外環道開通 -関越道・川越への旅-

 IMG_20180603_0001.jpg
こんばんは。

このブログでも何度か書いて来ましたが、先週土曜日の16時に、
千葉県民の悲願であった外環道が半世紀の時を経てついに開通
しました!
♪(*^・^)ノ ヤッホーイ!

↓今回開通区間(赤いところ)
IMG_20180603_0003.jpg

↓TVのニュースでも特集していて、慌てて画面を撮影(^_^;)
DSC_0446-(002).jpg

どれだけ便利になったか確かめてみよう!ということで、早速翌日の日曜日に
通ってみました。

↓新しく出来たIC。ナビにもないので地元といえどもちょっと迷います。
 前のトラックも入口がわからなかったようで、直前で急ハンドルで入って来ました(^_^;)
DSCN0837-(003).jpg

入口さえ入ってしまえば・・・
常磐道や東北道、関越道へあの難しい首都高を通らずに行かれるなんて、
この上なく快適ヽ(*^◇^*)/ ♪♪♪

今までは首都高を通るのに多少の緊張がありましたが、これからは"全部自動運転で
行けそうじゃない!?"と思える程(...って、自動運転なんて使ったこともなければ
機能もないけど...^^;)単純な道でした。



さて、今回は関越道まで試し運転して、関越道に入って割とすぐの川越ICで下りて
「小江戸」川越観光をすることにしました。

川越って、駐車場がなさそうなイメージがあったのですが、「あぐれっしゅ川越」という
農産物直売所に隣接して、無料の観光用駐車場がありました。
180603_9.jpg  180603_10.jpg

駐車場から12分程歩くと、川越のランドマークともいえる「時の鐘」と、
蔵造りの街並みが。
180603_1.jpg  180603_2.jpg

あの有名なコーヒーショップも街並みにマッチしています。
180603_3.jpg

ここは「菓子屋横丁」。
180603_11.jpg

最盛期の昭和初期には70店が軒を連ねたといいます。現在は約20軒ですが、
昔ながらの風情が残っています。
180603_12.jpg 180603_13.jpg

懐かしさを感じる横丁をそぞろ歩きするのも川越の楽しみ♪ し
かし...暑過ぎるっ!!
180603_14.jpg

歩くのはちょっと・・・という方には、観光用循環バスや人力車もあります。
180603_17.jpg  180603_18.jpg

ここは「氷川神社」。鳥居は、木造のものとしては日本最大級だそうです。入口の風車は風が吹くと圧巻!
180603_4.jpg  180603_5.jpg

縁結びの神様ということと、インスタ映えしそうな(?)小物たちのお蔭か、
特に若い人で大賑わい。
180603_8.jpg

鯛の形をしたおみくじ。300円の初穂料を払って好きなのを釣ります。
私も釣りましたが...これがなかなか難しい!
180603_6.jpg  180603_7.jpg

この氷川神社ですが、創建は約1,500年前の古墳時代だというから驚きです。

その他の見所。
(左)埼玉りそな銀行川越支店。大正7年建設のネオ・ルネサンス様式の建物。
(右)川越城本丸御殿。1848年造営。現在は玄関、大広間、家老詰所が残っています。
180603_15.jpg  180603_16.jpg

あちこちに重要文化財や有形文化財が残る川越。小ぢんまりとしているので、
短時間で見て回れます。
都心からも近い場所にあり、小旅行気分には最適です!

関東地方は今週にも梅雨入りのようで、貴重な(?)晴れの休日を満喫できました(^o^)

それではまた!

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31