奈良旅・その3 -奈良公園周辺・薬師寺・唐招提寺-

こんばんは!
今日は、昨日で終わる予定だった奈良旅レポートの続きをお届けしたいと
思います。


2日目、11月22日(日)。

午前中は奈良監獄へ
監獄から近鉄奈良駅に戻って来たらもう13時過ぎだったので、まずはお昼へ。

猿沢池越しに興福寺の五重塔を見て、ならまちに向かいます。
201122_27.jpg


ならまちは、町家が建ち並ぶ風情ある町並みです。
庚申信仰が伝わっており、病気や災難を代わりに受けてくれるという「身代わり猿」が
あちこちの軒先に吊るされています。
201122_28.jpg  201122_29.jpg

そんな「ならまち」の中で、今日のお昼は三輪そうめん。
昨年オープンしたお店で、鯛だしを使ったそうめんが人気です。約1時間半待ちました。
201122_30.jpg  201122_31.jpg

お昼に思わぬ時間を取られ、その後の予定がどんどん押してしまいました。

昨日に続いて奈良公園に行き、ゆっくり見たかった鹿の見物もそこそこに東大寺へ。
201122_32.jpg

奈良に来てここは外せない・・・ということで大仏様を拝みました。

↓大仏殿(国宝)。創建時より3分の2に縮小していますが、現存する
 木造建築では世界最大級。
201122_33.jpg

↓本尊、盧舎那仏坐像(国宝)。日本最大の金銅仏(座高15m)です。
201122_34.jpg


その後、すぐそばにある興福寺へ。
閉館間際の時間となってしまいましたが、見てみたかった阿修羅像のある国宝館は
ゆっくりと見ることができました。
201122_35.jpg

17時過ぎ。すぐそばの近鉄奈良駅から、昨日に続きこれまた「秋夜の奈良旅」で
11月の金土日祝のみ運行されている「奈良若草山夜景観賞バス」で若草山へ。
201122_36.jpg

若草山は新日本三大夜景にも選ばれているそうで、函館や神戸のような華やかさは
なくても、美しく光り輝いていました。


3日目、11月23日(月・祝)。

最終日は午前中のみ、2ヶ所だけの観光です。この日は西ノ京エリアへ。
西ノ京とは、平城京の右京(西)、朱雀大路の西側にあることが由来の名称です。

まずは薬師寺。近鉄西ノ京駅の目の前です。
201123_1.jpg

金堂。国宝の薬師三尊像(薬師如来と日光・月光菩薩)はここにあります。
201123_2.jpg

↓東塔。1300年以上前の薬師寺創建当時から唯一現存し、平城京最古の建造物です。
 2009年から、110年ぶりの解体修理が10年以上かけて行われ、今年の4月に落慶法要が
 行われる予定でしたが、コロナの影響で延期され、今もまだ工事中です。
201123_3.jpg

六重に見えて実は三重塔。リズミカルな建築美から「凍れる音楽」と称されるだけ
あって、その姿は非常に美しいです (人´∀`)

来年3月から6月の間、塔の内部が一般公開されます。

↓『西遊記』のモデルである玄奘三蔵の遺骨を祀る「玄奘三蔵院」。
 伽藍には平山郁夫の壮大な(49mあります)壁画『大唐西域壁画』も納められ、
 玄奘三蔵の旅を彷彿とさせるシルクロードの世界が圧巻!の超大作でした(公開は期間限定)。
201123_9.jpg  201123_10.jpg
201123_11.jpg  201123_12.jpg

最後は、薬師寺から徒歩で行かれる唐招提寺です。
201123_4.jpg  201123_5.jpg

こちらの金堂に、本尊の盧舎那仏坐像や千手観音菩薩立像などがあります。
201123_6.jpg

開山御廟(鑑真の墓所)。
201123_7.jpg

宝蔵(奥)と経蔵(手前)。校倉造りは東大寺の正倉院が有名ですが、日本最古の
校倉はここ唐招提寺の経蔵です。
201123_8.jpg


以上、奈良は3連休といっても京都のような尋常でない混み方ははく、
各お寺もゆっくりと見てまわることができました。

奈良時代から明治時代へ、歴史を感じる3日間の旅となりました。

おわり。


2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 過去の記事