スタッフのつぶやきの最近のブログ記事

黄色の世界


181111_1.jpg
こんばんは!

今日はトラぽん2号さんの投稿が先にありましたので、本当ーに久しぶりに
(何年ぶり!?)一日2回の更新になります。

最近は私以外にブログを書いてくれるスタッフがいなくて、ほぼ個人の
日記のようになっていましたので(^_^;)  別のスタッフが書いてくれて嬉しいです。



さて、昨日は東京の郊外、立川市と昭島市にまたがる「国営昭和記念公園」に
行って来ました。
ここは、毎年箱根駅伝の予選会が行われる場所としても知られて・・・
いや、あまり知られてはいないかもしれませんね(・_・)??

公園の入口は全部で7ヶ所あり、それぞれ電車の最寄り駅が違うという・・・
それくらい広大な公園です。

今、イチョウなど紅葉が見頃になっています☆

園内は歩行者用と自転車用の道が分かれていて、レンタサイクルも充実しています。

私は車にいつも自転車を積んであるのですが、その自転車は全く出番がなく
燃費だけを食う状態が続いていたので(-_-)、ここぞとばかりに車で行き、
持ち込み自転車で入園しました。

↓持込自転車入口
181111_3.jpg

サイクリングコースにはいくつか駐輪場があって、自由に止めて好きな場所を
散策できます。
181111_10.jpg  181111_17.jpg

↓カナール(カナール自体の写真は本日の記事の最後に)両側のイチョウ並木や・・・
181111_2.jpg

↓「うんどう広場」の横にある「かたらいのイチョウ並木」
181111_13.jpg

この2つのイチョウ並木が有名なのですが、難点はどちらも人が多過ぎる(-_-)

"開園ダッシュ"でもしなければ、人がいない写真を撮ることができません・・・

でも、実は他にもう一つ、人がほとんどいない見事なイチョウ並木があるんです!
後で出て来ますのでお楽しみに♪

公園内にある「日本庭園」も見事だとの噂を聞いて、行ってみることに。
自転車は爽快で気持ちいい。
181111_11.jpg

日本庭園はモミジの紅葉と、木々の池への映り込みが美しかったです。
181111_4.jpg

181111_5.jpg  181111_6.jpg

「日本庭園」の中には、日本で初めての国営盆栽展示施設である「盆栽苑」があり、
見事な盆栽が集められています(私は盆栽には詳しくないのですが・・・)
181111_20.jpg  181111_21.jpg

そろそろお昼・・・ということで一旦休憩。

バーベキュー場も煙がもくもくといい匂いがして賑わっていましたが、
今日はバーベキューはしません(^_^;)...先週やったし
181111_12.jpg  181111_16.jpg

公園内には食事をできる施設はほとんどなく、ここ↓も"レストラン"という名ですが
サービスエリアの"屋台"みたい!?
181111_14.jpg  181111_15.jpg

お昼の後はひたすらサイクリング。

だいぶメインの入口からは離れた場所になって来たので、人も少なくなります。

↓こんな綺麗なイチョウや・・・
181111_18.jpg

↓並木の下を人がほとんどいない中サイクリングできるなんて贅沢♪
181111_7.jpg  181111_8.jpg

↓そしてこれが、先程書いた"人がほとんど来ないイチョウ並木"。絵になります。
181111_9.jpg

なぜここに人が来ないかというと、ただ"行くのが不便"ということでしょうか。

電車だと歩いてここまで来るには相当な時間がかかり(そもそもここは自転車専用)、
自転車だとしても公園の一番端なので、用のない人は来ない・・・??

定かではありませんが、こんなに美しい場所を見ないなんてもったいない!と思いました。

昭和記念公園はとっても広いので、昨日は5時間半程いましたがまだまだ
見ていない場所も多いです。
季節によって見どころも変わるので、また行ってみたいと思います♪

↓カナール(庭園水路)
181111_19.jpg

コスモス -メルヘンの世界・2-

181028_2.jpg


こんばんは!また1週間が始まりましたね...

先週はちょっと遠出をしたので、今週は車でちょうど1時間くらいの
近場に行って来ました。...写真は決してオランダ等ではありません(^_^;)

前回に続きメルヘンチックな場所ですが、ここは、千葉県の柏市にある
「あけぼの山農業公園」というところです。

行く時期をずっと狙っていたのですが、コスモスがなかなか満開にならず、
ちょうど今が良い!という情報をキャッチしてこの週末に行ってまいりました。

満開のコスモスと風車、メタセコイアの木が絵画のような世界を作り出しています♪
実際に訪れると、まるで絵の中にいるみたい(人*´∀`)
あまりに綺麗で、花畑にダイブしたくなりました(・_・)ダメ

この公園は、春にはチューリップ、夏はヒマワリ、秋はコスモスと、
四季それぞれで違った表情が見られます。

夏の名残りのヒマワリも少し咲いていて、夏好きの私はちょっとハッピーな気分に^^ heart_orange.png
181028_3.jpgのサムネール画像


風車がハス池に映り込んだところもまた絵画のようです♪
181028_1.jpg

敷地も駐車場も広くて、入園料などもかからないのでお散歩にも最適♪
食事をする施設などはありませんが、そこがまた自然のままでオススメです!

お弁当を広げて食べる場所はいろいろあるので、天気の良い日には
何か持って行くとよさそうですtaiyo.jpg obento_1.jpg

それではまた(^o^)ノ

紅葉 in 北軽井沢 -メルヘンの世界!?-

181021_1.jpg

こんばんは!
週末は、一足早い紅葉を見にドライブに行って来ました。

場所は「北軽井沢」です。
・・・と聞いて、あの有名な軽井沢を想像した方もいるかもしれませんが、
皆様が通常思い浮かべる"軽井沢"とはちょっと場所が違います。

なにしろ「北軽井沢」は群馬県なので、軽井沢(長野県)とはそもそも県が
違うんですね。

車で行くと30分程離れていて、標高も軽井沢より高いところにあります。
そのため、紅葉も軽井沢よりは少し進んでいます。

途中、軽井沢と北軽井沢を結ぶ有料道路の鬼押ハイウェーを通ったのですが、
外国の絵のように美しく、色鮮やかな紅葉にテンションが上がりました!!
...運転中で写真がないのが無念です(-_-)

北軽井沢は、軽井沢に比べると訪れる人も少なく、大自然に恵まれた穴場的な場所。
今回なぜそんな北軽井沢に行ったかといえば、冒頭の写真の場所に行きたかったから(^_^;)

この可愛らしい建物は「グリーンプラザ軽井沢」というホテルです。

まずは遠くから見る前に直接ホテルに向かってみました。
敷地内の紅葉も綺麗。太陽が当たってキラキラしています。歩いていても気持ちいい♪
181021_4.jpg  181021_5.jpg

↓これがホテル。近くで見ても絵になる建物です。
181021_7.jpg  181021_6.jpg

さて、冒頭に載せた写真ですが、これはホテルの隣にある「軽井沢おもちゃ王国」の
大観覧車から見ることができます。
181021_2.jpg

観覧車の中から、ホテルとは別の方角を見ると、ほんのり雪化粧した浅間山の雄大な姿が。
これぞ北軽井沢です!
181021_3.jpg

ただ、この絶景を見るには、「おもちゃ王国」の入園料(¥1,200)と観覧車代
(通常のゴンドラで¥600、シースルーのゴンドラだと¥700)が必要というわけで...

子どもが一緒ならともかく、大人だけだと他にまわる場所も特になく、この金額は
ちょっと難ありでしょうか...

あっ、ブロックで出来た芸術品にはちょっと目を引かれるものがありました!(^o^)
181021_8.jpg  181021_9.jpg

今回は日帰りで慌ただしかったのですが、帰りには、北軽井沢を代表する観光スポット
「鬼押出し園」にも立ち寄りました。
oni_logo.gif
181021_11.jpg  181021_12.jpg

現地の解説によればここは、1783年の浅間山大爆発による溶岩の凝縮地帯で、
世界三大奇勝の一つだそうです。

かなり広く、噴火の溶岩の凄まじさを実感。様々な奇岩を見ることができました。
181021_10.jpg  181021_13.jpg



これから各地で紅葉の本番を迎えますね。
皆様はどこの紅葉が好きでしょうか。絶景の場所があったら是非教えて下さい(^^)ノ

京橋NOW・17 -巨大再開発エリア-

181007_11.jpgこんばんは。

最近、ランチに行った時、"なんか風景が違うなー"と思ったら、
たくさんあったビル達が全て解体されて、見晴らしがとっても良くなっていたんです。

写真の場所、前は全部ビルだったのですが、今や目の前に東京駅がある!!
(正面に見えている帆のようなものが東京駅のグランルーフです)

東京駅、こんなに近かったのー!?とランチメンバーと一緒に驚くばかり。
ここからまっすぐ東京駅、行かれたら楽なのにねー、と。

そういえば最近ブログで「京橋NOW」のコーナーをやっていないな...と思い出し、
連休中、地下謎をやりに近くに来たついでに写真を撮って来ました。

看板を見てみると、ほほう...
解体と埋蔵文化財調査(!)をやっているようです。何か埋まってるか...!?
181007_12.jpg

この辺り、住所は八重洲ということで厳密には「"京橋"NOW」ではありませんが、
会社のすぐ近くということで広い意味で捉えていただければ幸いです(^_^;)

工事現場の周りを少し歩いてみました。平日と違ってほとんど通る人もいなくてひっそり。
181007_14.jpg

日曜日で工事もやっていなかったので、ちょっと隙間から中を覗かせて頂きました。
本当に広ーーーい。そして、空も広い。
181007_13.jpg

こんな巨大なスペースに一体何ができるのでしょう。

ちなみにこれが東京駅。 レンガ造りで有名な丸の内側と違って無名な八重洲側です(^_^;)181007_15.jpg  181007_16.jpg

先程の工事現場を東京駅から見たところ。エドグラン(写真の一番高いビル)がかなり下の方まで
見えていますねぇ。
181007_17.jpg

まだ建築計画の札はなかったので何ができるか不明ですが、変化の様子はまた
このブログでも紹介できればと思います。

それではまた!

追伸;
京橋NOWを書くにあたって過去のこのコーナーを見直したら、既に懐かしさ
満載でした・・・

東京を、謎と旅する。-地下謎2018-

metro_rosen.jpg
  
181007_1.jpgこんばんは!

待ちに待った(?)秋の一大イベント、東京メトロの「地下謎」が今年もやって来ました(′▽`o人)

毎度ブログに書いていますが、謎解きイベントだけあって行った場所も写真も
載せられず、あまり記事として書くこともないのですが、ネタバレにならない程度に
レポートします。

でも、これから挑戦しようという方は、念のため以下は読まない方が良いかな...

metro_rosen.jpg

例年と変わりなく、地下謎をやるには専用の謎解きキットが必要です。
キットを買えるのは、6ヶ所の駅の定期券うりば。
私が行ったのは東京駅です。地下謎キット販売専用デスクができていました。
181007_3.jpg

年によって色が変わりますが、いつもの謎解きキット。
ただ、中身(謎解きに使う各種のもの)は毎年全然違います。...今年も凄い!! (中身はもちろんヒミツ)181007_8.jpg

最近、地下謎の人気が上がり、この3連休は連日キットの販売がお昼位で
休止していました。混雑緩和のためだそうです。

現に、謎解きポイントに行くと、いるのはキットを持った人ばかり。
それ以外の人をあまり見かけない場所もあって、周辺のお店は地下謎効果で
売上大幅増だろうな...なんて考えてしまいました。
181007_6.jpg  181007_9_1.jpg

今回驚いたのは、私が毎日のように通っている場所が、謎解きの重要ポイントに
なっていたこと。

地下謎を解く人であふれ、いつもと全く違う光景が広がっていました。
とある謎解きポイントについては、今までそんな風に眺めたこと全くなかった...というのが感想です。
(それが謎解きの楽しいところでもあります)
181007_7_1.jpg

地下謎が始まって1週間程経つのに、そこが謎解きポイントになっているなんて
全く気が付きませんでした(平日、こんな状態になっていればさすがにすぐにわかります...)。
それくらい、平日と週末で挑戦している人数の差が大きいのでしょうね。

さて、今回の地下謎は、謎を解く方法がいつにも増して多彩。
これは公式サイトでも事前に発表になっていますのでネタバレにはならないはずですが、
まずはこれ。

「謎解き公衆電話」
181007_4.jpg

某駅に設置されているのですが、台数が少なく大行列( ̄□ ̄;)
地下謎やってる人、こんなにいるの・・・?って感じです。
並んでいる間、ちょうど人が入れ替わる瞬間を狙ってパシャリ☆ 

そして、これは昨年もありましたが「謎解き自動販売機」。
(普通に飲み物買えます)
181007_5.jpg

これらをどうやって謎解きに使うのか・・・?
それはやってみてのお楽しみです。
電話は"そう来るかー!"と、意外と感動だったなぁ。。。

謎解きにかかった時間は、食事なども入れて8時間くらい。
10月なのに真夏のような暑さで動きが鈍ったのと、途中行き先の指示を読み誤って
時間を大幅ロスをするも無事にクリア!
丸一日かかって、足が棒のようになるほど疲れはしますが、クリアした時の達成感は最高♪

しかしながら実は・・・

最後の問題は家でも解けるのですが、それだけがどうしてもわからず、他の人の
ツイッターなどにとにかくヒントを求めて、翌日ようやく解けた次第です(・_・)
ブログで"解けない"と報告しなくて済んだ(^_^;)(汗)

この最後の問題も含め「地下謎」は、謎そのものというか、謎の解き方が本当に凝っていて面白い!
解けた時の感動はやった人にしかわからない!目からウロコ。
作った人には感服するばかりです。

↓クリアしたらこの写真をシェアするように書いてあったので、SNSではないですが
 アップします。
181007_2.jpg
今年も楽しませてもらいました。また来年o(^。^")o
181007_10.jpg

あ、このイベントは来年1月までなのでまだまだやっていますよー。


河口湖畔へ

180923_1.jpg


みなさん、こんにちは!
ホウキ草(コキア)です!


・・・って、私が目を貼り付けたわけではないんですよ(^_^;)

ここは、山梨県の川口湖畔にある大石公園という公園。
一部のコキアがこのように顔になって展示(?)されていました^^

目をつけたくなる気持ち、わかります。
私も実は、写真を撮るなら目とシルクハットでも被せて・・・とか
考えていましたので(^^;) 


コキアは紅葉して赤くなってからが有名ですが(過去に茨城のひたち海浜公園で見た
真っ赤なコキアの記事はこちら)、その前の緑色の時は、可愛さでは赤い時に勝って
いると思います♪

たくさん集まると...
もこもこ、もこもこ。
180923_3.jpg

180923_2.jpg


















コキアの群生は、このように綺麗に整備された「花街道」を抜けた先にあります。
180923_4.jpg

180923_6.jpg

コキア以上に注目されていたのは、こちらの花↓
ススキのようにフワフワ感が物凄く、存在感抜群!180923_5.jpg

通りかかる人みんな驚いて"何これ!?"と立ち止まって写真を撮っていました。
私も初めて見たこの花は・・・イネ科のミューレンベルギアという草だそうです。
ピンクのような、紫のような色も綺麗。

3連休、どこにドライブしようかさんざん迷い、これといった花もない今の時期に
何となく行った河口湖でしたが(その割には大渋滞で行くのに5時間もかかって、
滞在時間短か過ぎ...)なんとか気分転換ができた休日でした。

それでは、また一週間頑張りましょう!
 

続・美術館謎解きデー

IMG_20180909_0001.jpg

こんばんは!

先週、"東京メトロ&ミュージアム謎解き"が時間切れで終わってしまったので
前回のブログ参照)、この連休で続きにチャレンジして来ました。

7つのミュージアムと7つの駅をまわる今回のミステリーラリー。
先週はミュージアム4つと駅3つで中断してしまいました。

今回は、夕方から行動開始!
なぜかというと、夕方になると無料で入れる美術館があるから(^_^;)

※ミステリーラリーのイベントは昨日で終了しているので、今回は多少謎解きに関係している画像も含まれています。



今回、まず向かったのは上野です。

上野といえば、桜の時期のお花見か、ここ↓のイメージです。
180915_1.jpg

そういえば、パンダのシャンシャン、1歳になったんだなぁー、まだ見に行ったこと
ないけど・・・
180915_2.jpg


180915_3.jpgこの時、まもなく16時で「入園締め切りでーす」とアナウンスしていましたが、その時点でもパンダの待ち時間は「60分以上」とのこと。
相変わらずの人気のようですね!

私は、パンダを見るなら和歌山のアドベンチャーワールドに行ってみたいなぁと思っています。この前赤ちゃんも産まれたしpanda.jpg
おっと!
最初から話がそれまくってしまいましたが、動物園は素通りで、向かったのは
「東京都美術館」です。日本で最初の公立美術館ですね。

180915_4_1.jpg  180915_5.jpg

鈴木久雄作(1977年)『P3824 M君までの距離』
180915_18.jpg

続いて、歩いてもすぐの場所にある「国立西洋美術館」へ。
2016年に世界文化遺産に登録されています。
180915_6.jpg
ここには、実業家 松方幸次郎がヨーロッパで買い集めた「松方コレクション」を中心に
約6,000点の作品が所蔵されています。

ヨース・ファン・クレーフェ作『三連祭壇画:キリスト磔刑』
180915_7.jpg

謎解きは、ヒントを見てしまいましたが(^_^;)なんとかクリア。
続いて、両国駅へ。

ところでこのミステリーラリー、東京メトロのイベントのはずなのに、
東京メトロが走っていない駅のミュージアムを入れるのは何とかしてほしい(-_-)
せっかくメトロの24時間券を買っても使えず他社線で別料金とは...

さて、両国駅といえば何といっても相撲です。只今、秋場所開催中。
180915_8.jpg  180915_9_1.jpg

今日も満員御礼。
ちょうどこの日、テニスの大坂なおみ選手も観戦に来ていたそうです。
180915_10.jpg

例によって両国国技館は素通りして、向かったのは「東京都江戸東京博物館」。
もう辺りは暗くなって来ましたが、土曜日は19:30までやっています(他の曜日は17:30まで)。
180915_12_2.jpg
江戸東京博物館には一度行ってみたいとは思っていましたが、こんな形で訪れることに
なろうとは(^_^;)

マスコットキャラクターは"ギボちゃん"。
ギボって何のこと・・・?と思ったら、日本橋の欄干にある擬宝珠(ぎぼし)がモデルだそうです。
180915_13.jpg  180915_14.jpg

館内はかなり広く、江戸→明治→昭和まで様々な展示があります。

↓銀座煉瓦街の緻密な模型。写真では一部しか見えませんが、圧巻の規模です。
 今の銀座4丁目交差点あたりだそうですが、今よりお洒落に感じてしまいます♪
 人力車がひっくり返っている場面?!大丈夫でしょうか??180915_15_1.jpg

↓神田駿河台にあるニコライ堂の模型。昔は東京中から見えたそうです。
180915_16.jpg

180915_17.jpg

→凌雲閣模型。

1890年に日本初の電動式エレベーターを備えた建物として造られましたが、関東大震災で崩壊、解体されたものだそうです。

・・・と!
展示物を見るのに時間を取られていたら、謎解きが想定外に難しく、閉館時間が迫る危機に!! (゜ロ゜;) マズイ!!

閉館10分前のアナウンスが流れてもまだ謎の答えがわからず、焦る一方。
"まさかここまで来て無念のリタイア・・・!?"と諦めかけた時、
最後の瞬間に何とか解けて無事に脱出出来ました。
その時既に「本日は閉館しました」と流れていました...ふぅ、間一髪。

ミュージアムの謎解きはこれで全て終わり、この後駅4か所に挑戦しました。

遅い時間だと、謎解きに挑戦している他の人に出会うことがなく、人だかりで答えの場所がわかってしまう・・・ということもないのでなかなか良いです。

結局この日、家に帰り着いたのは23時近くでした。

謎解きにかかった時間(食事等も含む):1日目→8時間、2日目→8時間、計16時間、約40,000歩。
とてもボリュームのあるミステリーラリーで楽しかったです。

今回、謎解きに使われた美術品は、これからも忘れないだろうなぁと思います。

普段、行く機会もない場所に行くきっかけもできるので、またこういう
謎解きイベントがあれば参加したいです!

おわり。

180915_21.jpg  180915_19.jpg  180915_20.jpg

美術館謎解きデー

こんばんは。
また久しぶりの更新になってしまいました。

昨日は、東京の美術館巡りをして来ました!
・・・いえ、美術が趣味というわけではなく、東京メトロの謎解きイベントです(^_^;)

IMG_20180909_0001.jpg 

7つの美術館と7つの駅をまわり、謎を解く・・・というこのイベント。
私の謎解き好きを知っている会社の先輩が「こんなのあるよ」と教えてくれたんです。

"美術館を7つもまわるなんて、相当お金がかかるんじゃないの・・・?"と
思いましたが、そうでもないことがわかり、それならばと、いざ謎解きの旅へ!!

(※7つの駅については、美術館で謎を解かないとどの駅に行くかわからないものなので
ここでは触れませんが、7つの美術館は最初から公表されています。)

まずは、目黒駅へ。

これは全くの偶然なのですが、昨日は「目黒のさんま祭り」の日でした。
180909_5.jpg  180909_6.jpg

岩手県宮古漁港のさんま7,000匹を炭火焼きして無料配布!
ということで物凄い人、人、人・・・。一体どこまで続いてるの・・・
180909_8.jpg  180909_9.jpg

サービス精神旺盛な商店街の方々。TVの取材も来ています。
180909_10.jpg  180909_11.jpg
180909_12.jpg  180909_13.jpg

徳島県産のすだちと、栃木県産の大根おろしも添えられ、皆さん美味しそうに
食べていました。
180909_20.jpg

おっと!
さんまでのんびりしている場合ではない!今日の目的は美術館だった。

最初にやって来たのは「東京都庭園美術館」。
ここの謎解きの舞台は庭園にあるそうですが・・・

なんと!さんま祭りのため今日は庭園の入場が無料に!! ヽ(・∀・)ノ ヒャッホーイ 
チケットにも「さんま祭り」と書かれていました(^_^;)わ、笑える...
180909_7.jpg  IMG_20180909_0002.jpg
元々皇族の邸宅だったというこの美術館。
建物自体も美術品といえるようです。
180909_14.jpg

素敵な雰囲気。
180909_15.jpg

広い敷地の中に日本庭園や西洋庭園もあって、一瞬ここが東京都心だということを
忘れてしまいそうです。
180909_16.jpg  180909_17.jpg

次は、歩いて恵比寿ガーデンプレイスに向かいます。
それにしても、もう9月なのに真夏のように暑い・・・。

恵比寿ガーデンプレイス内にある「東京都写真美術館」。ここが次の謎解きの舞台です。
180909_18.jpg

写真の美術館があることすら今まで知りませんでした。
180909_19.jpg

恵比寿ガーデンプレイスはどこも絵になりますね♪
180909_1.jpg  180909_2.jpg

ランチで高層階からの眺めを楽しんだり・・・
180909_3.jpg

当社とグループ会社の東天紅(ここではLUCIS(ルーキス)という名前ですが・・・)が
ガーデンプレイスに出来たとは聞いていたけどここにあったのかー!と発見したり・・・
180909_4.jpg

この謎解きイベントがなかったら全く来る機会もなさそうな恵比寿ガーデンプレイス、
思わぬ体験ができました。

続いては、乃木坂(or 六本木)にある「国立新美術館」。
180909_21.jpg

建物が斬新。
180909_22.jpg

中も斬新。
180909_23.jpg

こんなところがあるんだという発見も、謎解きイベントの魅力です♪

続いて、竹橋にある「東京国立近代美術館」。
閉館時間ギリギリに滑り込みました。
180909_25.jpg

美術品とは別に、こんなところが↓
180909_24.jpg

部屋に入ると、皇居と丸の内のビル群が見えます。
180909_26.jpg

と、ここまで美術館を4つまわりましたが、ここで時間切れ!
1日では7つの美術館と7つの駅はまわり切れず、次回に持ち越しとなりました。。。

といってもこのイベント、来週で終了なのですが...果たして、謎の答えに
辿り着けるのでしょうか。

続く(?)。

...歩き過ぎて足の裏にマメができて痛い(>_<)

メキシコ旅行記@フォートラベル

こんばんは!

実は、特にお伝えはしていなかったのですが、先日のメキシコの旅行記を
旅行情報サイトの「フォートラベル(4travel)」の方にも書いてありまして・・・

それが今日、フォートラベルのトップページの「おすすめ旅行記」に
掲載されてしまいました( /ω)ハズカシイ...
  ↓
180814.jpg

せっかく選ばれたのなら!とこちらのブログでも紹介させていただく
ことにしました(^_^;)

それにしても、以前にも同じようなことがあったのですが、この「おすすめ旅行記」って
どんな基準で選んでいるんでしょう。。。膨大な数の旅行記の中から。。。(謎)


このブログを読んでいただいている方には写真や文章が重複してしまうところも
あるのですが、フォートラベルの方はより詳しい旅行記になっています。

メキシコの旅の様子がもうちょっと知りたい!という方は読んでみて下さいね♪

(フォートラベル旅行記)
カラフルメキシコ★ピンクラグーン&ターコイズブルーのカリブ海


それではまた(^O^)ノ

偉人伝

皆様、こんばんは。

世間一般ではお盆休み、今日は仕事はお休みという方も多いですね。

私事ですが、本日一つ歳を取ってしまいました...
先週末、会社の仲間(大先輩まで)がお祝いをしてくれ、大変恐縮して
いるところでございますm(_ _)m

さてさて、夏休み真っ只中の今日は、ちょっとゆるーい話題です。

皆様は小学生の頃に、まんがで偉人伝を読んだことはありますか?

ヘレンケラーやエジソン、メキシコに銅像もあった野口英世などなど・・・
世界や日本の偉人の方々の伝記ですね。
学習用のまんがですが、私ははて...読んだことがあったかなかったか...

そんな偉人伝に、先日、とある人がラインナップされたとの情報をゲットし、
大人なのに即、予約購入してしまいました!

↓ これ

180813_1_1.jpg

"人"じゃないし(^_^;)

この方(?)はもはや偉人ですか・・・(゜ロ゜)
ヘレンケラーやエジソンと同じレベル?! まさか...

ちなみにこの偉人伝、人以外のものが取り上げられるのは初とのこと。

内容は、初期の頃の営業活動や、熊本の震災時の苦悩、そこからの活躍などです。
180813_2.jpg


180813_3.jpg
タイトルには"次世代のリーダー"とあります。

子供はどう感じるのかよくわかりませんが、大人にも響くものが
あります。
簡単なまんがなのに、結構考えさせられるところもありました。

2016年4月14日の大地震。

その日を境に、毎日更新されていたツイートが途絶えてしまったことは
ニュースにもなりました。

このまんがを読んで、またあの頃のことを思い出している今日この頃です。



もしかして、この偉人はいつか教科書に載る日が来るのでは...!?

...なんて、こちら、夏休みの読書感想文にいかがでしょうか(^_^;)



それでは皆様、よいお盆休みを!

石廊崎 -Cape Iro-

こんばんは。

しつこくまだ伊豆の話が続きますが、今日で終わりです!

今日も旅行会社っぽく観光名所のご紹介です。

南伊豆では何と言っても「石廊崎(いろうざき)」が有名です。
・・・が、車を運転していて、案内看板に英語で「Cape Iro」と書かれると、
"ケイプ・イロー"!?
どこのことなのかわからない(^_^;) 全然違う場所に思えます。

せっかくここまで来たし、立ち寄ってみようということになりました。

石廊崎の港(遊覧船の発着地)の駐車場に車を止め、
「参道」と書かれた道を上って行くようです。

石廊崎といえば灯台、と思っていたのですが、参道・・・?
駐車場のおばさんいわく、順に神社、灯台、神社と現れ、そこまで
歩いて20分程かかるとのこと。

坂道を20分・・・(-_-)と一瞬萎えましたが、「行くだけのことはある」
場所だとのことで、向かうことにしました。

「途中の自動販売機は壊れていて無いので、この暑さですから
必ず
飲み物は下から持って行って下さい」と念を押されました。
確かに、飲み物が無ければ身の危険を感じる暑さでした。。。

しばらく上って行くと、鳥居だけがぽつんと、しかもトイレの前にありました。
180719_1.jpg

写真はないのですが、この先の絶壁の中に「石室神社」という神社が
あるのです。

さらに進むと灯台が!・・・でも、中には入れません。
180719_2.jpg

うーん、海が美しい絶景です!しかし、暑過ぎる・・・。
180719_3.jpg

この、断崖絶壁は圧巻です!
180719_4.jpg

断崖絶壁の上にある「熊野神社」。縁結びの神だそうで、絵馬がたくさん。
180719_5.jpg

石廊崎の遊覧船です。あのヒリゾ浜(一昨日のブログ参照)も通るので、
気軽にヒリゾ浜の美しさを見たい場合はこちらもおススメ。船はなんだか愛嬌のあるデザインです。
180719_6.jpg  180719_7.jpg

やはり、駐車場のおばさんに言われた通り、「行くだけのことはある」場所でした。
天気に左右されてしまうとは思いますが、海の色はとっても綺麗でした(´▽`)

そして帰る前にはお決まりの「道の駅」に寄り道。
私が持っている「道の駅スタンプブック」にはない新しい道の駅が
たくさん出来ていました。

こちらは昔からある大きな道の駅、「開国下田みなと」。
180719_8.jpg  180719_9.jpg

この後帰路についたのですが、一昨日も書いた通り、それから家まで
8時間かかったというわけです。
日が変わってしまうかと思いました・・・恐るべし、伊豆。恐るべし、3連休。

以上、伊豆レポートでした。
おしまい。

韮山反射炉 -Nirayama Reverberatory Furnaces-


180714_1.jpg
こんばんは。
 
昨日は南伊豆の「ヒリゾ浜」の話題で、涼し気な水の写真を
お届けしましたが、今日は考えるだけで暑くなりそうな(>_<;)、熱ーい鉄の話です。

そもそも今回の伊豆旅行は、「ヒリゾ浜」に行くことしか考えて
いなくて、他に立ち寄る場所は全く計画を立てていませんでした。

当日はとにかくすごい渋滞で、自宅を出て約6時間後(-_-)に
やっと伊豆中央道付近に到達。

まぁ、今日は移動だけだから別にいいけど・・・と思いながら
道の駅で休憩をしたのですが、ふとドライブマップを見ると
近くに「韮山反射炉」の文字が。

"あっ、世界遺産のあれがこんなに近くに・・・!?"

団体旅行では定番のスポットではありますが、個人でなかなか
行く機会はないんじゃないか・・・と思い、少しだけ遠回りして
立ち寄ることにしました。

■韮山反射炉★世界文化遺産■(大砲を造る炉・2015年登録)
 <明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業>

実際に稼働した反射炉としては、日本に唯一現存するのがこの
韮山反射炉だそうです。

江戸から明治時代のロマンを感じますねぇ。。。

思ったより小さくて、ここで本当に大砲を造れたの!?と感じました。
ちなみに、特徴的な×模様の枠は、昭和時代の耐震工事後に出来た
ものだそうです。

↓写真の建物は反射炉のガイダンスセンター。
 近代的な建物で(それもそのはず、2016年12月のオープンです)、
 反射炉の説明も巨大スクリーンを使った斬新なものでした。
180714_2.jpg 

ガイダンスセンターを通って反射炉へ、という順路です。
180714_3.jpg

周りも公園のように綺麗に整備されていて、なかなか雰囲気の良い場所でした。

団体旅行には欠かせないお土産屋さんも向かいにちゃんとあって
十分楽しめます(^_^;)♪

私が行ったのはもうすぐ閉館という時間でしたが、結構賑わっていました。

この後、ヒリゾ浜を見下ろす「あいあい岬」(昨日写真を載せた場所)で
夕日を見る!と決めたので、そそくさと本来のルートに戻りました。。。

今日は旅行会社っぽく、定番見学地のご紹介でした♪
それではまた!

HIRIZO -ヒリゾ浜・南伊豆の秘境へ-


180715_1.jpg

みなさま、こんばんは!
3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は、久しぶりに宿泊を伴った旅に出かけて来ました。
昨年から行きたかった場所・・・冒頭の写真の場所なのですが、皆様どこだと
思いますか?・・・って、タイトルに書いてますのでこの質問は意味をなさないですね(^_^;)

そう、静岡県の南伊豆、石廊崎の近くにある"ヒリゾ浜"というところです。
島ではなく陸続きの場所ではあるのですが、陸では道がなく渡し船でしか
行くことができない秘境。

沖縄のようなはるか南の島でもないのに"半端ない"透明度を誇るということで、
特にシュノーケリングに人気の場所です。
船は毎年夏にしか運行しないため、他の季節に訪れることはできません。

昨年はタイミングがなく行かれず、今年唯一行かれるのがこの3連休だけで、
5月頃から計画をしていたのですが、なんといってもこの時期心配なのは台風・・・。
天気が悪くて透明度がなければ行っても意味がないし(´^`;)・・・
と直前までやきもきしていましたが、結果、この連休は皆さまご存知の通り今年一番の
酷暑と言われる晴天!

風もほとんどなく、私が行く前日の海況では透視度20mの「最高宣言」が出され
これ以上ない好条件となりました。

ただ、ここヒリゾ浜の難点は、狭くて、あまりに人が訪れてしまうと入場制限が
かかったり、駐車場もとても少なくて、私のように連休中日や夏休み期間に
行こうとすると、考えようによっては遠い沖縄より行くのが難しいかも、と思って
しまいます。

今日は、そんな連休中日のヒリゾ浜訪問レポートをお届けしたいと思います。
(綺麗な景色の写真はレポート後半に集中しております...)


事前のネットの調べでは、お盆時期は朝の5時台で駐車場が満車になるとか、
3時台でギリギリとか、何とも恐ろしいことが書いてあって、この7月の3連休も
それに近いというウワサが。

何時に行けば確実に駐車できるのかわかりませんが、とりあえず下田の宿を、
驚かれながらも3時半頃チェックアウト、真っ暗な中40分程かけて車を走らせ、
ヒリゾ浜入口の中木(なかぎ)地区に着いたのは4:10頃でした。

中木地区の民宿に宿泊していない人は、この時点で浜の方へは入れず規制中。
↓既に相当数の車が並んでいて、不安になる(一度満車になると、お昼過ぎまで
 入ることはできません。)
180715_5.jpg

5時から駐車場が開くとのことで、順番に誘導が始まりましたが、なかなか進まず
不安は募ります・・・何台入れるかは、止めてみないとわからないとのこと。

結局私は、最後の第5駐車場になんとか止めることができましたが、
この時間でギリギリといった感じでした。それくらい、駐車場の台数は少ないです。

6:30頃ようやく駐車ができて、船のチケット売り場へ。
船が出るのは8:00からです。
(後で調べたところ、この日駐車場の満車は7:00、浜の入場制限は
9:00だったそうです)
180715_6.jpg IMG_20180717_0001.jpg

チケットを買ってから、船が出るまでまた長ーい行列。
太陽が雲から顔を出すと、灼けつくような暑さ(>_<) 長時間待ってたら倒れる人が出そうです。
180715_3.jpg  180715_4.jpg

1艘の船に乗れる人数は少ないですが、頻繁に来るのでそこは問題ありません。
やっと順番が来てヒリゾ浜に向け出発!・・・これだけ待って、乗っているのは数分だけです。
この辺の海とどう違うの・・・と思っていましたが、船に乗るとみるみる海の色が群青色に。
180715_7.jpg

ヒリゾ浜に着いたら、明らかに海の色は変わりました。下を見ると本当に透き通っている!!驚き、感動。
180715_8.jpg  180715_9.jpg

↓このような板を渡っていよいよ上陸。ここで、真っ青な熱帯魚の群れを見ました。
180715_19.jpg

浜は白砂ではありません。歩くのが難しくてなかなか遠くには行かれない...
皆さん、着いたらまずはテントの設営(^_^;)
180715_11.jpg  180715_10.jpg

私のように写真だけ撮るというような奇特な人はまずおらず、普通の人は
シュノーケリングでお魚探し。流れは結構速いです。
180715_13.jpg  180715_14.jpg

私はシュノーケリングはしていませんが、素晴らしい透明度を満喫。180715_2.jpg

180715_12.jpg



















苦労して来た甲斐があった...
180715_15.jpg

そうそう、この後、なんとイルカが現れたそうです(^-^)



南伊豆町ジオパークビジターセンター(あいあい岬)からは、上空からの
ヒリゾ浜を眺めることができます。
180715_16.jpg  180715_20.jpg
180715_17.jpg

ちなみにここからの夕日は美しく、夕方も見逃せません(連休初日の夕方撮影)。
180715_18_1.jpg



この辺り、家からは230km程でそこまで遠い距離ではないのですが、
伊豆はなんといても高速がほとんどないので、特に南伊豆となると本当に遠い・・・。
渋滞もあって帰りは8時間もかかり、どこか海外にでも行かれそうです。

ヒリゾ浜は苦労しましたが、周辺の他の場所も満喫して楽しい伊豆1泊旅行と
なりました(^o^)♪ 
他の場所のことは機会(時間)があれば載せたいと思います。

それではまた!

デジタルアートの世界


180628_1.jpg皆さま、こんばんは。

一週間前の6/21に東京のお台場にオープンした「デジタルアート・ミュージアム」。
父から「凄いのが出来た」と聞いて、昨日の会社帰りに行ってまいりました (・v・)ゝ

土日は近い日付が完売だったため、やむを得ずの平日...
チケットは事前に完売してしまうと現地での販売はないんです。
(私は先週末に購入したのですが、その後すぐに完売になっていました。)


このミュージアムのコンセプトは「ボーダーレス」。
境界がない、ということで順路もなければマップもなく、場内は暗くて
どこが隣の部屋とつながっているのかも見つけるのが難しい...ということは!
自分で探す発見の楽しみがあります(^o^)

「フラワーフォレスト Flower Forest」
180628_4.jpg

壁と床一面花・花・花のアート。

180628_5.jpg  180628_6.jpg

「Black Waves」
180628_14.jpg

円形の部屋の壁に、迫力のある荒波が描かれます。動きがとてもリアル。
ソファに座ってゆっくり世界に浸ることもできます。

「クリスタルワールド Crystal World」
180628_2.jpg  180628_3.jpg

時間を追うごとにクリスタルがいろいろな表情を見せます。
上を見上げればまるで光の雨が自分の上に降り注いでいるよう。

前後左右、どこが道でどれが鏡なのかわからず、でも触っちゃいけないって
言うし、怖くて一歩も動けず...という状況に陥りました(>_<)

↓部屋と部屋の間の壁にもアート(音楽とともに動いています)。
180628_17.jpg

「ランプの森」
180628_7_1.jpg

この部屋は特に人気で、入場は人数制限があり入れ替え制。滞在できる時間は短いです。
私は2回並びました。
"呼応する"というランプの色は常に変化し、どのような色合いが見られるかは運次第!180628_8.jpg


「くぼみにある宇宙」
180628_11.jpg

通路に突如現れる映像。

「光の彫刻空間」
180628_12.jpg  180628_13.jpg

光の動きがショーのよう。
照明の熱なのか何なのか、サウナのように暑い部屋でした。

「浮遊する巣  Floating Nest」
180628_15.jpg

巣のように張られた網の上に寝転がったり座ったりして、浮遊しているかのように
映像を眺めます。

この映像はその場でコンピュータにより描かれているもので、出来上がったものを
再生しているわけではないため、同じ映像には二度と出会えない...のだとか。

「運動の森」
180628_16.jpg

跳んだり触ったり、体験できるアートのフロア。

電球のような巨大な風船(?)の森にも入っていくことができます。
色は刻々と変わります。
180628_9.jpg  180628_10.jpg



会社帰りに慌ただしく行って閉館まで2時間の滞在でしたが、時間が足りなーい!
まだ行っていない場所もあるし、そもそも目の前に見えているのに行き方がわからない
部屋があった...(謎)

いろいろな仕掛けも試していないし、時間をかけてゆっくり見て回ったら
数時間、いや、半日くらいは必要かも!?
特に、昼間で混雑していれば各所で結構並ぶことになると思います。

これから行く方にアドバイス!
網の上や柔らかい足元の場所を歩く(こともある)ので、脱げにくい靴と(靴のレンタルも
やっていますが)、女性の場合はスカートじゃない方がおすすめです(床がミラーの部屋が
いろいろあるので( ̄▽ ̄;))

冒頭の写真で「トラぽん」がいる位置には、実際に上って写真を撮ることが
できますよ!(この映像も、滝だったりヒマワリだったりいろいろ変化...
全部見ようとしたらなかなかの時間が必要と思われます)

楽しみ方は人それぞれで無限大!?
様々な"異空間"を満喫できるミュージアムでした(^o^)♪ ...一人は寂し過ぎる...

ところざわのゆり園

180624_1.jpgこんばんは!

沖縄は羨ましいことにもう梅雨が明けたそうですが、こちらはもうしばらく
鬱陶しい季節が続きそうです...。
と言いながら今日の真夏のような天気は何なのでしょうか( ̄△ ̄)

梅雨の時期に咲く花と言えば真っ先に思い浮かぶのはアジサイですが、
この時期にはユリも見頃を迎えますね。

ということで、昨日は近場の埼玉へユリを見に行って来ました。
場所は、所沢のゆり園です。

↓昨日の開花状況はこんな感じ。
180624_3.jpg

西武ライオンズの本拠地、西武ドーム(メットライフドーム)の近くということで
ゆり園からもドームが頭を覗かせているのが見えます。
180624_2.jpg

逆光では、花が透けて光って見えるのがとても綺麗でした(人´∀`) ウットリ。
これは晴れの日だけの特権ですね♪

朝は結構な雨が降っていて、出かけるのどうしよう・・・?と思ったのですが、
天気予報を信じて出かけてよかったです!



さてさて、早いもので今週で1年も半分が終わりです(||゚Д゚)
今週も頑張っていきましょう。。。

外環道開通 -関越道・川越への旅-

 IMG_20180603_0001.jpg
こんばんは。

このブログでも何度か書いて来ましたが、先週土曜日の16時に、
千葉県民の悲願であった外環道が半世紀の時を経てついに開通
しました!
♪(*^・^)ノ ヤッホーイ!

↓今回開通区間(赤いところ)
IMG_20180603_0003.jpg

↓TVのニュースでも特集していて、慌てて画面を撮影(^_^;)
DSC_0446-(002).jpg

どれだけ便利になったか確かめてみよう!ということで、早速翌日の日曜日に
通ってみました。

↓新しく出来たIC。ナビにもないので地元といえどもちょっと迷います。
 前のトラックも入口がわからなかったようで、直前で急ハンドルで入って来ました(^_^;)
DSCN0837-(003).jpg

入口さえ入ってしまえば・・・
常磐道や東北道、関越道へあの難しい首都高を通らずに行かれるなんて、
この上なく快適ヽ(*^◇^*)/ ♪♪♪

今までは首都高を通るのに多少の緊張がありましたが、これからは"全部自動運転で
行けそうじゃない!?"と思える程(...って、自動運転なんて使ったこともなければ
機能もないけど...^^;)単純な道でした。



さて、今回は関越道まで試し運転して、関越道に入って割とすぐの川越ICで下りて
「小江戸」川越観光をすることにしました。

川越って、駐車場がなさそうなイメージがあったのですが、「あぐれっしゅ川越」という
農産物直売所に隣接して、無料の観光用駐車場がありました。
180603_9.jpg  180603_10.jpg

駐車場から12分程歩くと、川越のランドマークともいえる「時の鐘」と、
蔵造りの街並みが。
180603_1.jpg  180603_2.jpg

あの有名なコーヒーショップも街並みにマッチしています。
180603_3.jpg

ここは「菓子屋横丁」。
180603_11.jpg

最盛期の昭和初期には70店が軒を連ねたといいます。現在は約20軒ですが、
昔ながらの風情が残っています。
180603_12.jpg 180603_13.jpg

懐かしさを感じる横丁をそぞろ歩きするのも川越の楽しみ♪ し
かし...暑過ぎるっ!!
180603_14.jpg

歩くのはちょっと・・・という方には、観光用循環バスや人力車もあります。
180603_17.jpg  180603_18.jpg

ここは「氷川神社」。鳥居は、木造のものとしては日本最大級だそうです。入口の風車は風が吹くと圧巻!
180603_4.jpg  180603_5.jpg

縁結びの神様ということと、インスタ映えしそうな(?)小物たちのお蔭か、
特に若い人で大賑わい。
180603_8.jpg

鯛の形をしたおみくじ。300円の初穂料を払って好きなのを釣ります。
私も釣りましたが...これがなかなか難しい!
180603_6.jpg  180603_7.jpg

この氷川神社ですが、創建は約1,500年前の古墳時代だというから驚きです。

その他の見所。
(左)埼玉りそな銀行川越支店。大正7年建設のネオ・ルネサンス様式の建物。
(右)川越城本丸御殿。1848年造営。現在は玄関、大広間、家老詰所が残っています。
180603_15.jpg  180603_16.jpg

あちこちに重要文化財や有形文化財が残る川越。小ぢんまりとしているので、
短時間で見て回れます。
都心からも近い場所にあり、小旅行気分には最適です!

関東地方は今週にも梅雨入りのようで、貴重な(?)晴れの休日を満喫できました(^o^)

それではまた!

一日だけの癒し -2018GW-

180505_1_1.jpgこんばんは。
今年のゴールデンウイークも終わってしまいました。。。
皆様はどんなゴールデンウィークをお過ごしでしたでしょうか。

私は・・・

先週の3連休も今回の4連休も、やらなければならない仕事がたくさんあり
とても遊びに行かれる状況ではありませんでした(泣)

でも、せっかくのGW、一日も出かけないのはちょっと...(ブログが書けないし!)
ということで、一日だけ近場へのドライブを強行!!

車で1時間ちょっとで行かれる、"千葉にあるけど「東京ドイツ村」"に行って来ました。

ドイツ村といえば、冬のイルミネーションがとっても有名ですが、一年中
いろいろな花が咲き誇る、千葉県屈指の花の名所でもあるんです♪

今の時期は、冒頭の写真に載せたジギタリス、ビオラ、バラ、金魚草が見ごろと
なっていました。

ドイツ村の敷地はこーんなに↓広く、エリアがいくつか分かれているので、中は車で廻ります。
子供連れなら一日中楽しめそうなアトラクションもたくさん。
180505_3.jpg

食べる場所はあまり多くありませんが、屋台やバーベキューを楽しめます。
180505_5.jpg  180505_4.jpg 180505_6.jpg

束の間の休日、のんびりと癒されました。



ドイツ村を後にして、昨年10月にオープンしてから未だ行ったことのなかった
新しい道の駅「うまくたの里」に立ち寄りました。ドイツ村からは車で10分程の近さです。180505_10.jpg

180505_15_1.jpg
「うまくた」とは、万葉集にも詠まれている由緒正しき地元の地名だそうです。



                                 →万葉集より









農産物直売所の、野菜の陳列方法が斬新!
180505_7.jpg 180505_8.jpg

この道の駅は、ここだけのオリジナルの商品も多いそうで、見たことのない珍しい品揃えで
目移りしてしまいます。
スープやドレッシングに醤油に・・・試食(テイスティング)がとにかく充実しているのも特徴的でした。
試食をするとついつい買いたくなってしまいます(^_^;)←思うつぼ

↓これが!話題の「チバリバリ」。これも噂ではここにしか売っていないとか。
・・・名前は恐ろし気ですが、中身はごくごく普通の、ピーナッツと塩バター風味のチップスです。
もちろん、試食あり。・・・今晩のおつまみに決定ヽ(^◇^*)/
180505_9.jpg  180505_11.jpg

レストランは、地元で人気の「のうえんカフェレストラン」が入っています。
道の駅とは思えないお洒落なランチやカフェメニューとなっています。
180505_13.jpg  180505_12.jpg  180505_14.jpg
行列必至で、売り切れると終了となってしまいますので注意!

ここ「道の駅 うまくたの里」は、圏央道の木更津東IC(木更津は北とか南とかJCTとか
いろいろあってややこしいですが、東のIC!です)を下りてすぐ目の前の場所にあります。
アクアラインで神奈川方面からお越しの方にも便利なところです!休憩に立ち寄ってみては
いかがでしょうか。

それではまた(^^)ノ

道の駅「いちかわ」オープン

180408_1.jpgこんばんは。
今日はあちこちで入学式が行われたようですね。
朝の通勤電車で、初々しい学生さんと着飾ったお母さんをたくさん見かけました。
世間ではそんな時期なのですね。。。

さて、先日このブログでプレオープンのイベントを紹介した、私の地元の道の駅
(道の駅「いちかわ」)が土曜日についにオープンしたので、早速日曜日に
行ってみました♪

千葉県のマスコットキャラクター、チーバくんもお祝いにかけつけ、
自分のグッズ売り場に興味深々!?(*´ω`*)
180408_4.jpg

そういえば市川市!

昨年11月の市長選で市長が決まらず(法定得票数に誰も届かず...)、未だ
市長不在の状態が続いておりますが、そうすると、こういう場でありがちな
市長の挨拶もさてはなかったか・・・



お昼が近づくにつれ、だんだん混み合って来ました。
180408_20.jpg

特産品は・・・ええっと・・・あまりない(・_・)(汗)
いや、"少しは"ある

市川と言えば梨が有名です(ふなっしーのおかげで隣の船橋の方が
有名になってしまった感がありますが、市川の方が生産量は多いかと
思われます...)。

梨のジュースに梨ジャム...
180408_2.jpg  180408_15.jpg

2000年に生まれた「王秋」(おうしゅう)という品種は、だんだん甘さが増すと
外見が青っぽい色から赤っぽい色に変わります。
冷蔵で長期間保存ができるので、冬の間も少しずつ味わいの変化を楽しめる
極上の梨として、贈答用にも最適とか。
180408_3.jpg

自動販売機も、梨を大々的にアピール!!
180408_13_2.jpg 180408_14.jpg

それにしても、オープン2日目にしてもう「故障中」って・・・(-_-;)



梨の他には、海苔があります。

海苔の産地は梨よりもさらに私の地元にピンポイント・・・なのですが、
海苔を作っていることは地元ではあまり知られていません。

これから道の駅で売ることで、県内外の方にPRしたいようです。
180408_5.jpg 180408_6.jpg

市川のものだけではなく、県内他都市のものや、県外の珍しいものまでいろいろあって、
"想像していたより"洗練された雰囲気で、充実していました。
180408_18.jpg  180408_19.jpg
180408_16.jpg  180408_17.jpg


食事ができるレストランは一軒だけです。
東京(会社の近く)の日本橋にある同名店が出店。
180408_7.jpg

道の駅なのに、メニューに6,000円のステーキやアルコールが豊富にあるのには驚き!

都内のお店で食べるような本格的な味に大満足♪
180408_8.jpg   180408_9.jpg

コーヒーやクロワッサンなどの軽食は、こちらの「いちcafe」で♪席はオープンスペースです。
180408_23.jpg

外を偵察。
ここはトイレです。
180408_10.jpg

中は木を基調とした落ち着いた雰囲気。
180408_12.jpg 180408_11.jpg

駐車場ですが、こちら↓(左写真)は全て大型車用で、一般車用は非常に少ないです(右写真)。
180408_21.jpg  180408_22.jpg

トラックが多い土地柄が窺えます。
日曜日にはトラックはいませんでしたが、平日には様子がガラリと変わるのでしょうか。

近くでありながら、遠くまでドライブに来た気分を味わえました(^-^)

皆様、市川にお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ!
・・・あ、でも、まだ隣を走る高速道路が出来上がっておりませんが・・・(・・*)ゞ ポリポリ

満開!東京の桜


180325_1.jpgこんばんは!

週末、東京で桜満開の便りが届きました。
ということで、先週の"幻の桜"に続き、今週は本物の桜を見に行って来ました。

自分でも意外なことに、今までこのブログでは一度も紹介したことがなかった
東京都内の桜の名所を巡ります♪

まずは冒頭の写真、千鳥ヶ淵です。
都内では一番有名な場所といってもいいでしょうか。社内には、毎年ここに
桜を見に行っているというスタッフもいます。

さぞかし混んでいるだろうと覚悟して行ったのですが、700m程ある千鳥ヶ淵緑道も
思った程の混雑ではなく、比較的スムーズに流れていました。
(出店は禁止のため露店はありません)

180325_7.jpg

この日は、隣の日本武道館で某大学の卒業式が行われていたこともあって、
袴姿の女子大生が多くいました。
私が着たのはもはや〇十年前だ...と考えたらテンションが下降気味に
(´□`)

話がそれてしまいましたが、まだつぼみの多い木もあり、ここは夜桜のライトアップや
散り際の花筏も楽しめる場所なので、しばらく見頃は続きそうです。

hanabira.jpgのサムネール画像

続いては東京スカイツリー。

桜とのコラボです♪
180325_3.jpg

























隅田川の両岸1kmに約1,000本あるという桜並木は圧巻です。
180325_4_4.jpg

吾妻橋→言問橋→桜橋と、桜や屋形船、スカイツリーなどを見ながら散策。

露店が出ている場所は少なく、その辺りは行列で下の↓ように多少混んでいますが、
宴会はほとんど公園などの場所でやっているし、川沿いの道は広く長いので
悠々歩けます。
180325_5.jpg  180325_6.jpg

川沿いのベンチや階段などに座ってのんびりお弁当を食べる・・・
快晴の天気で風もなく、暑い位の絶好のお花見日和(*^-^)
特に、桜橋のあたりまで行くと人も少なく、最高に贅沢な休日を過ごせました。

なんと、江戸幕府8代将軍 徳川吉宗の命で植樹が始まったという、由緒正しき(?)
隅田川の桜です。
180325_2.jpg
hanabira.jpgのサムネール画像

さて、名所巡りと書きながら、実は
2ヶ所で終わりです(^_^;)
別の場所はまた別の機会に訪れてみたいと思います・・・!

皆さまも、いろいろな場所でお花見ができると良いですね♪


日本橋桜フェスティバル2018

こんばんは!

土曜日に早くも東京で桜の開花宣言がありました。
いよいよお花見シーズンの到来ですね。

hanabira.jpgのサムネール画像

そんなこの週末、私は日本橋で"宝探し"をして来ました。

昨年もこのブログで書きましたが、「日本橋桜フェスティバル」(今年は3/16-4/15)の
一環でやっているリアル謎解きゲームです!
各所にちりばめられた手がかりを辿り、「幻の桜を探せ」。

会社の周りが舞台になっているので、身近な場所ということもあり今年も
楽しみにしていました(^O^)

先週、ランチの際に早速パンフレットをゲット。気合十分!!
180318_1.jpg

ただ、ブログに謎解きゲームの詳細を書くことはできず、写真も載せられないので
記事として成立しないのが難点...(´д`;;

謎解きは簡単で、全ての手がかりを見つける前に最後の答えが
わかってしまったという・・・(-_-;) でも楽しかったです♪

ここでは、謎解き以外の話題を。

↓毎年恒例、コレド室町の"桜トンネル"。
 ここは昼間よりも、ライトアップされ映像演出もある夜が美しくおススメです★ 180318_2.jpg

謎解きゲームの他に、もう一つの楽しみは、「桜メニューウォーク」。

hanabira.jpgのサムネール画像

パンフレットに載った桜メニューを食べたり買ったりすると
スタンプがもらえて、それを集めると抽選に参加できるという
イベントなのですが・・・

ここで大きな誤算が。

昨年、自分で"土曜日がおススメ"と書いておきながら、そのことをすっかり忘れて
また日曜日に行ってしまったため、定休日のお店が多い(ノ_< ;)...アチャー...シマッタァ!

そして、とあるお店で「桜ビール」を飲もうと思って入ったら、

「発酵が間に合っていなくて、まだ無いんです」

( ゜A゜;) マ、マサカノ...

そして、可愛い桜スイーツを食べようと思ったお店は、スタンプの影響もあり
お客さんが来過ぎて売り切れ( ̄□ ̄;) ガーン

結局何も達成できず、載せられる写真もなしという事態に。

このままではますますブログ記事にならない・・・どうする!?

と、その時!

桜フェスティバルには関係ないのですが、前を通った日本橋高島屋が
異様な事態に・・・!!

ポケモンに占拠されてる( ゚ ω ゚ ) 
180318_4.jpg  180318_5.jpg

うじゃうじゃ、うじゃうじゃ...

しかも、外だけじゃなくあの格式高い店内までΣΣ(゚д゚lll)  ナンジャコリャー!
180318_6.jpg

こちらはポケモンの何かイベントをやっていたようで、入場制限がかかっていました。

紙の手提げ袋にまで黄色のポケモンがうじゃうじゃ描かれていて、年配のお客さんも
その袋を持っているのがなんだか可笑しかったです。

そんな写真で誤魔化す今日のブログでした(^_^:)

hanabira.jpgのサムネール画像

現場で食べることはできませんでしたが、大好きな、四国(愛媛)松山銘菓の
「一六タルト」の桜版など、いくつかの桜メニューを買って来て
家で楽しむことにしました♪

↓桜リキュール、桜ゼリーなど。
180318_3.jpg

謎解きを楽しみながら満開の桜の下を歩き、桜メニューを堪能する・・・
来週末は「桜屋台」も出るようで、とても賑わいそうです。

都心にいても春らしさを満喫できるイベントです♪

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 過去の記事