2020年3月の記事

勝浦へ

こんばんは。
なかなか人が集まるところへ出かけられないこのご時世、皆様
いかがお過ごしでしょうか。

前回ブログに書いた姫路城やUSJもあの後休業(姫路城は屋内のみ
ですが)になってしまい、複雑な思いです。

そんな中、この連休は千葉の勝浦へドライブに行って来ました。

勝浦といえば、先日、新型コロナウィルスの関係で中国武漢から帰国した
チャーター便のお客さんが滞在したホテルがある場所。

ホテルも今は通常営業に戻っていますが、朝の情報番組の中で、勝浦は
海が綺麗でとても良いところだから是非来てほしい、とやっていました。

そういえば私、千葉県民でありながら勝浦はいつも素通りばかりで
まともに行った記憶がないなぁ、そんなに海が綺麗なのか...じゃあ、海水浴で
混むシーズンの前だし、この機会に行ってみるか。。。と決めた次第です。

しかしながら、勝浦へは家から千葉をほぼ斜めに横断して100km以上あり、
なかなかに遠い・・・。

途中、寄り道して大多喜城へ行ってみました。

今の建物は昭和に建てられたもので歴史的価値はありませんが、元々
本多忠勝を城主とするお城があった場所です。
200321_1.jpg

中は博物館になっていますが、コロナウイルスの関係で臨時休業中。
周りの散策だけはできました。桜が満開になればさらに美しそうです。

続いての寄り道は、道の駅「たけゆらの里おおたき」。
200321_2.jpg  200321_4.jpg

ここに寄った理由は、気になるものがあって・・・。

            ↓これ。
200321_3.jpg

猪の肉が入った「ウリ坊まん」なる肉まんがあるとのことで、その可愛さに
引かれてです(^_^;)。
ピンクの方は、くるみ入りの餡が入った「ウリ姫まん」。

200321_5.jpg  200321_6.jpg

ジビエについて怖そうな説明が書いてあって恐る恐るでしたが、普通の
肉まんより肉がマイルドで美味しく、クセなどは全く感じませんでした。

さて、寄り道はこれくらいにして、一路勝浦へ。

鵜原(うばら)海水浴場。千葉の他の地域とは明らかに違う海の色に驚きw(゜o゜)w ...本当に千葉!?
200321_7.jpg

この海岸は、八坂神社の白い鳥居が立っているのが印象的。
毎年7月の大名行列ではこの鳥居の前も通るんだそうです。
200321_8.jpg

"関東の沖縄"と呼ばれるのも納得の透明度でした。
200321_22.jpg

勝浦に来たらはずせないグルメが、「勝浦タンタンメン」!
鵜原海岸から歩いて行かれる、勝浦タンタンメンを出すお店に行ってみました。
待ち時間は15分程でした。知事もいらっしゃったことがあるようです。
200321_9.jpg  200321_10.jpg

勝浦タンタンメンは、海女さんや漁師さんに、寒い海仕事の後で冷えた体を
温めてもらおうと考えられたメニューです。
中華風の担々麺と違ってゴマや芝麻醤(チーマージャン)は使わず、醤油ラーメンを
ベースにラー油、玉ねぎ、挽肉、にんにくで味付けしたタンタンメンです。

むせるほど辛い、というお店もあるようですが、今回食べたものはそこまで
辛くはなく、とろとろの玉ねぎとにんにくの風味がマッチしてとても美味しかったです♪

お昼の後は腹ごなし。
鵜原には海水浴場の他にも見所があります。

その名も「鵜原理想郷」。
凄い名前ですが一体どんなところなのでしょう!?(私も今回初めて知りました)
200321_12.jpg

大正時代に、ここを世界でも例のない壮大な別荘地とする計画があって、
理想郷と呼ばれるようになったようです(関東大震災で頓挫)。
与謝野晶子もここを愛し、76首の歌を残しています。

一周約2.3kmのプチハイキングコースが整備されていて、いくつかのポイントから
絶景が望めます!!

■白鳳岬(はくほうみさき)
 目を見張る地層と海の透明度。満潮に合わせて来てよかった...
200321_13.jpg

■手弱女平(たおやめだいら)
 縄文時代の遺跡です。この固い岩肌(?)を上っていくと・・・
200321_11.jpg

↓鐘型のモニュメントが。
 途中、カンカンカンカン鳴っているなー、誰か鳴らしているな、と思ったら、
 あまりの強風で勝手に鳴っているだけでした(^_^;)
200321_14.jpg   200321_15.jpg

■黄昏の丘
 テーブルが一つだけ置かれていて、鵜原海岸を見下ろせます。
200321_17.jpg

全部は紹介しきれませんでしたが、まだまだ千葉県民にさえ知られていない鵜原理想郷、
是非絶景に癒されに訪れてみてはいかがでしょうか。

・・・プチハイキングと言いながら、翌日足がかなり筋肉痛に(>_<)


鵜原で長居し過ぎてしまいましたが、勝浦には他にも美しい海があります。

■守谷海水浴場
200321_18.jpg  200321_19.jpg

ここは、赤い鳥居のある「渡島」(上の写真(左)の小さな島)が特徴的です。
200321_16.jpg

「渡島」は沖合170mのところにあります。
今回は満潮に近い時間で本当に海の中にあるという感じでしたが、
干潮だと歩いて渡れるとのこと・・・信じられない!

そうこうしているうちに、だいぶ夕方に近づいてしまいました。

帰りは来た道ではなく、さらに南へ下って鴨川方面から。

ここも美しいと言われる城崎(しろさき)海水浴場。とてもマイナーです。
誰もいない海。強風でしたが風紋が見事に出来ていました。
200321_20.jpg  200321_21.jpg

今回、千葉の海がここまで美しいことに感動してしまいました。
海は夏に行くもの・・・と思うかもしれませんが、人が少ないこの季節に
美しい海を静かに眺めるのも贅沢な体験かもしれません☆

しかし車で行くにはやはり遠い・・・帰りは大渋滞で4時間(>_<)
でもやっぱりまた行きたいです!



2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のブログ記事

月別 過去の記事