ケニア旅行記・1 -サファリ体験-

180115_1.jpg
180115_2.jpg
皆様、こんばんは!
更新が久しぶりになってしまいましたが、先週の一週間、アフリカのケニアに
行っていました。

通常、この時期に長期の休みを取るのは難しいのですが、今年は勤続〇周年の
特別休暇を会社から頂いたので、それを使って思い切って行くことにしました。

なぜケニアかというと、以前一度だけブログも書いてもらったことのある
アルバイトの「サブトラポン」さんが、毎年この時期に1ヶ月位ケニアに滞在
するのですが、それに合わせて私も1週間だけお邪魔して、一緒に旅をして頂きました。

現地では、サブトラポンさんの知り合いで日本在住のケニア人の方がご一緒してくれて、
ご自分の車で最初から最後まで案内をして下さいました。

ケニアへは、行くだけで24時間程かかりますので、正味5日の短い時間でしたが
その中で訪れた場所、感じたことをレポートしたいと思います♪



ケニアといえば、まずは動物、サファリですね。
ということで、本日はサファリのレポートをお届けします
(何日に分けるつもりなのか...^_^;  書くことが多いので長くなります!)。

ケニアには国立公園がいくつかありますが、今回訪れたのは、ナクル湖国立公園
(首都のナイロビから車で約3時間の場所)です。国立公園でサファリができます。

180115_4.jpg

一番大きな国立公園は「マサイ・マラ」というところですが、こちらは
飛行機で行く距離のため今回のスケジュールでは断念。

飛行機で行っても現地での車(レンタカー)の調達が費用面でも難しく、
自家用車で行かれる場所の方が良いとのことでした(レンタカーは日制ではなく
距離制とのこと)。

このナクル湖国立公園は、以前はフラミンゴの大群で有名でしたが、最近は
雨が多く、ナクル湖の水位の上昇でフラミンゴの餌となるプランクトンが減少して
フラミンゴはわずかしかいなくなってしまいました。

かつてのメインゲート。この先が水没しており、現在使用不可。
180115_5.jpg  180115_6.jpg

現在のメインゲートは高台の上にあります。
180115_7.jpg

入口の係の方は、迷彩服に猟銃を持っていて物々しいですが、人間を撃つのではなく、
動物に襲われそうな人間を助けるためのものとのことでした。

ゲートを入ると、パーク内の移動は自由。
ここからいろいろな動物に出会えます。
現地の方は、かなり遠くの動物まですぐに見つけて教えてくれ、びっくり。
全然わからなかった...(・_・) それで、動物のいる方へ車を走らせます。

初っ端に出会ったのはシマウマ。いきなり近くで見えて感動!
でも「まだまだ、こんなものじゃないよ」と(^_^;)
その言葉通り、シマウマにはかなりたくさん出会うことができました。
親について歩く子供シマウマは毛もふさふさで特に可愛い1f495.jpg
180115_3.jpg  180115_10.jpg
180115_9.jpgバブーンの毛づくろい。子供の表情が何とも気持ちよさそう。ボス(?)の威厳は凄い!
180115_13.jpg  180115_13_2.jpg
180115_12.jpg
ナクル湖を見下ろす展望台。
世界各地への方向と距離を示す板がありましたが、残念ながら日本はありませんでした。
180115_14.jpg   180115_16.jpg
180115_15.jpg

ここでは、珍しい色のトカゲにも出会いました。
180115_19.jpg

それにしても暑い!気温は33℃くらいありました。

展望台を下りて、水辺に向かいます。

いなくなったというフラミンゴも、全然いないわけではありません。
少しはいます。でも、餌が影響してあまりピンク色になりません。
180115_17.jpg

180115_18.jpg

これもまた自然の摂理。
180115_23.jpg

インパラ。2頭が重なっているのがまた可愛い1f495.jpg 雄には立派な角があります。
180115_20.jpg  180115_21.jpg
180115_22.jpg

サブトラポンさんが大好きなキリンに遭遇1f495.jpg
180115_24.jpg

足の下が白い、ロスチャイルドキリンという種類だそうです。

おや?車を誘導してくれるんですか?(*^o^*)
180115_25.jpg

キリンはサバンナによく似合います。180115_26_2.jpg180115_27.jpg  180115_28.jpg

サファリは一日がかりで行うため、ランチは国立公園内のロッジで。
180115_32.jpg  180115_33.jpg

もちろん宿泊もできますが、料金は高め。私たちは食事だけ楽しみました。

この時ちょうど、日本にいる会社の仲間からLINEが入り、いつもの店に飲みに
来ているとのこと(時差は6時間で日本は夜です)。
こんな場所でもLINEで会話できるなんて、現代ですね・・・。
ホテルなどの施設では大抵Wi-fiがつながるのはありがたいです。

ランチの後、午後の部に出発!

バッファロー。群れで行動しています。
180115_29.jpg私たちは自家用車でしたが、サファリツアーに参加すると、このように上から顔を出して
バッファローの移動の様子を見ることもできます。
180115_30.jpg  180115_31.jpg

バッファローにいつもくっついて歩いている鳥がいます。
この鳥はサギで、バッファローに寄って来る虫を食べてくれるのだそうです。
180115_39.jpg

ところで、出会いたいと思っているのはライオンですが、なかなかお目にかかれず。
パーク内のレンジャーの方に、"居場所がわかったら連絡をくれ"と携帯の番号を渡して
頼んでくれましたが...
とにかく夕方まで粘ります!

その他に出会った動物たち。

ガゼル、イノシシ。
180115_34.jpg  180115_35.jpg

ホロホロ鳥。
180115_36.jpg  180115_37.jpg

カムッツル(冠鶴)。
180115_40.jpg

周辺の動物たちが慌てて逃げ始めたと思ったら、肉食獣のハイエナ。
180115_38.jpg

サイ。これも何か鳥が乗っています。
180115_41.jpg  180115_42.jpg

マカリアの滝と、周辺にいたバブーン(猿)。雨が少なく、滝の水量はかなり少なめ。
180115_45.jpg  180115_46.jpg

動物たちの活動が活発になる遅い時間までいましたが、ライオンには残念ながら
会えませんでした。

夜になると、前が見えない程の虫(蚊?)の大量発生!空を埋め尽くしています。恐怖((( ;゚Д゚)))
180115_43.jpg  180115_44.jpg
案内してくれた方も、何回も来ているけどこんなの見たことないと驚いていました。

私たちにはどの道も同じように見えて道案内の看板もないので、真っ暗な中本当に
出口に帰り着けるのか不安でしたが、無事に戻れて終了!となりました。

今日は国立公園内だけで何と走行距離100km!とにかく広大です。

別の場所で出会った日本人の方(国の援助を受け仕事で来ているという女性)が言っていました。
ナクルはフラミンゴがいないから行かないと・・・。

でも、これだけ多くの動物たちに出会うこともできますし、周辺の町には新しい
ホテルも出来ています。私たちが泊まったホテルも昨年建ったばかりです。

180115_47.jpg
180115_48.jpg  180115_49.jpg

スタッフも皆さんとってもフレンドリーで、教育も行き届いている感じがして
温かい雰囲気のホテルでした。国立公園内のように高くもなく、綺麗なホテルを求める
日本人の方も満足できるはずです♪

以上!本日はナクル湖のサファリレポートをお送りしました。
次回は、サファリ以外のケニアをご紹介したいと思います♪
 
本日、関東地方では大雪警報のため、会社は16時に退社指示が出ています。
私は休んでいたこともあって仕事が終わらず・・・外を見るとたいぶ積もっているようです。
それでは、これにて失礼いたしますm(_ _)m

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31