添乗員レポートの最近のブログ記事

キャビンクルー教育体験研修旅行

皆様、こんばんは。

今、当社では、客室乗務員の教育を体験する海外研修旅行を企画、実施しています。

ちょうど先週も行っていたグループがあるのですが、実名を出して掲載しても
構わないという許可を頂いたとのことで、添乗に行ったM課長から膨大な写真を
提供いただきました。

実際に行ったわけではない私が写真を選んだり文章を書くというのも
おかしな話なのですが(^_^;) 、M課長への取材を元に、このツアーの
内容をちょっとだけご紹介したいと思います。



今回ご参加いただいたのは、東洋大学 国際観光学科の学生の皆さんです。

研修を行うのは、「マレーシア航空アカデミー」(フライトアテンダントを目指す
学生の他、一般企業などにもサービス教育プログラムを提供する訓練センター)。
世界中の人がプログラムを受けにやって来ます。

ということで、いざ、マレーシアのクアラルンプールへ!
collage_kul.jpg

ここが、研修会場の「マレーシア航空 MASアカデミー」です。
160225_8.jpg 160224_1.jpg

研修は一般的には3日間コースで、毎日9時から17時のランチ付き。

アカデミーのカフェテリアには、さまざまな宗教や国籍に対応できる料理が
用意されています。
↓ここは東洋大学の学生さん向けビュッフェコーナー。
IMG_0707.JPG IMG_0703.JPG

それでは、研修の内容をご紹介いたしましょう。

■メイクアップとマレーシア航空独自の髪型のお勉強
 
プロによるヘアメイクや、メイクアップの指導が受けられます。
160223_2.jpg  160223_3.jpg
本当のキャビンアテンダントのよう!


■機内アナウンスの練習風景

160225_2.jpg  160225_3.jpg


■非常着水訓練中。

泳げない方でも参加できます。
160225_4.jpg 160223_7.jpg

■救急

いざという時の応急処置の大切さを学びます。きっと普段でも役に立つでしょう!
160225_5.jpg  160225_6.jpg


■緊急脱出訓練

意外と、うまく滑るのは難しいんです。
前かがみになって、腰ではなくお尻で滑るのがコツです。
160225_7.jpg    160223_11.jpg


3日間の実のある訓練を修了した暁には、マレーシア航空よりオフィシャルの
修了証が、個人の番号付きで授与されます。
160223_13.jpg

就職活動に有利・・・・・・かもしれませんヨ。

今後は、現役の学生さんだけではなく、かつてキャビンアテンダントに
憧れていたという大人(熟年?)の方向けのツアーもやります!
男性も参加可能ですので、是非参加して下さいね。

160225_1.jpg

東洋大学の皆様、ツアーへのご参加と、写真のご提供ありがとうございました。

是非将来、この中からマレーシア航空のキャビンアテンダントが誕生
することを、トラベル日本一同祈願しております。

M課長・談(代筆・トラぽん)でした!

沖縄レポート

お久しぶりの登場、みにトラポンです!

先日、沖縄に添乗したのでレポート致します。

まずは、ひめゆりの塔。

140423_1.jpg

語り部さんからお話しを聞くことが出来ました。

今でも戦争の経験者の方が生きてて、実体験を聞けるって、戦争はまだ
最近の出来事だなと思いました。

今朝、アメリカのYahooニュースの記事で"未来の人が見た今"と言う記事があり、
911や日本の津波、イラクの記事について書いてありました。

ひめゆりの塔に行ったばかりなので、改めて戦争は起きるべきではないなぁーと
感じながら今朝ニュースを読んでいました。

と、少し話はそれましたが。。

140423_2.jpg

国際通り。夜も賑やかでした!

140423_3.jpg

Blue Sealアイスクリーム。

今では羽田空港にもありますよね!
フレーバーがピスタチオやマンゴーと沖縄らしさが出てるアイスクリームを
堪能出来て大好きです。

140423_4.jpg

ハブ酒。飲んだことないです。
今回も添乗だった為、ハブ酒に縁がありませんでしたが、沖縄に行った際は
飲んでみてください。

140423_5.jpg

美ら海水族館!!

とても広い。2005年にアメリカのジョージア水族館が開館されるまでは世界最大の
水族館だっただけあります。広くて開放的です。

140423_6.jpg 140423_7.jpg

この巨大生物。。イカです!
大きい。なんか信じられないですよね。でも、イカなんです。

140423_8.jpg

やっぱり、この透き通った海に太陽。あったかい気候。

4月上旬でしたが、既に海開きもされていました。

皆さん、週末の旅行の候補に沖縄は如何でしょうか!?

以上、沖縄レポートでしたー!

IN-N-OUT BURGER

2年に1回のペースで実施しているアメリカ流通セミナーツアー
も終了して早一ヶ月以上が過ぎましたが、いまだにお客様から
写真が届き、ありがたく感じてます。
 
今日はツアー中に食したハンバーガーの話をしたいと思います。
 
ツアーの3日目はラスベガスからロサンゼルスへ陸路移動でした。

このバス移動は個人的にとても好きで、下手に航空機で移動するより
も体が楽チンでお客様にとってもメリットのあるものだと思ってます。

確かに航空機ですと1時間強で移動できますが、国内線と言っても
2時間以上前には空港には行かなくてはなりませんし、荷物抱えて
移動して、しかも狭い飛行機ではよく寝れませんし、疲れるだけです。
でも快適なバス移動なれば、ゆっくり休めます。

約5時間という長さも丁度よく、ちょっと旅の疲れが出た体を癒す
絶好の機会となるわけですね。

それと、車窓からアメリカらしい風景を見れるのもGOOD!
どこまでも真直ぐ続く道路、荒涼した砂漠の風景、とにかくでかい
トラックなどをぼんやりと眺めながら移動するのは日本ではできません。
 
さて、本題のハンバーガーの話ですが、当初はバストゥのアウトレットで
自由昼食にする予定でしたが、コーディネターの先生から折角だから
美味しいホットドッグかハンバーガーでも食べようか、と打診があり
早速、iPadで検索すると「IN-N-OUT BURGER」がトップベージに
出てきます。

これどこかで見たことがあるなぁと思い、今回の参加者
に西海岸でビジネスを展開している社長さんがいらっしゃるので
聞いてみると、安くて美味しく、冷凍食材を使わないのが売りとのこと。
 
バスドライバーにも聞いてみるとアウトレットのすぐ近くだよ、ということ
で迷わず決定。ちなみにIN-N-OUTはイナナウト(イネナウトとも)と発音。
 
アウトレットを視察後、腹ペコの我々はいよいよお店に。

140403_1.jpg

昼時ということもあり人が一杯
140403_3.jpg 140403_8.jpg 

レジの前には行列ができてます。何にしようかな。
140403_2.jpg   
 
メニューは至ってシンプルで「ハンバーガー」と「チーズバーガー」いわゆる
ダブルバーガーの「ダブルダブル」と「フレンチフライ」の4つだけ
140403_4.jpg

聞くところによると肉の量を変えたり、トッピングを追加したりと
裏メニューもあるようですが、我々一般観光客はそんな知恵はありません
ので、自分はダブルダブルのドリンク付のセットメニュー1番をチョイス
 
140403_5.jpg
 
注文を受けてから調理を始め出来立てを出すシステム
出来上がると自分のレシート番号が呼ばれます。
スタッフはキビキビ動きちょっと驚き。あの緩慢な動きではありません。

140403_6.jpg 140403_7.jpg
 
これがダブルダブルのセット
ダブルバーガーとポテトにドリンクがついて$7.24(TAX込み)800円
 
トマトが厚くオニオン、レタスもシャキシャキしていて出来立て感があります。
バンズは柔らかめ、お肉はジューシーでボリューム満点。
 
ポテトはジャガイモの味がストレートに感じる薄塩の素朴な味。私は気に入り
ましたが、マックと比べると好みは分かれるかも。
 
イナナウトバーガーは創業は40年以上前のようですが、まだ300店舗に満たなく
地域限定の店舗展開をしています。フランチャイズ形式は取らず全て直営店という
のが経営哲学とのこと。
 
お客様はもちろん大満足でした。
こんなことができるのも、アメリカ旅行の醍醐味の一つかな
次回もチャンスがあれば行きたいですね。
 
終り

バンコクNOW -デモグッズで大繁盛?!-

こんばんは。

前回のブログを読んだ某上層部から、このように言われました・・・

「監督職研修も受けたことだし、今度はくまモン"営業部長"に預かってもらって
部長を目指しますって宣言したら?」

          !cid_00@140131.jpg    

  • (;・∀・) ええと・・・ それはですね・・・ モゴモゴ

気を取り直して、先週、本当の部長(S部長)がタイのバンコクに行って来ましたので、
テレビだけではわからない生の情報を聞いてみました!


thai_bar1.jpg

時は、1月26日()。

140126_2.jpg

やはり週末のデモは参加が多く規模が大きくなるようです。

S部長「集会に自ら近づいたのではありません!
     たまたま夕方ホテルに帰る途中にルンピニ公園の近くで大規模な
    集会がありましたので、さっと撮ったものです。
    あのステープ元副首相が演説してました。」

140126_3.jpg  140126_4.jpg

S部長「バンコクは道路のいたるところに露店がありますが、どこもデモ行進のときに
     身に付けるグッズを売ってます。商魂のたくましさを感じましたね。
     1個20バーツでした。」

その、噂の"デモグッズ"、お土産に頂きました(^o^;) ↓↓
140126_5.jpg

笛にリストバンド、ブレスレットにカチューシャまで・・・いろいろなものが
あるようです。
"デモグッズ"というより、普通に"タイのお土産"で通用しそうですね!

報道の写真などをよくよく見てみると、確かにデモ隊の方はこのような
"グッズ"を身に着けていました。

S部長「日本の報道(新聞,TV)からは、バンコク全体が騒乱状況にあるような
     印象を受けますが、実際は全く違い、一部の限られた地域だけのものです。

     大半のタイ人は普段どおりの生活をしてます。
     ですからバンコク滞在中は、「非常事態」というのは全く感じませんでした。

     ただ、唯一困ったのが交通渋滞です。

     もともとバンコクの交通渋滞は深刻なのに、反政府派の道路封鎖が
     ところどころで実施されているためどこに行くにも時間が掛かります。

     特に夕方はひどいですね。
     ツアー中は日程の一部修正をしたり、夕食レストランの場所を変えたりしました。」


そういう中でお客様も、本当に行って良かったと満足され帰国されたとのことです。

S部長「今はタイのベストシーズンなのに残念な状況ですが、親日国のタイを愛する
     一人として一日でも早く情勢が良くなることを祈ります。」


140126_6.jpg

thai_bar1.jpg

S部長、タイを愛していたんですねー。
お話、ありがとうございました。

今度はケニアを愛するスタッフにブログの執筆を依頼中ですが、
どうなるでしょう・・・

それでは皆様、良い週末を(^o^)ノ

石和温泉

みにトラぽんです( ´ ▽ ` )ノ

最近寒くなってきましたね。

お鍋やら...温泉の季節ですね!

ということで、この前添乗で石和温泉に行きました。

千娥滝という観光スポットを一枚☆

121107.jpg

山梨は空気が澄んでいて、滝の周りは特に気持ちよかったです。

夜は宿へ。

空気が澄んでいる夜、朝の露天風呂は堪らないですね。( ´ ▽ ` )ノ

お仕事でいったので、のーんびりheart.gif

とは行きませんでしたが、宿も素敵でした。

皆様、少しゆっくり温泉でも...

癒されたいな...

と思いましたら、是非石和温泉、如何でしょうか。

以上みにトラぽんよりレポートでした♪

ハワイより -from Hawaii-

みなさまこんばんは☆

今日は、添乗でハワイに行っているスタッフから新スポット情報が届きました♪

アメリカ料理のカジュアルレストラン、ハードロックカフェ(Hard Rock CAFE)です。
日本にも何店舗かありますが、皆さまご存知でしょうか?

こちら(↓)は、昨年9月にホノルルにオープンしたHard Rock CAFE。
201205291813000.jpg

 
そのスタッフからのメッセージによると・・・

「Hard Rock CAFEは以前からありましたが、場所がアラモアナだったので
行きにくく、行こうと思わなければきっと行かない場所でした。
それが、再開発されたビーチウォークに店構えもかっこよくなって移転しました。
 
ワイキキにいればどこでも徒歩圏内。
しかもかなり以前より広くなったし、座席もカウンターやテーブル、ラナイなど
前よりカテゴリーが増えてましたよ。」
 
とのことです!

ちなみにガイドブック等にはまだあまり載っていないそうです。
ホノルルに行く予定のある方、チェックしてみてはいかがでしょうか(^o^)?

おまけ。
↓本日のワイキキビーチ
CAXCE568.jpg

鹿児島

昨日、M先輩が日帰りで鹿児島へ出張に行って来ました。

そのM先輩は本日多忙のため、取材をさせていただき、私トラぽんが代わりに
ブログを書かせていただきますm(_ _)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★鹿児島レポート★ 

SN3P00460001.jpg

上の写真は、「いおワールドかごしま水族館」で見たジンベイザメです。
この水族館の一番の売りのようです。

夏休み中なので親子連れで混雑していましたが、楽しいところです。
イルカのショーもやっていますが、仕事なのでゆっくりは見れませんでした・・・

ちなみに「いお」とは鹿児島弁で"魚"という意味・・・だったと思います。

その後、桜島フェリーで桜島に渡りました。

↓こちらは、フェリーから見た桜島です。
SN3P0048.jpg

島では桜島大根が有名ですが、農業だけではなく鹿児島市内の会社に通っている
方も多いので、このフェリーは生活路線となっていて、10分に1本位は出ています。
所要時間は15分ぐらいなので、車を降りない人も多かったです。

SN3P00510001.jpg

島内に入り、有村展望台から見た桜島です。
ガイドさんの話だと普段でも灰が降るので洗濯物は干せないそうです。

桜島は初めてでしたが、間近に見ていろいろ考えるところがありました。

日帰りだったのでとても慌しく、今度は温泉に入ったりしてゆっくりと訪れて
みたいです。

おわり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、M先輩、写真と忙しい中での取材協力ありがとうございました(*^o^*)


タイ・カンボジア添乗

さてさて トラぽん さんが予告をしていましたが、遅ればせながらタイ・カンボジア添乗の話です。110605_104248.jpg

出発は6月5日(日) もう一ヶ月前ですね...

今回の添乗ですが、労働組合関係の方々による工場見学がメインで

参加者は東京・大阪の2都市から22名が参加されました。

私はタイ航空で東京からバンコクへ飛びました。

震災の影響で午前出発の1便が欠航になったため、ジャンボ機でも満席でした。

6月6日(月)は午前・午後と企業視察(工場見学)。

現地駐在員の方に案内をしていただき、皆様有意義な視察となったようです。

6月7日(火)は午前中バンコク市内見学をしました。

110607_104204.jpg

エメラルド寺院?王宮?涅槃寺?暁の寺を巡り、右のは暁の寺の写真です。

この時期は雨期でしたが、日中は何とか天気も持ちこたえ夜中にスコールのような

雨が降るという感じで観光にはほとんど影響が出ませんでした。

バンコクの観光を終え、その日夕方の便でカンボジア・プノンペンへ移動。

6月8日(水)は義肢装具師養成学校を訪問。

地雷を踏み手や足を無くしてしまった人が利用する装具を自国で作成するための

技師を養成する学校です。

110608_154436.jpg

 

この日も夕方に移動があり、アンコール遺跡のある

シェムリアップへカンボジア航空で移動しました。

久しぶりにプロペラ機に乗りました。   

 

110609_142720.jpg

 

6月9日(木)は朝からアンコール遺跡観光です。

午前中にアンコール・トムの観光をして昼食。

天気に恵まれたのは良かったのですが、気温は日本の真夏並み。

参加者の皆様は少々お疲れモードです。

昼食後一旦ホテルへ戻り、シャワーを浴びチェックアウト。

その後アンコール・ワット観光です(右写真)。

夕方5時から早くも夕食。

食事中にスコールに見舞われ、レストランも水漏れが...

意を決して土砂降りの中レストランを出発。この日にバンコク経由で帰らなければならなかったのです。

何とか空港へ到着。経由のバンコクも大雨で大変でしたが、何とか6月10日(金)朝に成田へ到着。

暑い日が続きましたが、体調を崩されたお客様も無くすべて無事終了!

アンコール遺跡は是非一度訪れてみてはいかがですか?

 

何もしない贅沢

clip_image002.jpg

このような風景の写真をガイドブックに見つけて、雰囲気を味わおうと行ってみました。

皆様、ここはどこか分かりますか?

タンザニア、ザンジバル島の東部、パジェのビーチです。

成田空港より関西空港、ドーハ経由、ダルエスサラームまで乗換時間含めて
22時間25分。
ダルエスサラームよりフェリーで2時間強。
到着した世界遺産の街、ストーンタウンよりタクシーで1時間10分。

このヤシの木とビーチの風景を見てみたくて丸2日滞在しました。

今まで何にもしないつもりで海外のホテル(今回はバンガロー)に宿泊した事は
無かったのですが、日本での忙しさから逃避するには最高のロケーションです。

でも長く居すぎると社会復帰出来なくなります。。。(笑)

カタールでのできごと

少し前のお話になってしまいましたが、このブログ(1月31日付け)にも書かせていただきました、
サッカーアジアカップ決勝の日。
ちょうどその日にカタールのドーハ経由で帰国の添乗員が、サポーターの方と同じ便になるのでは・・・と
話していた件ですが、その添乗員からレポートが届きましたので紹介させていただきます!

 

☆☆☆添乗員レポート☆☆☆

1月29日(土)20:00過ぎ。ドーハ空港到着。

既に結果は出てるはず。。。

同行のお客様は携帯で結果をチェック、
延長戦で0-0・・・という状況で手荷物検査場へ。
 
手続きを終わり、次の出発ゲートを案内して、一時解散したのが延長後半終了の10分前!
一直線に空港内のモニターへ。

結果は良かったのですが、残念ながら決勝ゴールはリプレイでした(T_T)。
隣では悔しがるオーストラリア人。。。"o(><)o"
 
その解説をしていたサッカー解説者、元Jリーガーも
同じフライトで帰国でした(声は掛けませんでしたが)。
 
機内では数名、それらしきサポーター、ユニフォームを着ていたのは1名でしたが。
 
成田空港の荷物受取所ではユニフォームを着ていたサポーターは、
日の丸を出して、早速記念写真を取っていましたよ。
 
その解説者、元Jリーガーはその日の深夜、日本のサッカー番組に
生出演!!大変なお仕事です。。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

タンザニアからの帰国は大変な長旅で、時差ボケならぬ"アフリカボケ"が
いまだに続いているとのことです・・・。
お疲れ様でしたm(_ _)m

次回は、タンザニアでのレポートをお届けする・・・予定です。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29