キプロス旅行記・2 -ニコシア編-

こんばんは!
本日はキプロス旅行記 2日目をお届けいたします。


1日目は首都ニコシアの旧市街に泊まり、翌日の午前中は
ニコシアの観光です。

その前に・・・
実はここニコシアは、世界でもかなり特殊なところなんです。
それはなぜか・・・

今日のブログ(特に前半)はちょっと文字が多めになりますが、
キプロスの抱える1つ目の問題(・・・問題は2つあって、もう一つは
後日のブログにてご紹介します。)を知っていただきたく、
よろしければおつきあいくださいませm(_ _)m

代わりに後半は写真を多めにいたしました(^o^)♪

この問題、たぶん日本人にはあまり知られていないのではないでしょうか。。。
かくいう私も、この旅行に行くまで全く知りませんでした。

私が「キプロスに行く」と話した人で、このことに触れた人はたった一人。
元うちの会社の社員で、私が新入社員の時隣の課の課長だった人です。さすが・・・・・



ニコシアという町は、ヴェネツィアに支配されていた時代、オスマントルコの
侵入に備えて町に城壁が巡らされ、その城壁が今でも残っているところです。
(城壁の中が旧市街、外が新市街)

↓ そのニコシア中心部の地図がこれなのですが・・・
lefk_centre_n.jpg

城壁は実際は丸く囲むように造られているのに、地図では下の半分しか描かれていません。
・・・なぜでしょうか?

画像では読めませんが、地図の上の方にはこう書かれています。

Area under Turkish occupation since 1974

ここに、昨日のブログで少し書いた北キプロスの問題があります。
ちなみに、上の英語の意味は「1974年よりトルコの占拠下にあるエリア」です。

北キプロスとは、キプロスにいるギリシャ系の住民とトルコ系の住民が、
国の在り方に対する考え方(ギリシャと一緒になりたい、いや、なりたくない)で
対立し、その交渉が折り合いを見せず、1974年にトルコ軍がキプロスの北部を占領、
1983年に独立を宣言したという未承認国家なのです(国として承認しているのは
トルコのみ)。

だから、北キプロスに入国するとイスラム(トルコ)の雰囲気だったんですね。
「国」なので、行き来にはパスポートが必要で、簡単ですが出入国審査もあります。

北キプロスではこのような独自の国旗が使われています。トルコとも違っています。
northcyprus_flag_2.jpg

今は紛争のようなことはないとはいえ、南キプロスの方々はこの国旗を
見たくないそうです(´∵`)。

ただ、かつては南北それぞれのキプロス人はお互いに行き来することも
できなかったのですが、今はそのようなことはなく、自家用車でレジャーにも
行くほどということです。

話を元に戻しますと、ニコシアの北半分はこの北キプロスになっており、
別の国という認識なのです。

北と南の間には国連の緩衝地帯があり、それをグリーンラインと呼んでいます。

そんな、世界で唯一、2ヵ国に分断された首都がニコシアなのです。



では、一旦北キプロスのことは忘れて、まずは城壁の内側、旧市街にまいりましょう。

■ファマグスタ門
190921_3.jpg

城壁の外から中に入るための3つの門のうち最大のもの。
今はカルチャーセンターとして使われています。

ここから歩いて聖ヨハネ教会に向かいます。

その道中。
190921_8.jpg

ドアや建物の色が素敵な家々が多いです。

190921_9.jpg


聖ヨハネ教会に到着。
1662年に建立された教会で、18世紀頃に描かれたフレスコ画が見事ですが、
内部は撮影禁止です。1730年、大主教座もここに移されています。
190921_10.jpg

隣には大主教の館があります。
190921_11.jpg


さらに歩いて、自由の記念像へ。
イギリスからの独立10周年を記念して1970年に造られたもの。
190921_2.jpg

女神や戦士、民衆などがいるようなのですが、強烈な逆光のため
ほとんど何も見えず(-_-)

続いてはバスで城壁の外、新市街にあるキプロス考古学博物館へ。
190921_16.jpg

紀元前7,000年からビザンチン前期までのコレクションがある、キプロス最大の
博物館です。

↓紀元前30世紀頃の「ポモスの偶像」。
 腕を広げた女性の像で、キリスト教の十字架とは全く関係ありません。
 キプロスのユーロコインの裏にも採用されています(写真は今回入手した2ユーロコイン)。
190921_15.jpg  190921_14.jpg

↓また後日その名前が登場しますが、女神アフロディーテの像。
190921_19.jpg

その他にも興味深いものがいろいろあり、見応えのある博物館でした。
190921_13.jpg  190921_12.jpg
190921_21.jpg  190921_20.jpg

↓博物館の裏手にて。キプロスにはブーゲンビリアがたーくさん。町を美しく彩っています。
190921_25.jpg

そうこうしているうちにもうお昼です。

昼食場所は再び旧市街。
旧市街は歩行者天国になっていたり、バスは入れない狭い道なので、お店には
歩いて向かいます。

↓旧市街で特徴的な、空を覆う三角の幕。カラフルで可愛い。
 暑さ対策に一役買っています。
190921_27.jpg

どこを切り取っても絵になります。
190921_29.jpg

写真ばかり撮っていて、ツアーのみんなから遅れ気味。。。
190921_26.jpg

三角の幕はまだまだ続いています。
190921_28.jpg

やっと到着。本日のお昼はこちらのお店。
壁の写真を見ると、有名な方が多数訪れているのか?・・・さっぱりわかりませんが(^^)
190921_30.jpg  190921_31.jpg

メニューは、北キプロスの国境近くということで、トルコっぽくケバブです。
今回のツアー、毎昼食時にアルコール2杯が無料で付いていて、呑兵衛には
ありがたい限り ヽ(゚∀゚)ノ うぇ──────ぃ♪ ヤーマス(乾杯)!!
190921_17.jpg 190921_18.jpg

キプロスのワインは日本ではほとんど手に入りませんが、その歴史は6,000年以上と深く、
世界的にはとても有名です。

さて、ほろ酔い気分となったところで午後の観光へ・・・
といきたいところですが、本日のブログがだいぶ長くなってしまいましたので、午後のレポートは
次回へとしたいと思います。

続く。

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 過去の記事