2020年8月の記事

新デザインパスポート

皆さま、日本のパスポートのデザインが今年の2月から新しくなったことは
200819_1.jpg
ご存じでしょうか。

東京オリンピックの開催に間に合うよう、大幅なデザイン変更とセキュリティ対策
がなされ更新されたんです。

わたくしトラぽん、なんとタイミングの良いことにちょうど今年6月に期限が切れたので、早速この新しいパスポートを作りに行ってまいりました。

・・・いや、このご時世、渡航予定は全くありません(涙)
が!旅行会社たるもの、いつ突然必要になるかわかりませんからね!
パスポートがないのは困ります。
それと、ブログで紹介しようという使命に燃え(^_^;) ←こっちの方がメインかも...


市のパスポートセンターのサイトには↓下のように書かれていましたが・・・
200806_1.jpg

仕事上必要だ!と思うことにしました。


10年モノということで、まずは写真屋さんで写真を撮影。

店「普通のと美肌効果のものがありますが、どちらがよろしいでしょうか」
ト「美肌で」(←いや、無駄だろう...)

無駄な美白写真を注文し、出来上がるまでの時間、パスポートセンターのすぐそばにある
展望台に行って来ました。

市がやっているもので、無料です。左に東京スカイツリーも見えます。真夏の危険な暑さのよく晴れた日です。
200806_2.jpg

そうこうしているうちに写真も出来上がり、申請へ。
通常であれば一年のうちで最も混み合う時期と書かれている8月上旬でしたが、
海外渡航が現実的に難しい今、他に申請している人はなく、待ち時間もありませんでした。


申請から13日後、受領開始日に取りに行きました。
この時も誰もおらず、客を待ち構えていたパスポートセンターの職員数人に出迎えられると
いう事態に・・・(恥)
よほど暇なのか、印紙の購入、貼り付けなど手厚くサポートして頂きました(^_^;)

さて、前置きが長くなりましたが、肝心の新しいパスポートです!
表紙は今までと変わりませんが、大きく変わったのは中の査証のページです。

今までは数字だけが地味に書かれたものでしたが、より偽造されにくい、
絵柄がデザインされたものへと変わりました。

200819_3.jpg

この絵柄は、葛飾北斎の浮世絵「冨嶽三十六景」です。
基本的にアイウエオ順に、5年用パスポートは16作品、10年用パスポートは24作品が
採用され、全ページ違う絵柄となっています。

インクの色は"江戸紫"です。これは東京スカイツリーの「雅」というライトアップにも
使われている色ですね。


では、ページの一部をご紹介しましょう。

まずは、三大役物から。
(※英語はパスポートに書かれている通りです。浮世絵の画像は外務省の発表資料より)


■p.14-15  『凱風快晴』(がいふうかいせい) South Wind, Clear Sky

色が一色なのでわかりにくいですが、いわゆる「赤富士」ですね。
ページ番号が桜の模様の中に書かれているのも何だか可愛らしいです。
200819_4.jpg  200819_4_1.jpg


■p.18-19  『神奈川沖浪裏』(かながわおきなみうら)  Under the Wave off Kanagawa

浮世絵といえばこの作品、といっても過言ではないかもしれませんね。
200819_5.jpg  200819_5_1.jpg


■p.34-35  『山下白雨』(さんかはくう)   Rainstorm beneath the Summit

先程の「赤富士」に対してこちらは「黒富士」と呼ばれています。
下界は稲妻、上空は青空、という絵ですね。
200819_6.jpg  200819_6_1.jpg


三大役物以外であと2つほど。


■p.8-9  『江戸日本橋』(えどにほんばし) Nihonbashi Bridge in Edo

当社のすぐそばにある日本橋(橋自体は描かれていませんが)と富士山、江戸城。
200819_7jpg.jpg  200819_7_1.jpg


■p.42-43  『隅田川関屋の里』(すみだがわせきやのさと) Sekiya Village by the Sumida River

疾走感があって、他のページとはちょっと違う雰囲気です。
200819_8.jpg  200819_8_1.jpg

各ページをよーく見てみると・・・
JAPANの文字や桜の絵やページの小さな数字が散りばめられていて、
かなり複雑な造りになっていました。

ここにスタンプを押すのもったいない!と思ってしまいます(^^)

あと一つ、最終ページの「所持人記入欄」(新しいパスポートでは「緊急連絡先」に
変わっています)も、シンプルなものから、富士山が描かれた可愛いページになりました。

200819_9.jpg
ところで、この「所持人記入欄」(現・「緊急連絡先」)の左ページの
真ん中にある空白(?)の枠は何だかわかりますか?

普通に見ているとなかなか気がつきませんが、横にして傾けると、一片の桜と
「JAPAN」の文字が現れますよー(新旧とも同じですが、今の色の方が品を
感じて良いです)。
200819_10.jpg

このように、いろいろな場所に隠された(!?)偽造防止の技術を探してみるのも
面白いです。
この新しいパスポートは、見ていて飽きず、浮世絵のことを知るきっかけにも
なるのではないでしょうか。

今回の変更で、諸外国のおしゃれなパスポートにも引けを取らない、日本らしい
素晴らしいパスポートになったのではないかと思います。
外国で、このページを見た入国審査官や現地の方がどんな反応をするか?(それとも無反応か?)
楽しみでもあります。これをきっかけに話題が広がれば良いですね。

早く、これを使って普通に旅ができる日が訪れますように。。。

三陸鉄道

200809_1.jpg

こんばんは!
岩手の鉄道紹介、第二弾は「三陸鉄道」です。

上の写真は、三陸鉄道リアス線、大沢橋梁を撮影したものです。
ここでは、乗客に車窓から見える絶景を楽しんでもらうため、電車が橋の真ん中で
しばらく停車します(粋ですねぇ。そんなに急ぐお客はいないということでしょうか)。

その様子は、堀内(ほりない)駅近くにある↓こちらのレストハウスからも眺めることができます。
(電車の本数は少なく、偶然出会えたらかなりラッキーです^^☆)
三陸ならではの生ウニ丼(時価)も頂けますよ!
200809_10.jpg  200809_11.jpg


三陸鉄道といえば、某朝ドラで有名になりましたね。

そう、これ↓です(私は観ていなかったのですが・・・)。
200809_7.jpg  200809_6.jpg


三陸鉄道リアス線の最北端の駅、久慈駅から小袖海岸に行くと、海女さんがウニを
採る海があります。透明度がすごいです。上からのぞくと、ウニがたくさんくっついています!
(勝手に採ってはいけませんよー)
200809_8_3.jpg   200809_9.jpg


三陸鉄道の沿線には、他にも魅力的な場所がたくさんあります!

■龍泉洞(最寄駅:岩泉小本駅)
 日本三大鍾乳洞の一つです。「ドラゴンブルー」と呼ばれる、こちらも素晴らしい
 透明度の地底湖が見られます。

200809_13.jpg

200809_12.jpg  200809_14.jpg


■浄土ヶ浜(最寄駅:宮古駅)
 宮古市の代表的な景勝地です。
 霊鏡和尚(1681〜1727)が「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したのが名前の由来だそうです。

200809_15.jpg  200809_16.jpg

おまけ。

今年のお盆の4日間には、三陸鉄道とJR線の直通運転(釜石⇔盛岡)、「さんりくリアス号」の
運転が行われました。
200810_1.jpg





←路線図。


釜石⇔宮古が三陸鉄道、宮古⇔盛岡がJR山田線で、
釜石〜宮古間が2019年3月にJRから三陸鉄道に移管されて以降、
この直通運転が行われたのは初めてとのことです。



















三陸鉄道の駅はレトロ。東日本大震災の津波の浸水がここまで、という印もあります。
200810_4.jpg   200810_5.jpg

切符もレトロ。
200810_6.jpg


車両もレトロ。
※これは臨時列車用で、通常の車両は冒頭の写真のものです。
200810_9.jpg

滅多にない!三陸鉄道で盛岡行き(^_^)
200810_10.jpg

車内もレトロ調♪
200810_2.jpg  200810_3.jpg

沿線には、本州最東端の駅もあります。
200810_11_1.jpg


他にもレトロな駅や川沿いの素晴らしい眺めが続き、全行程(約3時間45分)乗っても
飽きずに楽しめます。ちなみに乗車券のみで利用でき、全席自由です。
200810_7.jpg  200810_8.jpg

以上、震災や台風での運休を経て、今年3月に全線で復旧した三陸鉄道(さんてつ)の
ご紹介でした!

SL銀河 -『銀河鉄道の夜』の世界-


200808_1.jpg

皆さまは、SL(蒸気機関車)に乗ったことがありますか?
親に言わせれば、煙が入って来て大変だから嫌だ...とのことなのですが、今のSLはそのようなことは無いかと(^_^;)

今も全国でいろいろなSLが運行していますが、本日ご紹介するのは「SL銀河」です。

銀河→銀河鉄道の夜→宮沢賢治→といえば、岩手県ですね。
200808_2.jpg200808_3.jpg


200808_9.jpg




SL銀河が走っている場所は、JR釜石線(今年は記念すべき開業70周年
だそうです)、花巻から釜石への東西90.2kmの区間、通称「銀河ドリームライン」(図の黄色い区間)です。

全行程の所要時間は約4時間半。
200808_17.jpg
















冒頭の写真は、釜石線の宮守という駅から歩いて10分程のところにある
「道の駅みやもり」のすぐ隣、宮守川橋梁(通称「めがね橋」)を走るSL銀河です。

200808_7.jpg  200808_10.jpg

この橋は、『銀河鉄道の夜』のモチーフにもなったと言われています。
このように川をたくさん入れたアングルでの撮影は至難の業 >_<...(撮り鉄さんが大勢います)

車体には、『銀河鉄道の夜』に登場する星座が描かれ、車両の色は、夜から朝へと
移り変わる様子が8色の青色を使ったグラデーションで表現されていて、とても美しい
列車です。


めがね橋を渡ったSL銀河は、次の遠野駅で1時間18分停車します。
200808_11.jpg  200808_12.jpg

給水、灰捨て作業のため、とのことです。
ちょうどお昼時なので、乗客は外にお昼を食べに行ったりします。
200808_13.jpg  200808_14.jpg

200808_4_1.jpg




ちなみに、SL銀河に乗る時は、何と言ってもまずは
『銀河鉄道の夜』を読みましょう。
(余談ですが、新潮文庫では今、この夏にしか手に入らない
限定プレミアムカバー仕様になっています!)











さあ、郷愁を誘う汽笛を鳴らし、出発です。

車内は、賢治ギャラリーがあったり、客席は童話の世界をイメージして造られています。
童話を読んでいれば、ジョバンニやカムパネルラのことが頭に浮かぶでしょう。
200808_15.jpg  200808_16.jpg


残念ながら、車内でのプラネタリウム上映は、今年は中止となっています。
200808_5.jpg


乗車券の他に必要なのは、座席指定料(840円、こどもは420円)。
どの区間を乗っても同一料金、全席指定です。


↓車内検札で、SLが描かれた可愛い印も押してもらえます。
200808_18_1.jpg


↓さらに、記念乗車証ももらえます。
 (花巻⇔遠野、遠野⇔釜石で図柄は2種類あり、全行程乗った人は2枚もらえます)
200808_6.jpg  


終着は三陸釜石。地元ではSL銀河への期待が大きいようです。
200808_8.jpg

今年の夏の運転は既に終了し、今後の運転日はまだ発表になっていない
ようですが、撮る人、乗る人、どちらも楽しめる素敵な列車です☆

なお、釜石駅に隣接するJR系列のホテルには、SL銀河をコンセプトにした
「SL銀河ルーム」がありますよー。
200809_2_1.jpg  200809_5.jpg

200809_3.jpg  200809_4.jpg

SLの車両をデザインしたのと同じチームが造っていて、こちらも『銀河鉄道の夜』の世界観を
味わうことができます♪ 茶器は岩手の名産、南部鉄器(重っ)!

以上、SL銀河のご紹介でした!

ソレイユの丘


200815_1.jpg

先日、車を動かそうと思ったら、キーは反応しないし、エンジンもうんともすんとも言わず・・・
JAFに出動いただく事態となりました(・_・;)(困)

すぐに来てくれた隊員さん、私と同じ車だ、などと気さくに話しながら、
「トラぽんさん、乗らな過ぎでのバッテリー上がり決定」

やはり・・・
コロナ禍でどこにも出かけておらず、車は息絶えていたのでした...

近場の買い物だけではダメで、
「もっとロング乗ってください」

とのことで、今回、神奈川の横須賀までドライブに行って来ました。

やっぱり一夏に一度はヒマワリ畑を見たい!ということで、場所は「ソレイユの丘」
というところです。

南仏の街並みをイメージした広い公園(入園無料)。
200815_3.jpg

ヒマワリ畑は入口を入ってすぐのところにあります。
200815_2.jpg

海も見えます。
200815_4.jpg

↓園内をまわる「チューチュートレイン」
200815_8.jpg

200815_9.jpg







陽光に照らされた建物も美しいです。








スワンボートがのんびり動いているのを見ると平和だなーと感じます。
200815_5.jpg

子供たちが遊べる場所もたくさん。
200815_6.jpg  200815_7.jpg

↓本当はアルパカカップのかき氷を食べたかったのですが、なぜかこのお店だけお休み(´∩`。)
200815_10.jpg     200815_11.jpg

何か食べようにも、ベンチが熱くて座れない程の暑さだったため
立ったままかき氷を食べて早々に退散いたしました。。。

これからは、JAFさんにご迷惑をかけないためにも定期的にロングドライブしようと思います。

レトロ & スイーツ

200811_1.jpg

こんばんは!
"いつもと違う"今年のお盆休みですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日は、旅行には全く関係のない他愛のない話題でございます....

"夏休み"といえば、田舎のおばあちゃんの家の縁側で、風鈴の音を聴きながら
サイダーを飲んで・・・というようなレトロなイメージが思い浮かびませんか?
(私の場合、現実は全然違いましたが^^)

私はそんな昭和レトロな感じがとても好きなのですが(昭和人ですので・・・)、
まさにその昭和の喫茶店をイメージした文房具を見つけ、何とも言えない
懐かしい雰囲気についついいろいろとポチポチ購入してしまいました
(使い道は不明...)。

元々、普通とは違う可愛いデザインの文房具集めが趣味でもあるわたくし、
今回はレトロ以外にもスイーツものを中心に集めてみました♪ 

在宅ワークでこれまで以上に自宅で文房具を使う機会が増え、そんな時、周りに
このような可愛い文房具があると、わくわくして幸せな気分になります。
たとえ嫌な仕事でも楽しく出来そうです(^_^;)


↓ちなみにこちらは長年愛用しているハサミ。
 ごく一般的な普通のハサミのケースにスイーツ(イチゴ、オレンジ、
 チョコレート、マカロン、ホイップクリームなど)を樹脂でデコレーションしたもの。
 それだけで、使う度にテンションアップです♪ 作った人すごい・・・
200812_2.jpg


というわけで、今日は柄にもなく女子っぽいことを書いてしまいました。

それでは皆さま、それぞれの楽しい夏をお過ごしください。
また(^o^)ノ

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 過去の記事