2016年9月の記事

三島スカイウォーク100万人

160929.jpg


こんばんは!

昨年12月にオープンし、今年最初のブログでも
紹介した「三島スカイウォーク」(富士山を
見ながら渡れる歩行者用の橋)ですが、本日
渡橋者数が100万人を達成したそうです!
(FAXにて案内が来ました)

自分でも行った場所だったのでちょっと
気になってFAXの内容をチェックしてみました。



オープン以来9ヶ月の間にいろいろ進化を遂げているようで、
8月からはヘリコプターの遊覧飛行でスカイウォークと
富士山、街並の絶景を眺められるようにもなったとか。
160929_3.jpg
さらに、今まではなかったレストランも今月オープンした
ようで、ますます魅力的なお出かけスポットになったのでは
ないでしょうか!?

100万人達成記念の商品も登場するようです。

これを機に是非訪れてみてはいかがでしょうか♪

               (写真は1月に訪れた時のもの)
160926_4.jpg皆様、こんばんは。

 このブログで度々工事の進捗をつづって来た「京橋エドグラン」。
会社の隣にあって、社員の間でも大注目のこのビルの開業日が11月25日(金)に決定しました!

工事は急ピッチで進んでいて、会社を出ると毎日目の前の光景が変わっていてビックリします。

いよいよ開業間近という感じになってきて、ワクワク。

160926_2.jpg  160926_3.jpg

160926_5.jpg  160926_6.jpg

木がたくさんの緑豊かなビルだなぁという印象ですが・・・

なんと、↓ 壁にも木が埋まってる・・・!?  どうやって手入れをするのか本当に謎です。
160926_7.jpg  160926_20.jpg

開業日とともに、テナント全34店舗の情報も発表になりました。

各種の宣伝記事を見てみると、一番の注目は「トシ・ヨロイヅカ東京」の旗艦(きかん)店が
ここになることのようです。

他にも各地の有名店がここ京橋に出店して来るとか。

そして、エドグランの公式サイトに「京橋の方々が復活を待ち望んだ」と書かれている
(私も行きつけでしたので同じ気持ちです!)明治屋地下の老舗洋食レストランもついに
復活。

地下鉄直結の巨大なランドマーク。
地味な印象の京橋も、ついに注目される時が来たでしょうか!?



さて、エドグランがオープンしても、これで終わりではありません。
京橋の再開発はまだまだ続きます。

次は、エドグランとは中央通りを挟んで向かい側、
この↓白く覆われた区画の建物が取り壊しになります。
160926_8.jpg

↓区画内はみんな立ち退いてしまい、ゴーストタウンのよう。
 古き京橋がなくなってしまうのは少し寂しくもあります。
160926_9.jpg

今週からいよいよ解体工事が始まるようです。
160926_11.jpg  160926_10.jpg

そして、夜になると周辺の様子は一変します。

中央通りを半分通行止めにしての地下の大工事です。
160927_1.jpg  160927_2.jpg

毎日夜9時くらいから翌早朝まで、地下鉄の駅を含めた大掛かりな工事が
行われています。これはこれで独特の凄い光景です。
中央通りを通行止めにするなんて昼間には絶対できないのでこんな夜中に
なってしまうんですね・・・。

道を掘り返しているのに、昼間には何事もなかったように
元に戻っているのがとても不思議です。

こんな工事によって、古ーい京橋駅がどんな風に
綺麗に生まれ変わるのかも楽しみです。
160926_12.jpg



こうして開発が進む京橋。


まわりがどんどん新しいビルに生まれ変わり、うちの会社のビルの
古さがどんどん際立っていく・・・(^_^;)

まぁそれは置いておくことにして、この「京橋NOW」のコーナー、
まだまだ完結できそうにありません。
     




        


       (写真は、明治屋とエドグラン(左の高層ビル)。)

赤の世界 -曼珠沙華-

160925_1.jpg「暑さ寒さも彼岸まで」と申しますが、昨日はとても暑い!一日でした。

最近、雨続きで出かける気が失せていたのですが(・_・)、昨日は久々の晴れ!ヽ(・∀・)ノ ヤッホー
でも、どこへ行こう・・・?と考えた時に、ちょうど彼岸花(曼珠沙華)が見頃ということで、
埼玉県日高市の巾着田に行って来ました。

関東ではとても有名な場所なのでご存知の方も多いと思いますが、なんと約500万本もの
曼珠沙華が咲き誇っているのです!

見渡す限り一面赤・赤・赤・・・。赤い絨毯がどこまでも続いているのは本当に圧巻です。

赤い曼珠沙華に囲まれて、ごくわずかですが白い曼珠沙華もあります。
「紅一点」ならぬ「白一点」とでも言いましょうか(^_^)
ちなみに、近くの民家には黄色というのもありました。
160925_2.jpg  160925_3.jpg

見る場所によって、また光の当たり方によって、様々な表情を見ることができます。
隣には綺麗な高麗川(こまがわ)が流れていて、お弁当を広げて眺めるのも楽しそうです。

160925_4.jpg  160925_5.jpg

なんとも驚いたことには、この曼珠沙華、植えたわけではなく、高麗川の蛇行によって
球根が流れ着き、自然に群生したものらしいのです(@_@)!!
そう思うとまた見る目が変わって来ます。この数の多さ、何て凄いんでしょう・・・!

葉っぱのない不思議な花ですが、どうやら冬に葉を茂らせ、夏には枯れて、その後
秋に芽を出して花を咲かせるのだとか。順番がかわった変な花ですね。。。

こういう場所でのご多分にもれず、ここも「曼珠沙華まつり」が絶賛開催中(^_^;)
"花より団子"?か物凄い人の数で、大賑わい。そして、懐かしさを感じるアドバルーン。

160925_7.jpg  160925_8_1.jpg


ところで、名前の"巾着田"ですが、なぜそのような呼び名なのでしょう?

その答えは、上から見ると一目瞭然ですよ。

160925_6.jpg

中央の平らなところが巾着田で、その周りを丸く囲っているのが蛇行した高麗川です。
まるで巾着袋のように見えませんか??
それが名前の由来です。

それにしても、この上からの景色を見るために、約300mの登山・・・
山登りなど全く慣れていない私にはこの高さでもき、きつい・・・(>_<) ゼェゼェ
30℃近い暑さもあってちょっとばかりハードな一日となりました。

曼珠沙華の開花期間は1週間ぐらいと短いですが、ここまでの規模のものは
なかなかなく、一見の価値あり!です。

機会がありましたら是非(^o^)♪


「ふっこう割」で熊本へ

160911_1.jpg
こんばんは!

突然ですが、皆様は「九州ふっこう割」というのを
ご存知でしょうか?

まぁ簡単に言うと、4月の地震以来観光客が減って
しまった九州への旅行について、政府が助成金を出す
制度です。
結果、旅行者はとっても安く九州に行くことができる
んです。

宿泊のみやパック、団体ツアーなど、いろいろな形で
利用することができます。

そんなわけでわたくし、その「ふっこう割」を使って、この土日は熊本に行ってまいりました!

*余談*
最近は書店から姿を消している熊本のガイドブックですが、

現在"応援版"として刊行されているものがあり、最新の営業状況などがわかります。

160911_20.jpg


熊本へは2年前にも遊びに行ったばかりなのですが、そんな熊本、
今回の一番の目的地は・・・・・・・・・・・・・・・・・・



熊本駅! 



↓この巨大なオブジェ(生首?!)が見たかったんですヾ(*´∀`*)ノ
160911_2.jpg  160911_3.jpg


↓そして、駅の名前も・・・ヾ(*´∀`*)ノ
160911_4_2.jpg


これは今年の3月から9月までの期間限定で、見に行くのは諦めていたのですが、
「ふっこう割」のお蔭で思い切って行くことができました(^o^)♪

ところで、この巨大オブジェは新幹線の改札を入った中にあって、新幹線を利用
する方でないと見ることができません。

入場券を買うしかないか・・・
と思っていたところ、こんな↓貼り紙を発見! 
(・▽・)ナヌ!?
160911_5.jpg

テンションが上がってみどりの窓口に買いに行ってしまいました(^-^)
160911_6.jpg

こうして無事に今回の旅の一番の目的を達成したのでした。



そして、もう一つの目的は、地震で甚大な被害を受けた熊本城を
この目で見ておくことでした。

熊本城は、現在ほとんどのエリアで立入禁止になっています(下の図の赤枠内)。160911_7.jpg

160911_11.jpg  160911_10.jpg

それでも、外から熊本城を見られる見学コースが6月から開通しています。

徐々に修復が進んでいるのかな、と思える一方で・・・
160911_8.jpg


5ヶ月経っても未だ手つかずのところも。
(2016.9.10現在)
160911_12.jpg  160911_13.jpg
160911_14.jpg  160911_15.jpg

広い敷地を歩いていると、いかにひどい地震だったかが身をもって実感できます。
報道で見ていても、やはり自分の目で見なければ伝わらないなぁと改めて思いました。

特に天守は、2年前に見た美しい姿が記憶に新しいだけに、痛ましい姿を
目の当たりにすると言葉を失ってしまいます。(/_.)しゃちほこがいない...
160911_16.jpg

今しか見られない、貴重な見学となりました。
一日も早く修復が進みますように。

160911_19.jpg



そして今回、もう一つ驚いたのは熊本空港です。

工事中や立入禁止の場所がまだ多く、展望デッキも閉鎖中、トイレも一部フロアは仮設だったり、
そんな状況だとは思ってもみませんでした。
160911_22.jpg  160911_23.jpg

2軒だけ営業しているレストランのうち、1軒はやっと先週営業を再開したばかりだといいます。
160911_24.jpg  160911_25.jpg

今も続く地震への不安。
160911_26.jpg 


一方では嬉しいことも。

地震後、販売を休止していた銘菓がようやく販売を再開しています。
160911_28.jpg  160911_29.jpg


熊本、これからも応援していきます!
160911_27.jpg


そして機会を見つけてまた訪れたいと思っています。

160911_17.jpg  160911_18.jpg

fukko_logo_2.jpg   fukko_logo_11.jpg
 

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31