2018年8月の記事

こんばんは。

前々回のブログでたまたま「偉人伝」のことを話題にしたので
本題に入る前に・・・

私は、尾畠春夫さん(山口の行方不明の2歳児を見つけた78歳のボランティア)のような
方こそ、「偉人伝」で子供に何か感じてもらうのにふさわしいのでは・・・?と思ってしまいました。

「子どもっていうのは上に上がるのが好きみたい」という確信であっという間に
見つけてしまった・・・この言葉で、この方は本物だ・・・!と感じました。

当社の某スタッフも3歳の頃にお花畑で行方不明になり、見つかった時は上に上に
上っていたとのこと(...本人は全く覚えていないそうですが、お母様いわく、理由は
"お花がきれいだったから!"(^^)だったそうです)。

尾畠さんのボランティアでの座右の銘は、「朝は必ず来るよ」。
私も頑張ろう(ノД`゚)゚



180818_1.jpg
さて、余談が長くなりましたが、今日は、先日ブログで
下見の様子もご案内したツアー・・・

『トラぽんの夏休み エリック・ワイナイナさんとサファリ体験@富士サファリパーク』の模様をお届けいたします!

オリンピックメダリストのエリック・ワイナイナさんと一緒に富士サファリパークに行って、動物のことをいろいろ聞いて楽しもう!という内容の"プレミアム"なツアーです。

さてさて、どんなツアーになったのでしょうか。



朝8時に、東京駅を出発です。

「後ろ、聞こえるかな?これから富士サファリパークに行くよ。みんな、楽しもうー!」
180818_2.jpg

あれ・・・?ちょっと渋滞・・・?
180818_3.jpg

海老名SAで休憩。
「トラぽんの夏休み」というタイトルだけあって、トラぽんがバスに乗ってますヽ(゚∀゚)ノ  
いっぱいバスが並んでいるので迷わないように目印。
180818_4.jpg  180818_5_1.jpg

サービスエリアを出た後は、クイズ大会。
「アジアゾウとアフリカゾウ、どっちがアフリカゾウ・・・?
 これからサファリパークで見るよ。覚えておいてね!」
180818_6.jpg

見事クイズに正解すると、エリックさん(親しみを込めて、以降こう呼ばせて
いただきます)からの豪華プレゼントが・・・!
180818_7.jpg  180818_8.jpg
180818_9.jpg  180818_10.jpg

子どもからの質問に答えて、マサイ族の布の巻き方を披露するエリックさん。
動物以外にもケニアのこと、いろいろ教えてくれます。
「他には?何かある?何でも聞いてね。」
180818_14.jpg

そうこうしているうちに、いよいよ近づいて来ました。素敵な道。
180818_11.jpg  180818_12.jpg

約3時間15分で富士サファリパークに到着しました。

まずはバスで園内を回りますが、このツアーのプレミアムなところその1。
エリックさんと富士サファリパークの専門ガイドの方の2人から動物の解説が聞ける!
180818_15.jpg

アフリカにいる動物のことはエリックさんが、アフリカにいない動物のことは
サファリパークのガイドさんがマイクを交代しながら話をしてくれます。
このお2人はお互いを"先生"と呼び合い、質問をしたりしながらとても充実の解説です。

さあ、アジアゾウとアフリカゾウ。どっちがどっち!?
「バスの中でやったの覚えているかな?」
180818_16.jpg  180818_17.jpg

サファリパークのガイドさんも、エリックさんから生の説明を聞けたことに
感激し、今後お客様へのご案内に生かしたいとおっしゃっていました。
180818_18.jpg

下見の時にもご案内しましたが、お昼は"富士山カレー"をご用意。
食事の時の水は富士山の伏流水(画・富士山 byエリックさん)を使っています。
180818_19.jpg  180818_20.jpg

午後は、歩いて回る"ウォーキングサファリ"に出発です!

そうそう、ツアー参加証(?)のトラぽんのストラップ(添乗員の自作)。
特に説明もしないのに皆さん、つけてくれていました。
トラぽんの名前もお客様が知っていて、トラぽんの生みの親の私としてはこれ程嬉しい
ことはありませんヽ(;▽;)ノ アリガトー!!
180818_21.jpg

このような森林の2.5kmのウォーキングコースの途中にいくつか動物を見るポイントがあります。
常に子ども達を気にかけ相手をするエリックさん。
180818_22.jpg

子供たちも最初は恥ずかしそうにしていましたが、だんだん打ち解け、最後には
絶大な信頼を得ていましたね・・・。

クマにあげるエサの話を係の方から聞いたエリックさん。・・・えっ、エサを食べてみてる Σ(゚Д゚ 大丈夫!?
180818_23.jpg  180818_24.jpg

エリックさんが話をしていると、クマが顔を覗かせました(本人全く気づいてない・・・)
動物を呼ぶ男!
180818_25.jpg

歩きながらも動物のいろいろな話をしてくれます。
サファリパークの方にとっても勉強になるみたい。
180818_26.jpg

ライオンへのエサやり。
180818_27.jpg  180818_28.jpg

いくら金網越しとはいえ、ライオンに真正面から睨まれると・・・こ、怖すぎる(((゚Д゚)))
180818_29.jpg

ここからは何が見えるかというと・・・
180818_30.jpg

夏の今のシーズンしか見られない、日本初、水中のゾウ!(下見の時はまだやっていませんでした・・・)
180818_31.jpg

このツアーのプレミアムなところその2。
タイミングが合わないとなかなか見ることができない水中のゾウが見られます。

そして、ゾウさんから歓迎の挨拶かな?!
180818_32.jpg

ウォーキングサファリは、車で回る以上に動物たちのいろいろな表情が楽しめておススメです!
まだまだ浸透していない・・・とのことですが、たくさん歩いてもOK!という方は、
このようなサファリもありますので是非行ってみてください♪



お客様はもちろん、サファリのスタッフの方や、バスの運転手さんまで、
エリックさんと2ショット写真を撮るとみんな自然と笑顔になる・・・エリックさんの人柄ですね。
180820.jpg

ツアーはまた第2弾も企画中とのこと。次回は皆様も是非一緒にいかがでしょうか。

以上!ツアーレポートでした。(※ほとんどの写真は添乗員が撮ったものではありません)

おまけ。
お客様が、ご持参のケニアの旗を持たせてくれたトラぽん。
今度はケニアに行きたいな!?☆
180818_13.jpg

22日(水)19:30から、NHKの「ZOOっと見ナイト」という番組で、ナイトサファリの
生中継があるそうです。夜の動物たちの様子が見られるかも!?
私もナイトサファリ行ってみたい・・・。

メキシコ旅行記@フォートラベル

こんばんは!

実は、特にお伝えはしていなかったのですが、先日のメキシコの旅行記を
旅行情報サイトの「フォートラベル(4travel)」の方にも書いてありまして・・・

それが今日、フォートラベルのトップページの「おすすめ旅行記」に
掲載されてしまいました( /ω)ハズカシイ...
  ↓
180814.jpg

せっかく選ばれたのなら!とこちらのブログでも紹介させていただく
ことにしました(^_^;)

それにしても、以前にも同じようなことがあったのですが、この「おすすめ旅行記」って
どんな基準で選んでいるんでしょう。。。膨大な数の旅行記の中から。。。(謎)


このブログを読んでいただいている方には写真や文章が重複してしまうところも
あるのですが、フォートラベルの方はより詳しい旅行記になっています。

メキシコの旅の様子がもうちょっと知りたい!という方は読んでみて下さいね♪

(フォートラベル旅行記)
カラフルメキシコ★ピンクラグーン&ターコイズブルーのカリブ海


それではまた(^O^)ノ

偉人伝

皆様、こんばんは。

世間一般ではお盆休み、今日は仕事はお休みという方も多いですね。

私事ですが、本日一つ歳を取ってしまいました...
先週末、会社の仲間(大先輩まで)がお祝いをしてくれ、大変恐縮して
いるところでございますm(_ _)m

さてさて、夏休み真っ只中の今日は、ちょっとゆるーい話題です。

皆様は小学生の頃に、まんがで偉人伝を読んだことはありますか?

ヘレンケラーやエジソン、メキシコに銅像もあった野口英世などなど・・・
世界や日本の偉人の方々の伝記ですね。
学習用のまんがですが、私ははて...読んだことがあったかなかったか...

そんな偉人伝に、先日、とある人がラインナップされたとの情報をゲットし、
大人なのに即、予約購入してしまいました!

↓ これ

180813_1_1.jpg

"人"じゃないし(^_^;)

この方(?)はもはや偉人ですか・・・(゜ロ゜)
ヘレンケラーやエジソンと同じレベル?! まさか...

ちなみにこの偉人伝、人以外のものが取り上げられるのは初とのこと。

内容は、初期の頃の営業活動や、熊本の震災時の苦悩、そこからの活躍などです。
180813_2.jpg


180813_3.jpg
タイトルには"次世代のリーダー"とあります。

子供はどう感じるのかよくわかりませんが、大人にも響くものが
あります。
簡単なまんがなのに、結構考えさせられるところもありました。

2016年4月14日の大地震。

その日を境に、毎日更新されていたツイートが途絶えてしまったことは
ニュースにもなりました。

このまんがを読んで、またあの頃のことを思い出している今日この頃です。



もしかして、この偉人はいつか教科書に載る日が来るのでは...!?

...なんて、こちら、夏休みの読書感想文にいかがでしょうか(^_^;)



それでは皆様、よいお盆休みを!
180726_9_1.jpg

こんばんは。
メキシコレポートも今回が最終回となります。

最後は、メキシコといえばほとんどの人はここが目的では?という場所、カンクンです。

40数年前まではただのジャングル。
お金が入って来るようにと、アメリカのマイアミをイメージしてリゾート開発されたのが
カンクンです。
この町は本当にアメリカのような雰囲気です。他の町と違って英語も通じ
やすいし(他の場所では全く通じません...)、アメリカドルも使えるお店が多いです。

美しいラグーン。
180726_3.jpg  180726_4.jpg

2014年オープンの高級スーパーマーケット。ホテルに近かったので何度も通ってしまいました。
2階にはイートインコーナーもあり、暑い中歩き回った際の休憩にも使えそう。
180726_7.jpg

ランチはラグーンビューの絶景レストランにて優雅なひと時(*´▽`*) なんか、バカンスって感じ♪
180726_6.jpg  180726_5.jpg

ホテルゾーンではバスも便利に乗ることができます。料金も一律12ペソ(約80円)。
180726_8.jpg

バスで、ドルフィンビーチという場所にやって来ました。
この行列、何に並んでいると思いますか??
180726_2.jpg

↓実は、この"カンクンサイン"で写真を撮るための列なんです。
  この時の待ち時間・・・20分。
180726_1.jpg

見事に二色に分かれて見える美しい海と白砂のビーチ。これぞカリブ海!!

・・・なのですが、ここでカンクンの現実を一つお伝えしておこうと思います。

今まで載せた写真のように、ターコイズブルーが美しいカンクンの海ですが・・・
次の写真を見てください。

↓海岸線が茶色い・・・?
180726_10.jpg

これは、カンクンが3年程前から悩まされているという、藻の大量発生です。
時期にもよるようですが、今年は3月頃からこのような状況とのこと。
藻が漂着すると匂いもあり、このような場所では海水浴ができません。
しかも、結構広範囲です。

カンクンに訪れる日本人の9割はハネムーンだと言います。
知らずに行って"こんなはずじゃなかった・・・"とならないためにも、藻については
最新の情報収集が必要かもしれませんね。



ちょっと真面目な話。

IMG_20180730_0001.jpg今回、メキシコはピンクラグーンが目的で、他の場所のことはあまり
知らなかったのですが、人、観光素材、食事等あらゆる面で大満足で、メキシコのイメージが大きく変わりました。

先日、社内で回覧している業界誌に、"メキシコの日本人の観光客(ビジネス客は伸びているようですが)誘致の課題"・・・というような記事が載っていました。
まだまだメキシコに観光で訪れる日本人は少ないのが現状です。

少ない中でも観光客が一番多いであろうカンクンが、藻の影響で危機的な状況になってしまったら大問題!

そんな時、ひょっとしたらピンクラグーンが救世主となってくれるのでは・・・(・_・)?
なんて考えてしまいました。

観光大国メキシコ、これからも目が離せません。

以上!メキシコレポート、これにて終了となります。
最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました(^o^)
180725_1.jpgこんばんは。
今日はアエロメヒコ機の墜落事故のニュースが流れ、4日前に
利用したばかりの私は他人事のような気がしなくて複雑な心境でした。

さて、今日はメキシコレポートの3回目です。
今日は、これを見るためにメキシコに行きたかった、その場所を
紹介します!

通称"ピンクラグーン"または"ピンクレイク"。

このピンクラグーンのある場所は、何もない田舎町で公共の交通機関もほぼ無く
とても不便ということで、拠点となるカンクンからのオプショナルツアーに参加しました。
今回はそのツアーの内容も含めてレポートしたいと思います。



カンクンからピンクラグーンへは、片道約280kmあります。
自宅から先日行った南伊豆よりさらに遠い距離...(・_・)
ただ、何もないジャングルの中の一本道を進むだけなので渋滞や信号とは無縁で、
約3時間半で到着します。

7:00にカンクンのホテルを出発。

↓途中の休憩場所の隣にあった、テキーラの原料であるリュウゼツラン。
 なんと、テキーラ村のリュウゼツラン畑は世界遺産に登録されているとか。
180725_7.jpg

ピンクラグーンに到着。
ここは事業用の塩田で、いわば企業の"私有地"になります。
観光客が増えると、そのうち入場料を取るようになるかも・・・とガイドさんが言っていました。
180725_5.jpg

右にピンクラグーン、左にメキシコ湾を見ながら奥へと進みます。とにかく暑い!!
180725_2.jpg

周りが何もない静かな場所ということもあって、天国に来たんじゃなかろうか?!と
感じてしまう程の絶景。 
180725_6_1.jpg 
詳しくはわかりませんが、塩の精製過程において、水の色は最初は透明、
3年経つと少しピンクになり、5年でさらに濃いピンク色になるのだそうです。

↓湖岸の真っ白いものは塩の結晶。
 バイクの車輪の跡で線が引かれていますが、この線より中には立入禁止。
180725_3_1.jpg

ガイドさんが、ピンク色になる原因の生物を見せてくれました。赤い色素を持つ、アルテミア(?)。
エビに似ています。
これが大量にいるからピンク色に見えるんだそうです。自然って凄い!
180725_8.jpg  180725_9.jpg

ピンク色に見えるかどうかは天気が全て。
晴れてくれて本当によかった。。。

天気が全てと書きましたが、ピンク色に見えなくなる要因がもう一つあります。

塩づくりの業者さんも、ここがそこまで観光地化するとは考えておらず、
昨年の6月から8月にかけては塩の抜き取り作業を行ったためにほとんど
ピンク色に見えなくなってしまったのだそうです。

現在、もし収穫時期に当たってしまった場合は、別の場所でピンク色のところへ案内
してくれるとのことでした。

↓採られた大量の塩の山。食用になります。ちなみに塩はピンクではなく白です。
180725_4.jpg

ピンクラグーンを見た後は、ボートに乗ってジャングル体験へ!
180725_19.jpg

船長さんが捕まえた、絶滅危惧種のカブトガニ(海の"○○○○"...。"○○○○"は
一緒に行った友人が書かない方が良い!というので伏字に^_^;)
180725_12.jpg

フラミンゴやワニも見えました。
ワニは船長さんがサンダルで水面を叩いておびき寄せてくれましたが、ガイドさんいわく
この時期に見られるのは20回に1回程度なのだそうです。
180725_11.jpg  180725_10.jpg

一旦ボートを下りて上陸。
この白いところに穴を掘って(元々掘ってある)、紙粘土のような海泥を全身に塗る「泥パック」をします。
私たち以外には誰もいないので気兼ねなし。
180725_15.jpg

しばらく泥を塗ったままクルーズを楽しみ、絶景ビーチで泥を落とします。
ここも誰もいなくてとても気持ちいい!
これがメキシコ湾の海の色です。次回ご紹介するカンクン(カリブ海)の海の色とは全然違います。180725_13.jpg  180725_14.jpg

ボートの終点は、リオラガルトスという港町。
180725_18.jpg

メキシコ湾を眺めながらのランチです。ちょうどこの日は町のお祭りだとかで、馬を率いた行列が続いていました。
180725_16.jpg  180725_17.jpg

ランチの後は、ただひたすらカンクンに戻ります。

ピンクラグーンにジャングル、絶景ビーチと、大満足の一日でした♪

個人で行くにはなかなかハードルの高い場所なので、今回
一緒に行ってくれた友人には大感謝!です。

さてさて、早いもので(いや、長過ぎ・・・?)メキシコレポートも
次回が最終回になります。
それでは、また次回お会いしましょう!

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 過去の記事