海外旅行の最近のブログ記事

死の谷 -デスバレー国立公園-

こんばんは!
昨日と今日でお伝えする私のアメリカ絶景巡りの旅。


今日ご紹介するのは、死の谷(英語でデスバレー)(カリフォルニア州)です。

DSC00411_1.jpg

なぜ、死の谷なのでしょうか?
ここは西半球で最も標高の低いところで、谷底の海抜はマイナス86mです。

そのため、夏は人間の存在を否定するかのように暑く、乾燥した過酷な環境になるのです。

実はここも、訪れることができるかどうか直前までわからない状況でした。

というのも、気温が46℃以上になる予報が出ると、危険を伴うため公園規制がかかり
ツアーの実施ができなくなるからです。
1週間前のツアーは中止となってしまったそうで、その後も私が訪れる2日前まで
46℃以上の気温が続いていました。

そして前日。
翌日の予報は45℃ということで、なんとギリギリ1℃のところで実施可能という判断がなされました。
(実際行ってみたら、温度計は48℃をさしていましたが・・・)

ということで、気温48℃の中にいることを想像しながらご覧ください(^_^)

上の写真は、バッドウォーター(悪い水)という名ですが、水ではありません。
塩湖が干上がり塩海原となった場所です。
昔の人が、"飲めない水"だったからこのように呼んだようです。

散策時間ということで30分ほど時間がありましたが、まず、そんなに長い時間
外に出ていることは不可能です。

暑さに耐えながら何とか20分ぐらい歩きましたが、動悸が激しくなり、息を吸っても
熱風が入って来て逆に喉が乾燥してしまって苦しい・・・。
ツアーのバスが停まっている場所が永久に辿り着けない遠さに思えました。

国立公園内ですので、もちろん水を売っている場所などありません。
"バスに辿り着く前に力尽きて死ぬかも・・・"と真剣に恐怖を感じました。

デジカメの本体や日傘の柄は、熱くて触れなくなります。
ビニールの傘だと、ビニールが溶けます。
たったの20分の歩行で、真っ黒に日焼けします。
熱で溶けた塩が、靴の裏にびっしり張り付きます。

・・・なんとなく雰囲気は伝わるでしょうか?

"熱で死にます" 
-デスバレーの犠牲者にならないように- という注意書きもあります((lll・Д・)↓
DSC00747.jpg

私の人生で最も暑い日。
まさに灼熱という言葉がピッタリな"死の谷"を体感しました。

ちなみにデスバレー国立公園には、バッドウォーター以外にも下↓のようなスポットがあります。
いずれも同じように日を遮るものもなく暑いので、長時間はいられません・・・。

ミニチュアの山脈を見ているような「ザブリスキーポイント」
DSC00702.jpg

サンドデューン(砂丘)
DSC00738.jpg

冬にはここまでの暑さにはなりませんが、やはりこの極端な気温を体感しないと
デスバレーは語れない!と思いました。

以上、この他にも、毎日毎日自然の脅威を感じた1週間の旅でした。

おわり。

アンテロープキャニオン

皆様、お久しぶりです。
先週一週間、夏休みを取り、アメリカの絶景を巡る旅をして来ました(^o^)

全部紹介すると一週間ぐらいかかってしまいそうですので、今日と明日の2回に分けて
2つのスポットをご紹介したいと思います。

1回目の今日は、アンテロープキャニオン(アリゾナ州)です。

実は、今回の旅の一番の目的はここでした。

行く前にいろいろな人に「アメリカのどこに行くの?」と聞かれ、「アンテロープキャニオン」と

答えても、反応はみんな「??」で、わかってくれた人は誰もいませんでしたが(^_^;)
最近人気急上昇中のスポットなんですよ♪

ただ、行くのはなかなか困難を伴います。

まず、ナバホ族の居留地区内にあるため、勝手に立ち入ることができません。
↓下の写真のような、ナバホ族の方の案内によるジープに乗り換えます。
DSC00411.jpg

激しい揺れと、オープンカー(?)のため強風と砂埃を覚悟しなければ、
アンテロープキャニオンには辿り着けません。
コンタクトの人は、まず泣きながら行くことになると思います(^_^)

そして、もう一つの困難な点。

このアンテロープキャニオンは、コロラド川上流で降った雨が鉄砲水となって押し寄せ
ナバホ砂岩(サンドストーン)を侵食してできたもので、大変狭いところです。

そのため、前日に大雨などが降ると、鉄砲水の危険があり、立ち入りができなくなります。
実際、過去に鉄砲水による死亡事故が起きています。

私が訪れた日も、前日に雨が降っており、訪れることができるかどうか当日の直前まで
わかりませんでした(前日は閉鎖だったそうです)。

でも、祈りが通じたのか、その日はオープンしているとのことで、訪れることができました。
入口はこんな感じです↓
DSC00440.jpg

苦労(体力的、心理的)の末に辿り着くと、こんな素晴らしい景観を眺めることができます。
DSC00419.jpg

ガイドさんから、写真を撮る際は「ISOを400に、ホワイトバランスは晴れていても"曇り"、
フラッシュはたかない、太陽を入れない・・・」などなど、細かい設定をしないと上手く撮れないという
指導もありました。

光と影が織りなす幻想的な光景は、写真を撮る角度によっていろいろなものを
映し出します。

例えば、「ハート」
DSC00424.jpg

例えば、「燃え上がる炎」
DSC00434.jpg

そのように見えますか?
ナバホ族の方が説明をしてくれて、写真を撮るのも手伝ってくれます。

まっすぐ歩けばたった3分の距離ですが、あまりの景観に圧倒され、
写真を撮りまくりながら何十分かけて歩いたでしょうか・・・。

これが自然によって造られたなんて、自然の偉大さを改めて感じました。

明日はまた別の絶景をご案内します。
お楽しみに(^o^)♪

台北

こんにちは。
みにトラです!

何だか、暑かったり、寒かったりで、
最近カラダがヒーヒーとしております。

そんな中、台湾に行ってきました!
元々、台湾には用事があったのですが、勿論観光もしてきました( ´ ▽ ` )

定番の九份。

taiwan1.jpg

千と千尋の見本になった場所です。

写真を見ればお分かりかと思いますが、天気に恵まれず、雨、霧、風、寒い!!

台湾はあったかいと事前情報の上、私のキャリーケースは軽い、軽い!の薄着しかなかったので、震えながら撮った一枚です。笑

九份から下ると金瓜石。

taiwan2.jpg

水が黄色っぽいのです。

そのまま下に下ると海があるのですが、青い海と黄色い海が混ざり二色に分かれる。とのことです。

taiwan3.jpg


と、この内容は台湾人から聴いたので私の中国語が間違っていなければ...。上記で説明した通りです!

九份までは遠く、私は台北市内に泊まっていたので、友人がタクシーを一日貸し切ってくれ、寒い中でも快適に観光できました!

他にも、小籠包、夜市に問屋街、マッサージに、ローカル美容院で台湾式シャンプーをしてきました。

またすぐ行きたいです〜。

女子会 in 台湾。
如何でしょうか( ´ ▽ ` )ノ?

韓国・木浦

こんばんは。
明日の文化の日が土曜日と重なってしまってちょっと悲しい金曜日です(^_^;)

今日は、昨日まで出張で韓国の木浦(もっぽ)に行っていたT社員から写真を
もらいましたので(もちろんブログ用にです!)少しご紹介したいと思います。

皆さん、"木浦ってどこ・・・?"という感じなのではないかと思いますが(ちなみに私もです^_^)
韓国南西部にある港町です。

昔は中国大陸との貿易の拠点として利用され、韓国の国道1号線はこの木浦から
ソウルまでのルートになっているのだそうです。

そんな木浦の見どころをいくつか(と言いながら2つだけですが・・・)ご案内します!

儒達山(高さ228.3m)

121102_1.jpg

↓儒達山からの眺めを、話題のiPhone5のパノラマ写真で!
 やっぱりパノラマだと迫力がありますね(^o^)♪ 
121102_2.jpg


国立海洋遺物展示館

水の中に沈んでいた品々を展示している博物館。

121102_4.jpg

↓復元された船の模型。
121102_5.jpg

上の模型は小さいものですが、実際の船はとても巨大だったようですよー。
どの位巨大かというと、いかりがこれ位の大きさです↓
121102_3.jpg

いかりが木でできている・・・?
T社員の話では、「800年位前の船だった気が・・・」 (曖昧(・_・)?!)

個人で行く場合、ソウルから木浦へは新幹線KTXで3時間半(終点)になります。

T社員「いい所なので是非行ってみてください!ソウルだけではない韓国をお楽しみ下さい!!」





ミ(。;)  ←木浦の名物です!