2020年2月の記事

道の駅イベント

200211_2.jpgのサムネール画像


こんばんは!
久しぶりのこの話題。。。

一昨日の祝日、地元の道の駅にくまモンがやって来る!という情報を広報紙でゲットし、駆けつけてまいりました。
ヾ(*´∀`*)ノ

ちなみに我が市ではこのようなイベントは初とのこと。




道の駅では今、熊本県宇土市のフェアを実施中。

200211_4.jpg  200211_5.jpg

宇土市特産のデコマリンや網田ネーブルの他、熊本のいちご「ゆうべに(熊紅)」、トマトなども。
売れ行きが好調で、もう半分程しか残っていないと言っていました。
見ている間にもどんどん売り切れていき・・・もうちょっと早く来ればよかった...( ´Д` )

さてさて今日のイベントの場所は・・・?
入口にあった「屋外店舗配置図」にしっかり書かれています(-^艸^-)
200211_3.jpg

・・・って、↓入口の目の前にステージが出来ていたのですぐわかりました(^_^;)
50分前でこのぐらい並んでいましたが、私が道の駅に着いた
1時間半前でももう数人場所取りしていました。恐るべし!
200211_8.jpg

↓始まった時にはこんな状態に。天気も良く最高のイベント日和。
200211_1.jpg

私は後ろの方のベンチに立って撮っていたのですが、いつの間にか
隣に同じことをしている人が・・・。くまモン好きにはなぜか男性がとても多いです。
200211_7.jpg

ステージは相変わらずの漫才のような掛け合い(?)に笑ってしまいました。

イベント終了後は、先日ニュースにもなっていましたが、新型コロナウイルス
(命名:COVID-19)の影響でハイタッチは自粛、直接触れない"エアータッチ"で
とのことでした。
私はハイタッチどころか、一度も全身を見る機会がなく終了いたしました。。。
200211_6_1.jpg



熊本の話題ばかりなのもなんですので、最後に、地元市川のもので
気になったものを一つご紹介。

市川といえば梨なのですが、↓こちらの梨のジュース。
200211_9.jpg

そんじょそこらのジュースとは違いますよー。
なんと、梨の品種ごとに造られていて、それぞれの品種の旬の時期に
ジュースにしているとのこと。

「幸水」「豊水」「あきづき」「王秋」「新高」「かおり」「にっこり」の全部で7種類。

飲み比べをしてみたいところですが、なかなかに高価で手軽には飲めず(>_<)
ただ1種類のみ購入して帰りました。。。

複数種類買う余裕のある方は、是非違いを確かめてみてください(^_^;)

それではまた!

冬の奥会津(後編)

こんばんは!

今日は前回に続き、奥会津バスツアーのレポートをお届けします。



只見線を撮影した後、今度は実際に乗車します。
只見線の起点は会津若松駅ですが、途中の会津柳津駅から乗車です。只見線はほとんどの駅が無人駅。
200208_21.jpg 200208_22.jpg

雪が激しくなって来ました。

柳津名物の"あわまんじゅう"マン(黄色)と、名前を説明されたけど忘れてしまった
緑色(確か列車の色だと言っていた気が・・・)のヒーローがお出迎え。
200208_23.jpg

↓こちらの、レトロな車両「キハ40」は、今年の3月で引退するそうで、その後は
 最新の車両に変わってしまうため、見られるのは今が最後になります。
200208_24.jpg

雪景色の中を走る列車内では、只見線のPRも行われます。
土日祝日の一部の列車で「おもてなし運行」を行っているそうです。
200208_25.jpg  200208_26.jpg

只見線のパンフレットが配られたり、地元の名産品が売られたり。
200208_27.jpg  200208_28.jpg

絶景ポイントでは速度を落として運転するというサービスもあります。
先程写真で撮った橋も渡りました。

沿線は、只見川沿いに絶景が続きます。
200208_29.jpg

↓只見川とスノーシェッド(雪崩対策の覆道)。
200208_30.jpg

1時間乗車して、終点の会津川口駅に着きました。
200208_32.jpg

本来只見線はこの先新潟へと続いているのですが、2011年の豪雨により、
8つの橋梁のうち第5第8橋梁が流され、その区間はいまだに不通のままです。

200208_31.jpg     kiha.jpg

豪雨から10年が経つ来年2021年に、ようやく全線開通となるようです。
キハちゃん(右のキャラ)、応援してるよー!

さて、電車を降りて、会津川口駅からバスですぐ(徒歩でも11分)のところにある
もう一つのビューポイントへ。

日本の原風景のような大志(おおし)集落に向かう只見線をまたまた撮影。
ここも先週は雪がなかったそうですが、やはり雪景色が似合います。
ちょうど青空も出て、エメラルド色の川に映る山に、少し夕方っぽい太陽の光が
まさに絶景でした(○´∀`○)
200208_33.jpg

以上でバスツアーの内容は終了、会津若松駅へと戻りました。
200208_34.jpg

1日のツアーでとっても満喫の旅でした(・∀・)
雪国にはなかなか車で行くのは難しいので、たまにはこういう日帰り旅も良いですね♪

それではまた!

冬の奥会津(前編)

200208_4.jpg

こんばんは。

週末は、「とり鉄」に行って来ました。
・・・あ、行きつけの居酒屋 yakitori.jpgではなく「撮り鉄」です(^^;)

とはいっても、鉄道を何時間も待って撮る本当の「撮り鉄」ではなく、
鉄道を撮るフォトスポットが含まれたバスツアーに参加しただけの話です...

場所は福島県の奥会津、鉄道はJRの只見線です。

雪景色を見たくて申し込みはしたのですが、皆様ご存じのように今年は
記録的な暖冬。事前の情報ではスキー場でさえ積雪が0cmで営業できていない
という絶望的な状況で悶々としていたのですが、行く2日前に何と奇蹟的に
今年最大の寒波が到来!!
ようやく積雪のニュースが届きました。

いつもは晴れを願うのですが、この時ばかりは太陽が出ないようにひたすら
祈り(雪は気温ではなく太陽の光で解けるそうです)、心の中で雪乞いをして
当日を迎えました。

今回はそんなツアーの模様をレポートしたいと思います♪


バスツアーはJR会津若松駅発着のコース。

10時に集合ということで、朝早く起きて、新幹線の郡山駅から在来線の
磐越西線に乗り換え1時間10分、東京からは3時間弱かけて到着しました。

まずは、会津のお酒の品揃えがピカイチという、五ノ井酒店へ。
店頭のジーニーは店主の自作だそうです。
200208_5.jpg

↓さすが雪国。道路のセンターラインあたりからは、雪を解かす水が噴水のように
 出ていました。
200208_6.jpg

くさんあるお酒、言えばどれでも試飲させてもらえます。
このお店(会社)のオリジナル日本酒は「央」。
200208_7.jpg  200208_8.jpg

変わったところでは、日本酒ベースのヨーグルトリキュール「Snow Drop」や、
チョコレート味の「ショコラにごり酒」も。
チョコレートのお酒だなんて、これからのバレンタインにぴったり!
試飲させて頂きましたがとっても美味しかったです。
ツアーにお買物券がついていたこともあって、いろいろ購入してしまいました。
200208_9.jpg  200208_10.jpg

こちらのお店、日本酒だけでなくワインのような洋酒もあり、あれもこれも試飲し過ぎて
ほろ酔いに・・・
お店の方もとても良い方々でした(^o^)

昼食は、道の駅「会津柳津(やないづ)」で。
柳津の名物はソースカツ丼です(私は食べていなくて写真がありません...)。

道の駅の裏手、橋の赤いアーチの真ん中に圓蔵寺が見えました。
この圓蔵寺が、福島の民芸品で知られる「赤べこ」伝説発祥の地だそうです
(400年前、大地震で被災した寺を再建する時、どこからともなく現れた赤毛の牛が
運搬を手伝って見事に再建できたとか)。
200208_11_1.jpg akabeko2.jpg

昼食の後は、道の駅と同じ敷地内にある温泉や美術館を楽しむコースと、
只見線が見られるビュースポットに行くコースが選べました。
200208_12.jpg

私はもちろん、ビュースポットへ。

只見線を撮影するのに最も有名な「第一只見川橋梁ビューポイント」への起点は、
道の駅「尾瀬街道みしま宿」です。ここからビューポイントへは徒歩で向かいます。
200208_13.jpg

道の駅に貼られていた外国人向けの「どこから来たの?アンケート」を見ると、
台湾が圧倒的で、続いてタイ、香港の順でした。
200208_14.jpg

道の駅を出て遊歩道に向かいます。
200208_15.jpg

遊歩道入口にはすぐに到着です。
200208_16.jpg  200208_17.jpg

ビューポイントは低い方からADの4ヶ所あります。ここはB地点。
うーん、なかなかたくさんの人がいて良い位置で撮れそうにありません(>_<)200208_18.jpg

とりあえず一番高いDの位置まで行って何とか撮ったのが冒頭の写真です。
電車の本数はとても少なく、ツアーは電車が通過する時間に合わせて組まれているので
サクッと行ってサクッと撮って終わりという感じですが、下の写真↓のように立っている
人などもいて、なかなか思うようなアングルで撮るのは難しかったです(・д・`)
200208_20.jpg 200208_19.jpg

先週はこの場所にも全く雪がなかったそうで、雪景色の只見線を見られたのは
とてもラッキーでした。

下りはツルツル滑り、かなり危険(>_<)
力が入り過ぎて、次の日筋肉痛となりました。。。

さてこのツアー、写真を撮るだけでなく、只見線に実際に乗車します!

・・・と書いたところで長くなりましたので後半はまた明後日(明日は祝日♪)!

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別 過去の記事