ちょっとやっかいです(・_・)
何しろ県の8割が山という和歌山県。街中を含めて直線道路がほとんどなくて、カーブばかり・・・
直線道路の快適ドライブが恋しくなってしまった3日間でした(^_^;)
山道ドライブが好きな方には最適かもしれません。。。

そんな今回の旅行ですが、あと2回、ブログで話題をつくる予定です。
次回は、とある1ヶ所の観光地をクローズアップ致します。

それではまた次回(^o^) つづく。

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30