2017年10月の記事

那須花(ナスカ)の地上絵


171008_1.jpg


171008_2.jpg
 

















こんばんは。
行楽にぴったりな季節がやって来ましたね。

そんな3連休、栃木県の那須へドライブに
行って来ました。

那須高原スマートICから約12分の場所にある
「那須フラワーワールド」です。

手前の那須ICは出口が1km渋滞していましたが、
サービスエリアにあるスマートICを使えば、
近いし渋滞もなくスイスイ♪



171008_8.jpg

季節によって様々な花が植えられるのですが、
今の時期は何といっても、燃える炎のように
鮮やかなケイトウが圧巻です!!

赤・黄・ローズの3色。


後ろに見える那須連山によって、
高原だぁ!と実感。





171008_14.jpg



     別のエリアではベゴニアが満開!











171008_3.jpg



ベゴニアとケイトウがまるでパッチワーク!

「那須花(ナスカ)の地上絵」と呼ばれるのも
納得です('∀')









171008_4.jpg


メルヘンの世界に入り込んだように造り込まれた
庭園。












171008_5.jpg



ブルーサルビア、ホワイトサルビア、
普通の(?)赤いサルビア、ケイトウの
コラボ。











パッチワークを構成してはいませんが、他にもいろいろな花が見頃です。

ダリア達。
171008_6.jpg  171008_10.jpg  171008_9.jpg  171008_12.jpg


コスモスや、お洒落な植え込みも。蝶ものどかに舞っています。
171008_11.jpg  171008_13.jpg


171008_15.jpg


今回、家から4時間かけて行き、ここ1ヶ所しか
立ち寄りませんでしたが、十分満足できました♪

ドライブマップなどにも載っていなくて、
どうなのかなぁ・・・と思っていましたが、
お客さんも少なくて、ゆっくりと静かに絶景を
堪能することができます。

穴場です!

また別の季節に行ってみたいなぁ。。。


「地下謎への招待状 2017」


IMG_20171001_0001.jpg今年も始まりました!

東京メトロの謎解きイベント「地下謎への招待状」。
私の中ではもはや秋の風物詩となりつつあります。

昨年初めて挑戦して、来年も!と思っていたのですが、
あまりにも気合が入り過ぎて待ちきれず、今年はなんと
イベント初日に早々に挑戦してまいりました!



東京メトロ内の指定5駅のどこかの定期券売り場で謎解き
キットを購入したら、謎を解いてその駅に向かい、そこで
また謎を解いて・・・という流れは変わらず。

例によって謎の内容やどこに行ったかを書くわけに
いかないので、ブログとしてはあまり用をなさないのですが(^_^;)、
これだけは事前に公式サイトでも公表されているので
書いても良いかと思うのが・・・


世界初!
謎付きミネラルウォーター」専用自動販売機!
イベント期間中、六本木一丁目駅近くに設置されています。
171001_1.jpg 171001_2.jpg


このミネラルウォーターの購入金額(¥100)もイベント参加費として
キット代とは別に記載されていて、これが「地下謎」を解くのに重要な
役割を果たします(地下謎イベントに参加していない方が購入しても、
ミネラルウォーターに付いた謎を解くという楽しみはできるようになっています。)

今年は昨年以上に趣向を凝らした謎の仕掛けや、答えがわかった時の爽快感(?)に
驚くやら感心するやら・・・ラストを解き明かした時は、うわぁあ!と
感動すら覚えました。

昨年体験したため少し解き方の勝手がわかり、昨年のような時間のロスもなく、
朝9時にスタートして、お昼の時間を含めても約5時間でクリア!となりました。
・・・が!
最後の問題だけはギブアップでヒントを見てしまったり(・_・)、
他の問題でも完全制覇とはいかず悔しさも残りました...。
まだまだ修行が足りませんなぁ。

昨日は初日でしたが挑戦している方が大勢いて、どこに行っても謎キット軍団(?)と
すれ違うのは相変わらずちょっと困りものですが、一日とても楽しめました♪

さて・・・

一体どんな問題が出るの?という方のために、もう終了している昨年の問題から
一つだけ紹介します(見たくない方は注意!)。

昨年、謎に導かれて訪れた場所の一つに、日比谷公園がありました。
先週、日韓交流おまつりで行った公園です。)

日比谷公園に着いたらまず一つの謎を解いて、それから(↓)の通り、
公園内を指示に従って進みます。
IMG_20171001_0002.jpg

問題は、「イチョウのない場所を読め。
下には変な図。

これは何を意味するのか・・・広い公園内、木はたくさんあって
どれがイチョウの木かなんてよくわからないし・・・一体この図は・・・

しばし茫然。

途方に暮れて自分がいる場所を見渡してみると、ふと、あることに
気が付きました。

図のオレンジの四角は、設置されているベンチを表しているのでは??

そこで、周辺のベンチを見てみると、置かれた間隔も数もまさに図の通り!
(* ̄ー ̄)v ヨシッ!

・・・しかし、「イチョウがない」とは何のこっちゃ。




(・_・ ) ( ・_・) キョロキョロ...




あっ!!!

ベンチの下に「イチョウ(の飾り)」があるーーー!
しかも隣のベンチには「イチョウがない」!
161010.jpg

こうして無事に答えを導き出せたのでした。

先週、日比谷公園に行ってベンチに座った時、一年前のこの問題を
思い出しました。
こんなことでもなかったら、ベンチのイチョウ(有る、無い)に
気が付くことはなかったのではないかと思います。

そんな、普段は気が付かない面白い東京(大げさですが...)を発見できるのも
地下謎の大きな魅力です。

今年は、銀座線の中吊にも10種類の謎が登場する企画があるとか。
昨日はお目にかかれませんでしたが、まだ4ヶ月あるし、通勤の時に
乗れたらいいなぁ。。。

 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30