2017年11月の記事

秋の京都2017・その2 -瑠璃光院訪問記-

皆さま、こんばんは!

一昨日は写真の準備不足で短い内容になってしまいましたが、今日は文章が
多めです。

前回ご紹介した瑠璃光院についてのおまけで、「恐るべし"インスタ映え"パワー」に
スポットを当ててお届けしたいと思います。
前回のブログの写真を撮るまでの裏話などなど、です。

注・瑠璃光院に行ってみたいという方には参考になるかもしれませんが、
そうでない方は興覚めになりかねないので読まない方がいいかも(^_^;) 



まず、瑠璃光院の場所ですが、京都市中心部からは離れていて
(バスで50分位)、比叡山行きのケーブルカー乗り場の近くにあります。

旅行に行く前のこと。インスタグラム Instagram.jpgで話題の場所だけに、
紅葉の状況について、私もインスタグラムのいろいろな人の写真投稿で
情報を収集していました。

すると、紅葉の状況以外に、拝観について尋常ではなさそうな状況が
見えてきました。

あまりの人気に、朝一番で行かないと待ち時間が3時間になったりするとか、
午後に行ったらチケットが完売で入れず、などという投稿が目につきました。

どれだけ混んでいるんだ。。。(´゚д゚`)

というわけで、私たちは2日目の朝一番に訪問にすることに決め、いざ出発!


拝観時間は9時からですが、それより前の8:50位に到着。
その時点で、拝観は「9:30」の整理券でした(=待ち時間40分)。
171126_2.jpg  171126_13.jpg

ここで拝観料を払いますが、拝観料はなんと2,000円(T_T)

整理券制なので、集合時間までに戻れば、同じ場所で待ち続ける必要はありません。
その点は列に延々並ぶよりは良心的(^_^;)
でも、山の中で周りには特に何もないのが難点...

集合時間に集まったら、同じ時間帯の人たちでお寺までゾロゾロ歩きます。
思っていたより距離がありました。

お寺の前に着いた後も、さらに待ち時間が。
というのも、お寺に入る人数も2人ずつなど少人数で区切っているからです。
171126_7.jpg  171126_8.jpg

お寺に入ると、順路はまずメインの書院2階(紅葉が写経机に反射している所。
前回のブログ写真の場所)へ。
やはり人だかりです。

ここでの写真撮影は時間制。

最前列の人の撮影時間制限はなんと30秒!
係の方がストップウォッチで計って「あと10秒です」とまでやる徹底ぶり。
日本語のわからない中国人のため中国語のスタッフもちゃんと案内しています。

美しい景色の反対側は、実はこんな光景・・・
171126_3.jpg

時間が来たらどいて2列目の人が前に出て・・・「はい(撮影)どうぞ」という
完全流れ作業です。

たった30秒で撮影しなければならないとは。。。難しい!
この対応にはついつい苦笑してしまいますが、前の人が全然どかないストレス
よりはよほど公平で良いと思いました。それにしても皆さんの撮影の真剣度が物凄い。

↓こちらは、1階に下りたところで、「瑠璃の庭」。とても美しい庭です。
171126_4.jpg

ここは特に写真を撮るのに制限はありません。
一見、静かな庭をしっとりと眺めている・・・という印象かもしれませんが...

↓実際はこのようになってます。みんなインスタのためなのか?!真剣そのもの。
 いい場所で撮るのは容易ではありません。
171126_5.jpg  171126_6.jpg

お寺の中は意外と広く、他にも見所がいろいろあります。

私たちは滞在1時間程で外に出ました。

その時点(10:30頃)で、整理券は既に「12:30」(=2時間待ち)となっていました。
早起きは三文の得(^w^) ウシシ


もしも2時間もの待ち時間となってしまったら、その間に近くにある蓮華寺を
訪れてみてはいかがでしょうか(私たちは瑠璃光院の後に立ち寄りました)。

瑠璃光院からはバスの停留所で1つ分離れていますが、十分歩いて行かれます。
171126_10.jpg


ここも庭が絵画のようで大変美しいです。
171126_11.jpg

しかし、瑠璃光院と同じインスタ狙いの人が行っているのか、写真好きの人が
あまりに多いのか、異様な光景はここでも。
171126_12.jpg

こういう場所では大抵は縁側に座って庭を眺めるものではないでしょうか??
実際最初は縁側に座っている人も何人かいたのですが、その人たちがたまたま
誰もいなくなった瞬間が訪れると、みんな素晴らしい一体感(?)で、
ここぞとばかりに↑写真のような後方から(紅葉の"額縁"効果を狙ってですね)
一斉に凄い連写で撮りまくる撮りまくる(^_^;)
しかも無言... 

えー、既にお気づきかと思いますが、他人事のように書いている私も
その中の一人だったりするわけで(^_^)

で、こんな状況で縁側に座ろうという勇気のある人は、中国の方も含めさすがに
いませんでした(汗)

そんなわけで、今回は昨今のカメラ人気の高さを目の当たりにしました。
"総カメラマン"のようで、一昔前とは全く異なる様相ですね。



長くなりましたがこれで今年の京都レポートを終わります。
...あっ、ブログに載せた写真は2日目のものばかりで、M課長とご一緒した
1日目の写真が1枚もありませんでした(^_^;) !!

それではまた(^o^)ノ

秋の京都2017・その1(?)

171126_1_2.jpgこんばんは!
今年も行ってまいりました、秋の京都。
気がつけば4年連続・・・。すっかり京都ツウ(・・・と思っているのは自分だけ(・・))

元々今年は行くつもりはなかったのですが、M課長がちょうどいい日に
仕事で京都に滞在しているという情報をキャッチ。

"これは!"と思い、いつも旅行に一緒に行く先輩と2人で合流して、
M課長にも一日だけ観光におつきあい頂きました。久々の「旅行会」です♪
(後輩思いのM課長!朝早くから私たちのために、京都駅でのコインロッカーの確保
ありがとうございました!! m(_ _)m お陰様でとってもスムーズに観光が
スタートできました♪♪)



さて、今年の京都の紅葉のトレンドは写真の場所です。 

皆様、どこだかわかるでしょうか??



・・・この場所は「瑠璃光院」というところです。

ここ、今まではガイドブックや紅葉マップにも記載がなかったり、
載っていても扱いは小さくて、決してメジャーな紅葉スポットでは
なかったと思うのですが、 昨今騒がれている「インスタ映え」で、
インスタグラムから一気に人気に火が付いたという、最近に多い
典型的な例なんです。

今年はついに、あるガイドブックで表紙を飾るまでに昇格(^_^;)して
いました。

二階の書院から望む紅葉が一幅の絵のような美しさなのに加え、光によって
机に紅葉が反射している様子がまさに絶景。本当に見事です。

ただ・・・

この写真を撮るに至るまでには一苦労あり('・・)、そのあたりの話を
次回書ければ書きたいと思います。
ちょっと見る目が変わってしまうかも!?

それではまた次回☆

深まる秋

171103_1.jpg

171103_2.jpgこんばんは。
やっと晴れました!東京の週末。
こんなに晴れた週末はかれこれ4週間ぶりくらい
でしょうか。

毎年10月にある恒例の「日本橋・京橋まつり」も今年は台風で中止になってしまいました。

会社の先輩がずっと「洗濯ができないーー!!」と真剣に悩んでいましたが、やっとそのストレスからも解放されたことでしょう(^_^;)



久しぶりの晴れでしかも3連休!
ということで、ドライブに行って来ました。


写真は、神奈川県の仙石原(箱根)のススキ草原です。
関東でも最大のススキの名所で、広さは18ヘクタールもあるそうです。

ススキが美しいのは何といっても夕暮れ時、太陽が当たって黄金色に
輝く時間帯ですね♪

夕暮れ時が黄金なら、昼間はまるで白銀の世界♪ また違った趣があります。
171103_3_2.jpg  171103_5.jpg

ちなみに、逆光だとこんなに白く光り輝いて見えるのに、順光だとただの
枯れ草にしか見えない・・・(・_・)オヤ?
その違いは歴然です。

ススキの美しさを楽しむ時は、太陽に透かすように眺めてみましょう!
☆.。キラキラ☆.。キラキラ☆.。 
穂が宝石のように輝いて、それはそれは綺麗です(人*´∀`)

秋の深まりを実感した一日でした☆


ところで・・・
今回、高速道路もそれなりの距離走り、大きなサービスエリアにも立ち寄ったのですが、
先月から交付が始まったという"オリンピック仕様"のナンバープレート(神々しいやつ)には
ただの一台も出会いませんでした。

え?交付、始まってますよね・・・??

普通に見かけるようになるのはもう少し先、ということでしょうか。

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31