クロアチア・2 トロギール&スプリット 似て非なる港町

160810_1_1.jpgこんばんは(^o^)

前々回と前回のブログで、スロベニア→プリトヴィツェと南下して来ましたが、
今回はさらに南に下って、いよいよアドリア海沿岸の街に入ります。

今日ご紹介するのは、トロギールとスプリットという2つの港町です。
上の写真は「トロギールの花嫁」とでも言いましょうか、幸せそうでした(*´∀`*)

この2つの街は、港町ということ以外にも城壁に囲まれた街という共通点があります。
また、どちらの街も世界遺産に登録されています。

では、ご紹介いたしましょう♪


croatia_n_150_1.jpg トロギール

本土から橋でつながった島です。

旧市街はこの城壁の中にあります。一周ぐるーっとつながっています。
160810_3.jpg  160810_2.jpg

↓城壁の入口。その昔は夜になると門が閉ざされ、住民でも中に入ることはできなかったそうです。
160810_9.jpg

↓このように狭い路地がまるで迷路のよう。中世の面影を今に残しています。
160810_5.jpg

↓旧市街の中心にある、聖ロヴロ大聖堂。よく見ると・・・
  2世紀という長期間で建てられたため、3層になった鐘楼のそれぞれの階で窓の様式が異なっています。
 (1階:ゴシック様式、2階:ヴェネツィアン・ゴシック様式、3階:後期ルネッサンス様式)
160810_6.jpg

↓ロッジア(広場に面したかつての集会所のようなスペース)では、クロアチア伝統の
  男性合唱(アカペラ)"クラッパ"をやっていました。絶妙なハーモニー♪
160810_7.jpg


城壁(旧市街)を出た後は、海に沿ったプロムナードを散策。
今の時期はクルーズの最盛期なので、沿岸にはクルーズ船がぎっしり。右の写真は小学校です。おしゃれ!
160810_8.jpg  160810_4.jpg

対岸から見たトロギールの街。小さな古都は太陽に輝いていました。
160810_10.jpg

croatia_n_150_1.jpg スプリット

160810_11.jpgここスプリットも、お洒落なプロムナードが印象的な港町。
でも、クロアチア第2の都市とあって、小さなトロギールとは規模が全然違います。

この街の旧市街は、ディオクレティアヌス宮殿の中にあり、世界遺産でもある遺跡の中で
今も人々が生活をしているというとても珍しい場所です。

↓ローマ時代のイメージ。今は海から直接宮殿には入れませんが、宮殿内は今もこれに近い印象です。
160810_14.jpg

↓宮殿の地下は見学できるようになっていて、ローマ時代に思いを馳せることができます。
160810_18.jpg

↓宮殿の中心にある中庭(ペリスティル)。もの凄い観光客の数で、はぐれない方が難しい。。。(ーー;)
160810_15.jpg

↓旧市街の中心地、ナロドニ広場。素敵なレストランがたくさん。
160810_16.jpg

宮殿の東西南北の門は、金の門、銀の門、鉄の門、青銅の門と名付けられています。

中はトロギールと同じように細い路地がたくさんあり、方向音痴の私は宮殿の外に出たかったのに
全然門に辿り着けず、同じ場所をウロウロウロウロ・・・地図を見てもわからないんです。。。
焦りました(;゜○゜)

その4つの門のうち、金の門を出たところにあるのがグルグール司教の大きな像。
160810_19.jpg

なんだか面白い名前ですが、クロアチアの英雄です!

午後は旧市街を離れて、スプリットの街を散策。

花も綺麗です。
160810_17.jpg

プロムナード。
160810_12.jpg  160810_13.jpg

賑やかでリゾート感いっぱいの本当に美しい街でした。



次回はさらに南へーーーーー

クロアチアの旅最終回、みんなが言えない(^_^;)ドブロブニクをご紹介します!

続く。

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31