秋の京都2017・その2 -瑠璃光院訪問記-

皆さま、こんばんは!

一昨日は写真の準備不足で短い内容になってしまいましたが、今日は文章が
多めです。

前回ご紹介した瑠璃光院についてのおまけで、「恐るべし"インスタ映え"パワー」に
スポットを当ててお届けしたいと思います。
前回のブログの写真を撮るまでの裏話などなど、です。

注・瑠璃光院に行ってみたいという方には参考になるかもしれませんが、
そうでない方は興覚めになりかねないので読まない方がいいかも(^_^;) 



まず、瑠璃光院の場所ですが、京都市中心部からは離れていて
(バスで50分位)、比叡山行きのケーブルカー乗り場の近くにあります。

旅行に行く前のこと。インスタグラム Instagram.jpgで話題の場所だけに、
紅葉の状況について、私もインスタグラムのいろいろな人の写真投稿で
情報を収集していました。

すると、紅葉の状況以外に、拝観について尋常ではなさそうな状況が
見えてきました。

あまりの人気に、朝一番で行かないと待ち時間が3時間になったりするとか、
午後に行ったらチケットが完売で入れず、などという投稿が目につきました。

どれだけ混んでいるんだ。。。(´゚д゚`)

というわけで、私たちは2日目の朝一番に訪問にすることに決め、いざ出発!


拝観時間は9時からですが、それより前の8:50位に到着。
その時点で、拝観は「9:30」の整理券でした(=待ち時間40分)。
171126_2.jpg  171126_13.jpg

ここで拝観料を払いますが、拝観料はなんと2,000円(T_T)

整理券制なので、集合時間までに戻れば、同じ場所で待ち続ける必要はありません。
その点は列に延々並ぶよりは良心的(^_^;)
でも、山の中で周りには特に何もないのが難点...

集合時間に集まったら、同じ時間帯の人たちでお寺までゾロゾロ歩きます。
思っていたより距離がありました。

お寺の前に着いた後も、さらに待ち時間が。
というのも、お寺に入る人数も2人ずつなど少人数で区切っているからです。
171126_7.jpg  171126_8.jpg

お寺に入ると、順路はまずメインの書院2階(紅葉が写経机に反射している所。
前回のブログ写真の場所)へ。
やはり人だかりです。

ここでの写真撮影は時間制。

最前列の人の撮影時間制限はなんと30秒!
係の方がストップウォッチで計って「あと10秒です」とまでやる徹底ぶり。
日本語のわからない中国人のため中国語のスタッフもちゃんと案内しています。

美しい景色の反対側は、実はこんな光景・・・
171126_3.jpg

時間が来たらどいて2列目の人が前に出て・・・「はい(撮影)どうぞ」という
完全流れ作業です。

たった30秒で撮影しなければならないとは。。。難しい!
この対応にはついつい苦笑してしまいますが、前の人が全然どかないストレス
よりはよほど公平で良いと思いました。それにしても皆さんの撮影の真剣度が物凄い。

↓こちらは、1階に下りたところで、「瑠璃の庭」。とても美しい庭です。
171126_4.jpg

ここは特に写真を撮るのに制限はありません。
一見、静かな庭をしっとりと眺めている・・・という印象かもしれませんが...

↓実際はこのようになってます。みんなインスタのためなのか?!真剣そのもの。
 いい場所で撮るのは容易ではありません。
171126_5.jpg  171126_6.jpg

お寺の中は意外と広く、他にも見所がいろいろあります。

私たちは滞在1時間程で外に出ました。

その時点(10:30頃)で、整理券は既に「12:30」(=2時間待ち)となっていました。
早起きは三文の得(^w^) ウシシ


もしも2時間もの待ち時間となってしまったら、その間に近くにある蓮華寺を
訪れてみてはいかがでしょうか(私たちは瑠璃光院の後に立ち寄りました)。

瑠璃光院からはバスの停留所で1つ分離れていますが、十分歩いて行かれます。
171126_10.jpg


ここも庭が絵画のようで大変美しいです。
171126_11.jpg

しかし、瑠璃光院と同じインスタ狙いの人が行っているのか、写真好きの人が
あまりに多いのか、異様な光景はここでも。
171126_12.jpg

こういう場所では大抵は縁側に座って庭を眺めるものではないでしょうか??
実際最初は縁側に座っている人も何人かいたのですが、その人たちがたまたま
誰もいなくなった瞬間が訪れると、みんな素晴らしい一体感(?)で、
ここぞとばかりに↑写真のような後方から(紅葉の"額縁"効果を狙ってですね)
一斉に凄い連写で撮りまくる撮りまくる(^_^;)
しかも無言... 

えー、既にお気づきかと思いますが、他人事のように書いている私も
その中の一人だったりするわけで(^_^)

で、こんな状況で縁側に座ろうという勇気のある人は、中国の方も含めさすがに
いませんでした(汗)

そんなわけで、今回は昨今のカメラ人気の高さを目の当たりにしました。
"総カメラマン"のようで、一昔前とは全く異なる様相ですね。



長くなりましたがこれで今年の京都レポートを終わります。
...あっ、ブログに載せた写真は2日目のものばかりで、M課長とご一緒した
1日目の写真が1枚もありませんでした(^_^;) !!

それではまた(^o^)ノ

秋の京都2017・その1(?)

171126_1_2.jpgこんばんは!
今年も行ってまいりました、秋の京都。
気がつけば4年連続・・・。すっかり京都ツウ(・・・と思っているのは自分だけ(・・))

元々今年は行くつもりはなかったのですが、M課長がちょうどいい日に
仕事で京都に滞在しているという情報をキャッチ。

"これは!"と思い、いつも旅行に一緒に行く先輩と2人で合流して、
M課長にも一日だけ観光におつきあい頂きました。久々の「旅行会」です♪
(後輩思いのM課長!朝早くから私たちのために、京都駅でのコインロッカーの確保
ありがとうございました!! m(_ _)m お陰様でとってもスムーズに観光が
スタートできました♪♪)



さて、今年の京都の紅葉のトレンドは写真の場所です。 

皆様、どこだかわかるでしょうか??



・・・この場所は「瑠璃光院」というところです。

ここ、今まではガイドブックや紅葉マップにも記載がなかったり、
載っていても扱いは小さくて、決してメジャーな紅葉スポットでは
なかったと思うのですが、 昨今騒がれている「インスタ映え」で、
インスタグラムから一気に人気に火が付いたという、最近に多い
典型的な例なんです。

今年はついに、あるガイドブックで表紙を飾るまでに昇格(^_^;)して
いました。

二階の書院から望む紅葉が一幅の絵のような美しさなのに加え、光によって
机に紅葉が反射している様子がまさに絶景。本当に見事です。

ただ・・・

この写真を撮るに至るまでには一苦労あり('・・)、そのあたりの話を
次回書ければ書きたいと思います。
ちょっと見る目が変わってしまうかも!?

それではまた次回☆

深まる秋

171103_1.jpg

171103_2.jpgこんばんは。
やっと晴れました!東京の週末。
こんなに晴れた週末はかれこれ4週間ぶりくらい
でしょうか。

毎年10月にある恒例の「日本橋・京橋まつり」も今年は台風で中止になってしまいました。

会社の先輩がずっと「洗濯ができないーー!!」と真剣に悩んでいましたが、やっとそのストレスからも解放されたことでしょう(^_^;)



久しぶりの晴れでしかも3連休!
ということで、ドライブに行って来ました。


写真は、神奈川県の仙石原(箱根)のススキ草原です。
関東でも最大のススキの名所で、広さは18ヘクタールもあるそうです。

ススキが美しいのは何といっても夕暮れ時、太陽が当たって黄金色に
輝く時間帯ですね♪

夕暮れ時が黄金なら、昼間はまるで白銀の世界♪ また違った趣があります。
171103_3_2.jpg  171103_5.jpg

ちなみに、逆光だとこんなに白く光り輝いて見えるのに、順光だとただの
枯れ草にしか見えない・・・(・_・)オヤ?
その違いは歴然です。

ススキの美しさを楽しむ時は、太陽に透かすように眺めてみましょう!
☆.。キラキラ☆.。キラキラ☆.。 
穂が宝石のように輝いて、それはそれは綺麗です(人*´∀`)

秋の深まりを実感した一日でした☆


ところで・・・
今回、高速道路もそれなりの距離走り、大きなサービスエリアにも立ち寄ったのですが、
先月から交付が始まったという"オリンピック仕様"のナンバープレート(神々しいやつ)には
ただの一台も出会いませんでした。

え?交付、始まってますよね・・・??

普通に見かけるようになるのはもう少し先、ということでしょうか。

那須花(ナスカ)の地上絵


171008_1.jpg


171008_2.jpg
 

















こんばんは。
行楽にぴったりな季節がやって来ましたね。

そんな3連休、栃木県の那須へドライブに
行って来ました。

那須高原スマートICから約12分の場所にある
「那須フラワーワールド」です。

手前の那須ICは出口が1km渋滞していましたが、
サービスエリアにあるスマートICを使えば、
近いし渋滞もなくスイスイ♪



171008_8.jpg

季節によって様々な花が植えられるのですが、
今の時期は何といっても、燃える炎のように
鮮やかなケイトウが圧巻です!!

赤・黄・ローズの3色。


後ろに見える那須連山によって、
高原だぁ!と実感。





171008_14.jpg



     別のエリアではベゴニアが満開!











171008_3.jpg



ベゴニアとケイトウがまるでパッチワーク!

「那須花(ナスカ)の地上絵」と呼ばれるのも
納得です('∀')









171008_4.jpg


メルヘンの世界に入り込んだように造り込まれた
庭園。












171008_5.jpg



ブルーサルビア、ホワイトサルビア、
普通の(?)赤いサルビア、ケイトウの
コラボ。











パッチワークを構成してはいませんが、他にもいろいろな花が見頃です。

ダリア達。
171008_6.jpg  171008_10.jpg  171008_9.jpg  171008_12.jpg


コスモスや、お洒落な植え込みも。蝶ものどかに舞っています。
171008_11.jpg  171008_13.jpg


171008_15.jpg


今回、家から4時間かけて行き、ここ1ヶ所しか
立ち寄りませんでしたが、十分満足できました♪

ドライブマップなどにも載っていなくて、
どうなのかなぁ・・・と思っていましたが、
お客さんも少なくて、ゆっくりと静かに絶景を
堪能することができます。

穴場です!

また別の季節に行ってみたいなぁ。。。


「地下謎への招待状 2017」


IMG_20171001_0001.jpg今年も始まりました!

東京メトロの謎解きイベント「地下謎への招待状」。
私の中ではもはや秋の風物詩となりつつあります。

昨年初めて挑戦して、来年も!と思っていたのですが、
あまりにも気合が入り過ぎて待ちきれず、今年はなんと
イベント初日に早々に挑戦してまいりました!



東京メトロ内の指定5駅のどこかの定期券売り場で謎解き
キットを購入したら、謎を解いてその駅に向かい、そこで
また謎を解いて・・・という流れは変わらず。

例によって謎の内容やどこに行ったかを書くわけに
いかないので、ブログとしてはあまり用をなさないのですが(^_^;)、
これだけは事前に公式サイトでも公表されているので
書いても良いかと思うのが・・・


世界初!
謎付きミネラルウォーター」専用自動販売機!
イベント期間中、六本木一丁目駅近くに設置されています。
171001_1.jpg 171001_2.jpg


このミネラルウォーターの購入金額(¥100)もイベント参加費として
キット代とは別に記載されていて、これが「地下謎」を解くのに重要な
役割を果たします(地下謎イベントに参加していない方が購入しても、
ミネラルウォーターに付いた謎を解くという楽しみはできるようになっています。)

今年は昨年以上に趣向を凝らした謎の仕掛けや、答えがわかった時の爽快感(?)に
驚くやら感心するやら・・・ラストを解き明かした時は、うわぁあ!と
感動すら覚えました。

昨年体験したため少し解き方の勝手がわかり、昨年のような時間のロスもなく、
朝9時にスタートして、お昼の時間を含めても約5時間でクリア!となりました。
・・・が!
最後の問題だけはギブアップでヒントを見てしまったり(・_・)、
他の問題でも完全制覇とはいかず悔しさも残りました...。
まだまだ修行が足りませんなぁ。

昨日は初日でしたが挑戦している方が大勢いて、どこに行っても謎キット軍団(?)と
すれ違うのは相変わらずちょっと困りものですが、一日とても楽しめました♪

さて・・・

一体どんな問題が出るの?という方のために、もう終了している昨年の問題から
一つだけ紹介します(見たくない方は注意!)。

昨年、謎に導かれて訪れた場所の一つに、日比谷公園がありました。
先週、日韓交流おまつりで行った公園です。)

日比谷公園に着いたらまず一つの謎を解いて、それから(↓)の通り、
公園内を指示に従って進みます。
IMG_20171001_0002.jpg

問題は、「イチョウのない場所を読め。
下には変な図。

これは何を意味するのか・・・広い公園内、木はたくさんあって
どれがイチョウの木かなんてよくわからないし・・・一体この図は・・・

しばし茫然。

途方に暮れて自分がいる場所を見渡してみると、ふと、あることに
気が付きました。

図のオレンジの四角は、設置されているベンチを表しているのでは??

そこで、周辺のベンチを見てみると、置かれた間隔も数もまさに図の通り!
(* ̄ー ̄)v ヨシッ!

・・・しかし、「イチョウがない」とは何のこっちゃ。




(・_・ ) ( ・_・) キョロキョロ...




あっ!!!

ベンチの下に「イチョウ(の飾り)」があるーーー!
しかも隣のベンチには「イチョウがない」!
161010.jpg

こうして無事に答えを導き出せたのでした。

先週、日比谷公園に行ってベンチに座った時、一年前のこの問題を
思い出しました。
こんなことでもなかったら、ベンチのイチョウ(有る、無い)に
気が付くことはなかったのではないかと思います。

そんな、普段は気が付かない面白い東京(大げさですが...)を発見できるのも
地下謎の大きな魅力です。

今年は、銀座線の中吊にも10種類の謎が登場する企画があるとか。
昨日はお目にかかれませんでしたが、まだ4ヶ月あるし、通勤の時に
乗れたらいいなぁ。。。

 

スタッフHMのハワイ便り -第2便-

170927_1.jpg

こんばんは!今日もハワイから写真が届いています♪

「今日のハワイ」はダイヤモンドヘッド。
ダイヤモンドヘッドといえば、ハワイのシンボル的な存在である火山ですね。

山頂から見る朝日やワイキキの街並みの絶景が素晴らしいスポットです。
170927_2.jpg  170927_3.jpg  170927_4.jpg

ハワイに行ったら登ってみたい!と思っている方も多いと思いますが・・・

このダイヤモンドヘッドのトレイル(登山道)は、現在(12月15日まで)、
月曜から金曜の平日12:00-18:00の午後の時間帯は閉鎖されていますので
注意が必要です!
理由は落石防止工事のためだそうです。

170927_5.jpg

土日祝日は大丈夫とのことですが、行こうと思っている方は
最新の情報をチェックして下さいね!

以上、最新のハワイインフォメーションでした。

スタッフHMのハワイ便り

こんばんは。

昨日に続き、休暇でハワイに行っているスタッフ(ここでは通称"HM"と
しましょう)から写真が届きました♪

わたくしトラぽんが、彼になり代わってレポートいたします。

まず、本日は西海岸の秘境を探検。

■ピルボックス
170926_1.jpg  170926_2.jpg

ここは・・・かなりの絶景ですね!

「ピルボックス」とは、第二次世界大戦中に造られたコンクリート製の
防衛陣地(トーチカ)で、オアフ島に点在しています。
(写真では、ピンクの建物)

敵を見下ろすために高台に建てられており、今では、絶景が見られる!と
いうことでハワイの隠れ人気スポットとなっているのだとか。

登るのは少々大変そうですが、こんなところでのんびり海を眺められたら
最高ですね...


■マーメイドケーブ
170926_3.jpg  170926_4.jpg

ハワイ版「青の洞窟」!?
という生易しいものではないようです。

ゴツゴツ恐ろしげな岩の穴を下りて行ったところにあるという洞窟。
まさに「探検」という言葉がふさわしい・・・

まるで人魚が棲んでいそう!?とSNSで話題となっている隠れスポットです。


夜は、タンタラスの丘からの夜景を堪能。ハワイ一美しいといわれる夜景の名所です★
170926_5.jpg  170926_6.jpg

・・・と、わたくし、まるで自分が体験したことのように書いていますが、
実際は全くちんぷんかんぷん(?)で初めて聞く場所ばかり...(^_^;) あぁ、旅行会社失格。。。

今回写真をもらって調べて、知られざるハワイを知った思いがしました。


以上、「本日のハワイ」(時差が19時間あるので実際の日付は一日遅れの
25日ですが...)のコーナーでした♪


日韓交流おまつり その他もろもろ

こんばんは!
今日は話題があちこちに飛びますがご了承ください(^_^;)

まず、昨日は、日比谷公園で行われている「日韓交流おまつり」に
会社の飲み仲間女子3人で行って来ました。

このおまつりを主催している方が当社とゆかりの深い方で、
会社にもポスターが貼ってありました(イベントは昨日で終了しています)。

170924_1.jpg IMG_20170925_0002.jpg

お昼はだいぶ過ぎた時間に行きましたが、大勢の人で賑わっていました。
170924_2.jpg

ステージではさまざまなショーやクイズ大会などをやっています。
クイズに優勝すれば、ソウル行きの航空券がもらえます!
170924_10.jpg

韓国料理の屋台もたくさん。
170924_8.jpg  170924_9.jpg

マッコリの試飲です♪ 桃、バナナ、チーズ!(@_@)味のマッコリ。
もちろん買うこともできます。
170924_3.jpg  170924_4.jpg

私たちはかなり長い間滞在して、飲み・食べまくりました。
途中からは、段ボールをもらって来て下に敷き、まるで宴会(^_^;)
170924_5.jpg  170924_6.jpg

平昌(ピョンチャン)オリンピックのマスコット。なかなか可愛いです(*^o^*)
このエリアにはいろいろな体験コーナーがありました。
170924_7.jpg

そして、一番の目玉は、夜に行われるK-POPのシークレットコンサート。
4組登場しますが、誰が来るのかは明らかにされていません。
また、事前抽選制なので、当日に行っても席は取れません。聞くところによると
倍率はもの凄いそうです。
170924_11.jpg

誰が出るのか、どこからか知られてしまうようで、これを見るために
朝の8時には立ち見席に並んでいる方が大勢いたとか。
コンサートは周りからでもチラ見することはできるのですが、
撮影禁止のためこれ以上の写真は残念ながらありませんm(_ _)m

昼間から飲めるのをいいことに、少々飲み過ぎてしまった私たちでした。



そして今日は、先日ブログでも紹介した、自分たちが作ったビールが
届きました♪

20本。こんなにちゃんとしたケースで届くなんてビックリ!
ラベルも専用です。
170925_1.jpg  170925_3.jpg

果たしてちゃんとビールの味になっているのか・・・
若干不安がありますが、飲んでみたいと思います。



最後のコーナーは「今日のハワイ」。

今、夏休みでハワイに行っている、私のチームのスタッフが送ってくれました。
出発前に何気なく「ブログ用に写真でも送ってよー。」と言ったら
本当に送ってくれました。感謝(^o^)
でも、ハワイには詳しくないわたくし、ただ載せることしかできず・・・(・_・)

170925_4.jpg  170925_5.jpg    
170925_6.jpg  170925_7.jpg

天気もよくて虹も綺麗ですね☆
最後の神社なんて、日本にしか見えませんが・・・
(唯一、ヤシっぽい木がハワイを思わせる)
ハワイ出雲大社なるものがあるんですね。調べて初めて知りました。



今日は何だかまとまりのないブログとなってしまいました。
なぜ、話題が無い時には全く無くて、ある時にはいくつも集中するのでしょう...( ´Д`)

さて、そんなことを書いている間に、会社に残っているのも私一人と
なってしまいましたので、本日はこれで失礼いたします。

それではまた!


大荒れの3連休

170918.jpgのサムネール画像  170918_3.jpg

こんばんは。

この3連休は、台風のためにお出かけや出張の予定など変更せざるを得なかった
方も多いのではないでしょうか?

私も、本当は中日にドライブでも行こうか・・・と思っていたのですが、
その日が一番暴風雨が酷そうでしたので、急遽、最終日の昨日に変更しました。

昨日は、台風一過の素晴らしい天気で気温も真夏並み!
・・・ということで富士山方面へドライブ♪

咲いている花たちは台風で倒されてしまう被害も出ていましたが、
青空に映える富士山とメルヘンチックで平和な風景と・・・
で、のんびりした時間を満喫
できました(^∀^) 

ところで、トライブといえば昨日高速を走っていて話題に
なったのですが・・・

10月10日から東京オリンピック仕様のナンバープレートが
交付されるそうですね!(キラキラ模様?のやつ)

はたしてどのぐらいの車がオリンピックナンバーになるのでしょうか??
次のドライブ(いつになるかわかりませんが・・・)の時に
チェックしてみたいと思います!

本日は短いですが、また(^O^)



9月20日追記

先週は出張に出かけているスタッフが多く、連休明けにみんな
戻って来たら、お菓子コーナーが凄いことに!

各国のお土産が無造作に置かれて今にも崩れそう...(゚ロ゚;)
170920.jpg

こういうのを見ると、旅行会社だなぁと思います。
買ってきて下さった皆様、ありがとうございます! 内勤の私は食べる専門で m(_ _)m

癒しの空間

IMG_20170910_0001.jpg

こんばんは!

突然ですが、皆様は上のキャラクターのどれかをご存知でしょうか??
どれか一つくらいは見たことがある方が多いのではないかと思うのですが
いかがでしょうか。。。

左から、チーバくん(千葉県マスコットキャラクター)、クウネルくん
(雑誌『ku:nel』イメージキャラクター)、カクカク・シカジカ(ダイハツ
ムーブ コンテCMキャラクター)、Suicaのペンギン(JR東日本 ICカード「Suica」の
キャラクター)なのですが、実はこれ全部同じ方が描いています。

その作者の方が私の住んでいる市内の出身ということで、地元で作品の展示会を
やっていたので、昨日行ってみました♪
(7月からやっていたらしいのですが、地元の新聞に記事が出るまで知らなかった...)

「さかざきちはる おしごと展」
170910_2_2.jpg  170910_3_1.jpg
庭園も素敵なギャラリーです☆彡

こじんまりした会場ですが、展示の仕方がおしゃれ。
写真撮影OKなのがさらに嬉しいです。
170910_4.jpg  170910_15.jpg

元々、Suicaのペンギンは大好きで、グッズもあれこれ持っているわたくし、
可愛いペンギンのイラストを見ているだけで幸せな気分になります ヾ(*´∀`*)ノ ♪


↓ペンギンがチーバくんを描いている!! レア...
170910_5_1.jpg


他にも、思わず笑ってしまうような、ほっこりするイラストがたくさん
展示されています。

170910_8.jpg

170910_9.jpg

170910_7_1.jpg



続いて、千葉県以外の方にはほとんど知名度がないと思われる、
千葉のゆるキャラのチーバくん。
横を向くと千葉県の形をしているのですが・・・

どうやって今のキャラクターが出来上がったかの展示が興味深かったです。
170910_12.jpg  170910_11.jpg  170910_10.jpg

違う方向に行っていたら、下の右の写真のように、全然違うキャラになっていました!
デザインって奥深い・・・
170910_13.jpg 170910_1.jpgのサムネール画像



170910_6.jpg
  

  
     そんなわけで昨日は、仕事ですっかり疲れ切っていた心が
     みるみる癒された休日でした♪








さあ!気を引き締めてまた仕事を頑張るとしますか!

   キリッ
170910_14_1.jpg 



スライム再び。


皆様、こんばんは。

170819_11.jpg

先日このブログでも話題にした"スライムの目薬"ですが、前回品切れで
入手できなかった多くの人からの熱い要望によって、先週再発売されました。

実は、先日のこのブログを読んだ私の友人・知人が、ずいぶん前に
メールやLINEでこの再販売のことを教えてくれていたので、"発売日には
また新しく買わねば!"と心構えができていました(感謝...^^)。

今回は会社の人に頼まれていた分や自分用に、複数のドラッグストアに分けて
合計8個程買ったでしょうか(^_^;)
170817.jpg

そんなに買ってどうするの!?と言われそうですが、仲間が出来た
私のスライム目薬たち、どうやら旅に出かけて記念写真を撮って来たようです。

 170819_14.jpg

3匹で森の中へ・・・
170819_12.jpg

森の中をお散歩中。
170819_1_4.jpg

えっ?キノコの上に乗ってる!?
170819_7.jpg

切り株を発見。
170819_4.jpg

木の上にだって登ってしまいます。
170819_3.jpg 170819_13.jpg

ムラサキツメクサがたくさん咲いてる♪
170819_10.jpg

てくてく歩いて、今度はどこへ?
170819_5.jpg

水辺にやって来ました。
170819_8.jpg

最後は海にまで!?
170819_2.jpg


ちなみに、本日の"記念写真"はすべて我家の近くの公園 & 自宅でしたが、
メーカーの公式ツイッター(#スライム目薬が旅に出た)ではなんと海外にまで
旅に出てる・・・・??

もはや、完全に"目薬"じゃなくなってます...(^_^;)

 170819_14.jpgのサムネール画像


最後はゲームのコマンド引用で(※ドラクエでは、倒した敵が仲間になることがある)。
170819_9_2.jpg

ビール作り体験

こんばんは!
世間一般にはお盆休み真っ只中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は、この3連休の中の一日、会社の先輩に誘われて「ビール作り体験」を
して来ました。

170812_1.jpg

"体験"といっても侮ることなかれ!
かなり本格的な内容で、なんと丸一日かかるんです。

毎回5組(6人一組)の募集だそうなのですが、応募したメンバーによると、
なかなか当たらないとのこと。
今回はお盆期間で応募が少ないかと思いきや、それでも倍率は5倍、普段は
10倍近い時もあるそうです(ちなみに有料です)。

それが、今回やっと当選したとのことで、6人のメンバーに私も誘われ、
キリンビールの横浜工場まではるばる行ってまいりました!

ビールはどうやって作るの?という方のためにちょっと詳し目に
書きたいと思います。
(あっ、でもアルコール分1%を超えるお酒を個人でつくると酒税法の
違反になりますので注意!ですよー。)



※SNSへの投稿、インストラクターの顔出し歓迎との説明でしたので
 書かせて頂いております。



作れるビールは5種類の中から選べます。
チームで1つなのでここで喧嘩になると大変です(^_^;)

受付や注意事項の説明などが終わると、教室へ移動。インストラクターの紹介がありました。
170812_4.jpg

使う道具も本格的。料理用のタイマーが3つありますが、これをフルに使って
作業します。時間管理はとってもシビア!
170812_11.jpg

お湯を入れた鍋に、麦芽を入れていきます。2色ありますね。
170812_7.jpg  170812_6.jpg

麦芽は、乾燥させた時の温度で↓このように色が異なります。
作るビールによって、どの色の麦芽を使うかが変わって来ます。
例えば、黒ビールだとこの4色を全部使うそうです。
170812_3.jpg

温度と時間を厳密に管理しながら、麦芽の中の"でんぷん"を「糖化」させるために
ただひたすら、何十分も攪拌します。結構疲れます。。。6人いるから、交代、交代。
170812_9.jpg  170812_8.jpg

温度を"〇分で〇度まで上げるために、IHコンロの数値は〇にして..."と
インストラクターの方が次々に指示しますが、計算については全くついて行かれず、
ただ言われたままにセットしてタイマーを押すのが精一杯(^_^;) 

私達が作るのに選んだビールは、鍋を2つ使います。
それぞれの鍋で温度や攪拌の時間が違うので、さらに大混乱。
ビールって、計算が得意でないと作れないようです。。。(-_-)

現在の麦汁の量も正確に測ります。
170812_10.jpg

使い終わった道具を洗うのもお仕事のうち(^^)
170812_20.jpg

ポイントポイントで試飲があります。最初は粉っぽくて甘ーい感じでしたが、
回を重ねるごとにだんだんビールに近づいている感じがしました。
170812_21.jpg

同様に、糖度もチェック。次第に上がって「糖化」して来ていることが
わかりました。
170812_19.jpg

次に、糖化された麦汁をろ過します。
170812_18.jpg
   
こうして、各班の"一番麦汁"が完成!他の班の麦汁と飲み比べをしてみます。
同じ方法で作っているのに、味が違うのが手作りならでは!とのこと。
170812_2.jpg

この、最初に取れた"一番麦汁"のみを使って作るビールが「一番搾り」。
通常はお湯を足してろ過した"二番麦汁"も足して作っているそうで、意味の
違いがよくわかりました。

続いては、「ビールの魂」といわれる、ホップ(和名:西洋唐花草)。
これでビールの味が決まる大事なもの!
ホップの"つる"ではなく、受粉前の雌の"毬花"を使います。
170812_13.jpg  170812_12.jpg

「ホップ添加式」!
麦汁にホップを投入します。美味しくなぁれ。。。。
170812_14.jpg

これで午前の部は終了。
しばらく時間を置く必要があるため、その間ランチタイム。
お弁当ではなく、ちゃんとした食事が用意されています♪アルコールは×ですが...
170812_5.jpg

午後の作業は、麦汁の量と糖度の調整から。
170812_23.jpg   170812_24.jpg

作るビールによって目標とする糖度が決まっていて、高過ぎるようなら
お湯を加えて調整します。この計算が複雑怪奇で私には理解不能(x_x)

最後に、お鍋の周りを勢いよく回して不純物を真ん中に寄せ集める
「ワールプール」という作業をします(もちろん、商品のビール作りでは機械が行います...)。 ↓集まった不純物
170812_26.jpg  170812_17.jpg

これも緻密な計算に基づき、適切な温度まで麦汁を冷却してから発酵タンクへ。
170812_25.jpg

そしていよいよ!麦汁をアルコールにするため、酵母を投入!
酵母は糖分を食べてアルコールと炭酸ガスを生成。これでビールが出来上がります♪ ↓酵母くんイメージイラスト
170812_16.jpg  170812_15.jpg

これで本日の作業は終了。
170812_22.jpg

長丁場の一日でしたが、ビールがどのように作られているのか、
とっても勉強になりました。普段何気なく飲んでいるビールがこんなに
細かな計算によって生まれていたとは衝撃でした。

これから発酵に入り、9月25日、ちゃんとしたビールとなって手元に届きます♪
果たしてどんな味になっているのか・・・少々不安。。。

作業終了後は"お疲れ様"のビール試飲会がついています。
そこで、私達の班を担当したインストラクターの方に言われました。

「とてもチームワークがよかったです!どういう集まりなんですか?」

今回の6人のチームのうち、2人はトラベル日本の現役で、3人はOBです。
トラベル日本は、辞めても社員同士の結束が固い!そんな会社です(^o^)♪ 
なんて...

それではまた!

与那国島・追伸

こんばんは。

先日このブログで、会社が登録している「フォートラベル」という
サイトについて書きました。

今度旅行に行った時は「フォートラベル」のブログももう少し真剣に
書かなければ・・・と。

ということで、今回こそは!とこの2週間の週末はその作業に専念し、
与那国島旅行のブログ(旅行記)を丸3日半かけて作成いたしました!

こちらのブログと同じ写真や文章を使ったりしていますが、より詳しく
(使用写真・画像135枚)与那国島のことを紹介した内容になっています。

ここでは深く触れなかった、Dr.コトーのことも満載(^_^;)          

与那国島に少しでも興味を持った方がご覧になって、
実際に訪れて頂くきっかけになってもらえたらなぁと思います♪

170807_2.jpg
 http://4travel.jp/travelogue/11265407

それではまた(^o^)ノ
 
170807.jpg





今日は写真がなくて寂しかったので、
ランチの時のアイスコーヒーの写真を。

氷がグラスに当たった状態が、顔にしか見えなったので
ついパシャリ(^_^;) 

本日のブログの内容には全く関係ありません。。。
 
  

最果ての島へ -与那国島 本編-

170726_2.jpg

こんばんは!
前回に続き、本日は与那国島旅行・本編をお送りします。

予定外に石垣島で1泊となりましたが、なんとか翌日の第一便に乗ることができ、
お昼前にやっと与那国島に到着!

ドラマ「Dr.コトー診療所」(吉岡秀隆さん主演で、東京の大学病院から孤島に
やって来た医師と島の人々との感動的な交流や、無医村の抱える問題を描いた作品)を
見て以来、いつかは行ってみたいと思っていた島へついにやって来ました。

といっても、ドラマをやっていたのはもう10年以上も前。
思い出すためにも見直してから行きたいけど・・・と思っていたら、なんと!
ちょうど先月、CS放送で2003、2004、2006年の全シリーズを一挙放送したので、
ラッキーなことにドラマを見たばかりで現地に行くことができました♪
何て良いタイミング...



与那国島は周囲約28km、車だと約1時間で一周できてしまうくらい小さな島です。
(地図は「与那国島ねっと」より)
bus_map_yona12.jpg

レンタカーで回りましたが、幹線道路でもほとんど車が走っていなくて、
信号はほとんど見かけません。

標識類も案内もあまりなく、舗装されていない場所も多いので、
地図がなければ"本当にここでいいの!?"とためらってしまい、
どこにも行くことができない...という島です。

そんな島の中で、北にある空港から西回りにいくつか見どころをご紹介します。

■ダンヌ浜

断崖の多い与那国島では、数少ないビーチの一つ。
特徴的なこの丸窓から海が見えて、おしゃれな感じですが・・・
170726_6.jpg


実はここ・・・・・公衆トイレなんです(^_^;) 与那国のビーチにしては珍しく、トイレとシャワーの設備があります。
170726_7.jpg  170726_9.jpg

海はとっても綺麗!
170726_5.jpg  170726_4.jpg

でも人は誰もいません。
ちなみに、自販機を含め売店も何もありません。飲み物一つ買うのにも苦労する島です。


■西崎(いりざき)灯台、日本最西端の碑

与那国町の魚として指定されているカジキのオブジェ。ヒレがない・・・(・_・)
「日本最西端の展望台東屋」と書かれています。青空と青い海に映える白い灯台。
170727_2.jpg  170727_11.jpg

展望台近くまで登っていくと、最西端の碑が。ついに到達!!
170727_3.jpg

その場ではもらえませんが、指定の場所で申し込むと発行してもらえる(有料)
「日本最西端の証」↓(ここでは名前は加工していますが、ちゃんと本名が印字されます)。
shomeisho_1.jpg

最西端を後にし、南の方へ向かいます。

与那国島の北・東・南は牧場になっていて、この先は牧場内に入ります。
↓これは、馬が牧場外へ出ないようにするための溝、テキサスゲート。170725_1.jpg

牧場内では、与那国の在来馬 ヨナグニウマがあちこち闊歩しています。
この島では馬が主(?)なんですね。数の多さと近さはサファリパークより迫力!
でもおとなしくて可愛いです。
170725_2.jpg  170725_3.jpg

海を見ながらの南牧場線のドライブ。すれ違う車も、後ろから来る車も皆無です。
170725_4.jpg


この南牧場線を抜けてしばらく行くと、「Dr.コトー診療所」のオープンセット
(診療所として使われた建物)があります。

ドラマでは「志木那島診療所」でしたが、その名札もそのまま残っています。
当時2,000万円かけて、わざとボロボロに見えるように新築された診療所。
170726_1.jpg  

ここに来たかったんです!! ドラマそのままの雰囲気で感激でした♪

中にも入れます。ドラマのまま、まるで本物の診療所のようです。
・・・が、私の周りにはドラマを見ていたという人がほとんどいなく、
あまり詳しく書いてもナニかな・・・と思いますので、こでは深く触れない
ようにします(^_^;)
語り出すとどんどん長くなるので...

診療所前の比川(ひがわ)浜も、ドラマ通りの美しさでした。
170727_12_2.jpg


続いては、この海の下にある「海底遺跡」です。遺跡なのか自然なのか...
未だ解明されていない謎の場所。

ダイビングスポットとして人気ですが、私のようにダイビングはちょっと...(・_・)
という人も、この↓船を使ったツアーで見に行くことができます。
170727_8.jpg

人数が集まらなかったり、風向きの関係で特に夏場は催行されないことも
多いらしいのですが、滞在中なんとか見に行くことができました。

何と、こんなに巨大な遺跡らしい・・・(船で頂いた地図)
img-731211500.jpg

途中からうつ伏せになって見学します。こんな階段のようなものとか・・・
どう見ても自然に出来た物とは思えず、遺跡に違いない!...ロマンですね。
170727_7.jpg  170727_9.jpg

想像以上に規模が大きく、興奮してしまいました。

■立神岩
170726_10.jpg

昔の人がこの岩を「神の岩」と呼び信仰の対象として来た、与那国島のシンボル。

■軍艦岩
170726_11.jpg

その名の通り、軍艦のように見える岩。


■六畳ビーチ

冒頭の写真のビーチです。
特に名称はない場所ですが、干潮になると少しだけ現れる砂浜から
「六畳ビーチ」と呼ばれているようです。
170727_5.jpg  170727_6.jpg

墓地群の奥にあり、看板もちゃんとした道もない場所から入って行かなければ
辿り着けないので、知らなければ絶対にわかりません。
ちなみに、ガイドブックにも載っていないし、ナビにも入っていません。

こんなところにこんな絶景が広がっているとは・・・とっても感動します。
ここにも人は誰もいません。あるのはただ自然のみ。それが与那国です。

砂浜に下りるには、痛い岩でできた断崖絶壁を下って行かなければならないため、
かなりの勇気が必要です。そのため、ビーチと呼ばれてはいますが、
実際にここで泳いだりするのは難しいと思います(勇気と気力があれば可!)。

与那国には他に、もっと砂浜が狭い「四畳半ビーチ」「三畳ビーチ」(お一人様用?)
と呼ばれる場所があります(なぜ畳・・・)。
「四畳半」は見つけるのに苦労しましたが、一応全部行きました。
が、ビーチばかり載せても...ということで写真は割愛(^_^;)


最後に、与那国は日本最西端・・・ということは、日本で最後に沈む夕日が
見られる場所でもあります。
(滞在日の日の入り→東京:18:50頃、与那国:19:35頃)

私は、今までの旅行では夕日にはあまり恵まれなかったのですが、今回は毎日
素晴らしい夕日を眺めることができました。

その中で2日分の写真を。

ナーマ浜(左)と、西崎(いりざき)(右)から見た夕日。水平線ではなく台湾に沈みます。
170726_3.jpg  170727_4.jpg



滞在中は天気に恵まれましたが、帰る頃には台風接近のニュースが入って来ました。
会社は休暇を取っているにも関わらず心配のLINEをくれた同僚もいて...有難かったです。

フェリーにも影響が出ていました。
「入出し」の意味がわからなかったのですが、貼り紙を見ていたお兄さんが
教えてくれました。
170728_1.jpg 

帰りは欠航になることもなく(^_^;)、無事に予定通りの便で帰ることができました。

170728_2.jpg  170728_3.jpg

...が、この翌日、与那国島に台風が直撃し、午後の便は全て欠航して空港は封鎖、また
電柱が倒れ数百戸が停電したとのこと。
出社した後、先のLINEをくれた同僚が教えてくれて初めて知りました。

テレビのニュースでは台湾の被害はさかんに報道されていましたが、すぐ隣の
与那国のニュースはなし。
外国のことよりも、同じ日本の状況をもっと伝えてほしいなぁ、と思いました。
ヨナグニウマたち、どうしたかな。。。



東京の近くに住んでいる私にとって、物を買う場所も食事をする場所もほとんどなくて
食糧難民になりかけたり、馬が自然のままに住民とともに生きていたり、
夜になればまさに闇夜で満点の星が広がり、街灯もなく一歩歩くのも何も見えなくて怖い、
また、どこに行っても人が少ない...
そんな与那国島は同じ日本とは思えない別世界でした。

島の人も自然も、何か忘れかけていた古き時代を思い出させてくれる、そんな貴重な体験が
できた旅でした。

終わり。

最果ての島へ・序章

こんばんは!
先週一週間、夏休みを頂き、日本の最西端に行って来ました。

皆様、日本の最西端って、どこだかわかりますか・・・?



正解は、沖縄県の与那国(よなぐに)島です。

日本にはもちろん東西南北それぞれの端があるわけですが、東・南・北の
3つの端へは、一般の人が普通に行くことはできません。
そのため、一般的には実際に行くことができる最端を"最〇端の地"と呼んでいます
(北海道の宗谷岬など)。

しかし、西の与那国島は、正真正銘の日本の最西端!
唯一、一般の人が訪れることができる端っこなんです。

どのあたりでしょうか?

   ↓ココです。地図で見ると点のような小さな島。
map.jpg

東京からの距離は2,112km、石垣島から117km、台湾からは111kmということで、
ほぼ台湾に近く、東京からは最も遠い日本の領土なのだそうです。

そんな最果ての島ですが、行くのは意外と簡単です。
空港があり、石垣島と那覇から飛行機が出ています(石垣島:1日3便、那覇:1日1便)。

というわけでまずは石垣島に向かい、その日は石垣島を半日観光して、夕方
与那国島に飛ぶことにしました。

まずは、絶対に外せない絶景スポット、川平湾へ。

川平公園に入って行くと・・・
170724_3.jpg


この絶景! 沖縄に来たことを実感しました。
170724_1.jpg


遊歩道もあります。あまりの暑さで長居はできない状況でしたが・・・(>_<;)
170724_2.jpg


お昼は、海の見えるおしゃれな海カフェで・・・と思ったのですが、170724_6.jpg
意外にそのようなお店が道路沿いに全然なく(-_-)、レンタカー屋さんで
もらったマップで探してなんとか、海の見える素敵なお店に行くことが
できました☆

贅沢なマンゴーかき氷に大満足!(´ε`*人)
170724_5.jpg   


残った時間でもう1ヶ所、石垣島最北端の平久保崎に行きました。
川平湾の方を優先したため、こちらは干潮の時間に当たってしまいましたが、やむを得ず。
木の看板が朽ち果てていて、文字が読めず...(・_・)
170724_7.jpg

こうして石垣島の半日観光を終え、空港に戻ってレンタカーを返し、
与那国行きのチェックインも済ませて後は飛行機に乗るのみ・・・と
のんびりお土産を見たりしていました。

そして、お茶でもしようかと並んでいたその時!

何気なく聞いていたアナウンスで、"与那国行きが欠航"とかなんとか・・・?
そのようなことが聞こえた気がしました。・・・え?

気のせいかな・・・?気のせいだと思いたい・・・。
とそのままお茶を買い、ゆっくり飲んでいました。

そうこうしているうちに、一通のメールが。
Screenshot_20170729-230549.jpg

( ̄□ ̄;) やはり本当だったか・・・
チェックインも終わったのに今頃?

今日はもうこの後の便もないし、どうすれば??
・・・と思いながらもまだまったりお茶をしていた
私 (^_^;)

既に中に入っていたお客さんも次々出て来て、帰る人も出始め、
空港が閑散として来ました。

そこでようやくカウンターに行って事情を聞いたところ、那覇から来る予定の
飛行機に確認したい事項が見つかり急遽欠航になったと・・・。

カウンターに行くのが出遅れたため、明日の便の「特別空席待ち」とやらも
19番目。
170724_4.jpg

飛行機がダメならフェリー?
与那国へのフェリーは週に2便しかなく、明日はたまたま運航の日でしたが、
調べたらその日は何かの整備で運休のよう。

となると、明日の飛行機以外に与那国に行く術はない・・・

係の方の話では、明日の飛行機の空席は十分あり、どの便になるかはわからないけど
明日中には必ず乗れると。
でも、明日も欠航なんてことはない・・・??

明日の予定が全く立たない、そんな落ち着かない状況のまま、一旦預けた荷物を引き取り、
航空会社が用意してくれた
ホテルへと向かったのでした。

与那国でのんびりしようと、無駄に(?)4泊も取っておいてよかった...

無事に与那国に着けるのか・・・本編は次回に続きます。


クジラの道の駅

170717_1.jpg  170717_2.jpg

こんばんは!
皆様、3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は・・・特に予定もなかったので、最終日の昨日久しぶりに
道の駅巡りをして来ました(1日で9ヶ所...)。

今回のメインは、千葉県内で唯一、一度も行ったことのなかった
「和田浦 WA・O!」というところです。

同じ千葉県の中でも、私の家からは最も遠い場所といえる南房総市にあり、
なかなか簡単に行くことができなかったのです。。。

さて、この道の駅のシンボルは、なんといっても「クジラ」です。
ここ和田浦は、日本でも5ヶ所(?)しかない、捕鯨が許可された場所ということで、
クジラを全面に打ち出した道の駅となっています。

隣には「くじら資料館」が併設されていて、その前に鎮座するシロナガスクジラの
巨大骨格標本(レプリカ)にまず目を奪われ(@_@) 、道の駅に辿り着く前に
しばし見物。

シロナガスクジラは地球史上最大の動物で、体長は34mを超えるものもあるそう
なのですが、このレプリカのクジラの体長は26mでした。
ここで捕鯨が行われている縁で、世界に3体しかないという標本の展示が
実現したそうです。

階段を上って近くに行くとより迫力が・・・! 
170717_3.jpg

恐竜ではありません。クジラですよー!
手のように見えるものは、ヒレの中の骨なんです。

レストランでは鯨料理が出されたり、お土産も鯨関係の食材がたくさん。
これは他の道の駅にはない特色です。

道の駅から徒歩ですぐのところには、和田浦の海水浴場があります。
「海の日」にふさわしい場所でした♪
170717_4.jpg

街並みもなんだか昔懐かしい風情があり、海・鯨・ノスタルジックと
いろいろな魅力が詰まった場所だなぁ、と感じました。

ちょっと遠いですが、一応東京の隣の県(^_^;)
千葉を訪れたら是非、房総の南の端まで足を延ばしてみて下さい☆

フォートラベルの謎

こんばんは。

突然ですが、皆様は「フォートラベル」(4travel)というサイトを
ご存知でしょうか?

国内・海外を問わず、一般の方が実際に行った旅の旅行記や、各地の口コミなどを
投稿できる、旅好きな方のためのポータルサイトとでも言いましょうか、旅行専門の
情報サイトのようなものなのですが・・・。

この「フォートラベル」に、当社も会社概要程度の情報を載せているのですが、
その管理担当者が先月退社したことに伴い、今月から私が担当を引き継ぐようにとの
指示がまいりました(・_・)

お恥ずかしい話ですが、「フォートラベル」に会社が何か載せていることすら
知らなかった私。

担当を引き継いだものの、何をすればいいの・・・?
とりあえず、渡されたログイン情報を使って管理画面に入ってみました。

ふむふむ・・・

会社概要に旅行情報一覧・・・こんなのが載っているんだ・・・
でもそれだけか・・・。


・・・おっ?

「スタッフ 旅行記」なんていうのが載せられるようになっている。

でも、表示されているのは "スタッフ旅行記はありません" 。
誰もやっている形跡がない。。。

せっかくブログを載せられるのにもったいないのでは!?

よく調べてみると、「フォートラベル」用に新たに専用のブログを作成しなければ
ならないようですが、ともかく、何もないよりはマシかなと思い、今書いている
会社のブログと同じような写真を使って、ここ最近行った何ヶ所かの旅行の記事を
"簡単に"書き、名前もここと同じ"トラぽん"と安易につけて、にわか仕込みの
ブログをアップしました。
それが今月の初め頃の話です。

・・・と、ここまでは前段で、今日の本題は実はここからなんです。

「フォートラベル」のブログは、会社のこのブログと違って、旅行記に
"いいね"をすることができます。

新しい旅行記をアップした瞬間は、「最新の旅行記」というところに載るので
多くの人の目にとまり、"いいね"はその時に集中する傾向があります。

当然、しばらくすれば最新ではなくなるので、目にとまることもなくなり
"いいね"が来るのも減ってきます。

このところそのような状況だったので、「フォートラベル」のことも忘れかけて
いたのですが、先週の金曜日に、なぜか突然"いいね"が何度も連続して
来るようになりました("いいね"されると会社のメールに通知が来ます)。

170625_2.jpg


新しく記事を書いたわけでもないのにいきなりこれは・・・どうした!?

"何かあるに違いない"、と「フォートラベル」のサイトを覗いてみると・・・



(゜ロ゜) ギョェ

トップページの「おすすめ旅行記」の1つに、"トラぽん"の旅行記が掲載されているーーー!!

       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

170625.jpg


この「おすすめ旅行記」に出ている旅行記はたったの5つ。

ちなみに、「フォートラベル」全体では100万件を超える旅行記が投稿されて
いるというのに、その中でなぜ私の旅行記が・・・?

記事だって付け焼刃的で、旅行記としてとても「おすすめ」といえるような内容では
ないのに恥ずかし過ぎる(´Д`〃)

ランダムですぐに入れ替わるのかと思いきや、そうでもなく、今現在まだ載ってる。。。

どういう基準で選ばれているのか全くわかりませんが、今後旅行に行った時は、
このブログ同様、「フォートラベル」の方ももう少し真剣に書かなければ・・・と
思った次第です(汗)

早く消えてくれないかな・・・(>_<)


皆様、こんばんは!
本日の内容は前回からの続きとなっています。



今回は、前回のブログの最後に出した問題の答えについて
書きたいと思います。

右(→)の画像について、"現実の「ドラクエ2」では dq2.jpg
あり得ない点は何でしょう?"という問題でした。

答えは・・・

"主人公の名前(ここでは「トラぽん」)"です。

いや、"トラぽんがゲームの主人公なんてあり得ない"、という
話ではありません。

では、どういうことかというと・・・

1987年、発売当時のゲームの容量は、今では考えられない程
少なく、文字もカタカナは一部の文字しか使えなかったんです。

ゲームの主人公の名前を自由につけることはできたのですが、
カタカナでは全ての文字が使えないため、つけられる名前は
ひらがなだけ、そして4文字までと決まっていました。

濁点「゛」や半濁点「゜」は、それだけで一文字。
(その方が、濁点・半濁点付のひらがなを全て登録するより
容量が少なくてすむからだそうです)

ということは・・・・・

主人公に「トラぽん」とつけたくても、当時は「とらほん」または
「とらぽ」としかつけられなかったんですね・・・

「とらほん」・・・・・「とらぽ」・・・・どれもブログ用の画像としては
イマイチ・・・(´・_・`) 変! うーむ。。。

苦肉の策として、あり得ないのは承知の上で、「トラぽん」の名前で
画像を作成してしまった・・・というわけでした。



昔のゲームは容量が少なかった、と書きましたが、一体どのくらいだったと
思いますか?

例えば、今回例に出した「ドラクエ2」は、128キロバイトだそうです。
128キロバイトって・・・??

下の↓写真が、ちょうど128キロバイトです。
こんな写真1枚程度の小さな容量に、あの壮大なストーリーや街並み、
素晴らしい音楽などのデータが全て入っていたなんて、驚くしかありません!
切り詰めて切り詰めて・・・やっと出来上がったものだったんですね...1706221.jpg
余談ですが、このスライムのぬいぐるみは、27年前、私の高校合格祝いに
弟がプレゼントしてくれたものです(^_^;)

当時はもちろん何も考えずゲームをやっていましたが、制作にあたってそんな
涙ぐましい努力があったといういきさつを知った今、30年前という時代が、
そしてこの「ドラゴンクエスト」というゲームが、とても愛おしく思えてしまう
今日この頃です。


かいしんの一滴



久しぶりに、心ときめく商品に出会いました。


スライムの目薬♪


えー、"スライム"といっても、これ ↓ ではありません。
           toy_slime_suraimu.jpg

本日の話題の"スライム"は、国民的人気ゲームと言われる
「ドラゴンクエスト」シリーズの、一番弱い敵の"スライム"です。


母がテレビのCMを見て、「スライムの目薬が出たらしいよ!」
「スライムの目薬」「スライムの目薬」とさかんに話題にするのですが、
私はそのCMを一度も見たことがなく、"ふーん。可愛いのかな"ぐらいに
軽く考えていました。


そして、いざ実物を見たら・・・
170621_1.jpg
か、かわいい・・・!!!

皆様のまわりでも話題になったのではないでしょうか?


slime.jpgのサムネール画像
        170621_7.jpg



元々ドラクエが大好きなわたくしは、店頭にあった
この ↑ コピーにもやられてしまいました! 
ゲームを彷彿とさせる...
(→参考までに。。。ドラクエ1の画面引用)





そしてもう一つのキャッチコピーが「かいしんの一滴」。
  170621_6.jpg
これも、ドラクエをご存知ない方には "??" かと思いますが、
ゲームの中で、敵への攻撃の時に運がいいと出る「かいしんのいちげき(会心の一撃)」
(通常を上回る威力の一撃)をもじったものですねぇ。

そして、箱や説明書までもがドラクエを再現していて、もはや目薬とは思えない(^_^;)・・・

170621_2.jpg   170621_3.jpg

ここまで本格的なこだわりように、すっかり魅了されてしまいました♪

それはともかく、会社でドラクエを知らないスタッフにも話をしたら、
"可愛い""欲しい"とにわかフィーバー。

しかし、、、

発売から日があいてしまっていたため、皆で散々探し回ったにもかわらず、
スライム型容器の目薬は売り切れで、どこにもありませんでした(T_T)

ネットでわずかに買えなくはありませんが、価格が驚くほど高騰。


ちなみにスライム型のケースがおまけについた商品もあります。
(そちらは、目薬はスライムではなく通常のものですが・・・)

ケースはこちら ↓
170621_4.jpg

(心の声)
ドラクエ未体験者:「色違いもあるんだー」
ドラクエ体験者:「スライムだけじゃなくて、スライムベスとメタルスライムもあるんだー!!」


このケースは、いろいろな種類の目薬がすっきり納まる優れもの!
170621_5.jpg


全部揃えて、目薬だらけになったわたくし。

早速、清涼感レベルが「最大」という目薬を、会社でパソコンの見過ぎで
疲れた時に、さしてみました。

170621_8.jpg


ヒョォオオオオオ・・・!(((゚Д゚)))


涙が出るほど強烈 (。>_<。) !!tsuukon.jpgのサムネール画像


これは・・                      


「かいしんの一滴(=かいしんのいちげき)」ではなく、「つうこんの一滴
(=つうこんのいちげき /  痛恨の一撃)→」をくらった気分です(>_<)


まあ...これで、シャキッと!さらに仕事を頑張りましょう(^_^)


ところで・・・
久しぶりにやりたくなったなぁ・・・「ドラゴンクエスト」(旧作)。

dq2.jpg

さて、ここでおまけ!

本日のブログの趣旨とは全く関係ありませんが、マニアック問題を一つ。

【問題】
上の画像は、1987年発売のファミコン版「ドラゴンクエスト2」の画面を
模して作ったものですが、実際の「ドラクエ2」の画面では絶対にあり得ない
点があります。
(注・「ドラクエ2」はその後様々なゲーム機用にリメイクされていますが、
オリジナルのファミコン版では、ということで・・・)

さて、それは何でしょう?

わかった人はかなりのドラクエ通!(・・・そして、いいご年齢!?^_^;)


圧巻の紫陽花

170616_1.jpg

こんばんは。

しばらくブログを書いていないな・・・と思ったら、早くも
半月以上が過ぎていました(汗)

週末の金曜日ですが、今、海外にいらっしゃっているお客様からの
連絡待ちのため、ちょっと時間ができましたのでブログを書きたいと
思います。



毎年のことではありますが、会社の向かい側の「東京スクエア
ガーデン」の紫陽花が見頃を迎えています♪

ランチの時間に思わず写真を撮ってしまいました。

ここの紫陽花は薄い水色の花が多いです。
清楚な感じでなかなかお気に入り(*´∀`*)

 170616_2.jpg

ところで・・・地面に生えているものも美しいのですが、ここスクエアガーデンは
なんといっても!!!

"ビルに生えている紫陽花" が圧巻なんです。

写真では小さくしか見えませんが、2階、3階に咲いている花は
全部紫陽花!満開時は本当に見事で、ちょっとした名所と言えるのではないでしょうか!?170616_3.jpg
「東京スクエアガーデン」が一年で最も華やぐ季節の到来です♪☆


2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30