富士サファリパークへ!

180609_4.jpg

こんばんは。

週末の土曜日、9年ぶりくらいに富士サファリパークに行って来ました。

実はあまり知られていないのですが、当社と富士サファリパークは、グループ会社なんです。

先代の社長が、アフリカのキリマンジャロに感動し、日本の人たちにもその世界を感じてもらいたいと、富士山をキリマンジャロに見立てて造ったのが富士サファリパークです(1980年開園)。


そんな富士サファリパークへ、夏休みに親子で訪れよう!という企画ツアーをやっております。

このツアー、ちょっとプレミアムで・・・
何かというと、ケニア出身のオリンピックメダリスト(アトランタ、シドニー[マラソン])、
エリック・ワイナイナさん(上写真)が一緒に行きます!

子供も動物も大好きというワイナイナさんが、ケニアの動物のことをいろいろ
教えてくれる時間も作ってあったり、一緒にバーベキューをしてお泊まりして・・・
子どもたちにとっては合宿のような、夏の思い出にぴったりな内容です♪
・・・あ!よく聞かれるのですが、もちろん日本語です(^^) オリンピックの話も聞けるかも?!



私も1月にケニアに行ったこともあって、動物たち懐かしいなぁ、と思いながら
サファリを回りました。

これは、何かなぐさめているのでしょうか・・・?妙に人間臭さを感じます。水浴びも気持ちよさそう。[クマゾーン]
180609_1.jpg  180609_2.jpg

絶滅に近いアムールトラ。シベリアなどに生息しています。
富士サファリパークには19頭がいて、日本では一番多いそうです。[トラゾーン]
180609_6.jpg  180609_5.jpg

ちなみに、私たちが訪れたのは、もう閉園も間際の夕方です。
日中は活発に動き回っている動物たちも、夕方動物舎に帰る時間が近づくと、
その場所に集まってじっと待っています(帰ってからエサをもらえるから)。
その様子が可愛くておもしろい。
↓このトラも・・・左が動物舎
180609_3.jpg

ワイナイナさんいわく、クマもトラもケニアにはいないそうです。

ケニアでは残念ながらお目にかかれなかったライオン。
ここでは確実に出会えます![ライオンゾーン]
180609_7.jpg

何を狙っているのか・・・?[チーターゾーン]
180609_8.jpg

チーターはとてもデリケートなんだとか。
動物舎ではなんと個室対応で床暖房つき(!)
馬肉・牛肉のミンチを脂肪分などを取った上でエサにするそうです。

雨にも弱く、雨に打たれると震えちゃう・・・(ワイナイナさん談)

他にも貴重な動物などいろいろいますが、それは是非実際に行って見てみてくださいね。

↓さて、これは何でしょうか・・・?巨大な水槽のようなものがあります。
180609_9.jpg  180609_10.jpg

これは、夏だけのお楽しみ(今はまだやってません...)!
SNSでも話題になった、世界でも珍しい「水中のゾウ」が見られるプールなんです。
ゾウが泳ぐ姿を見られるということで人気です。

これを見るのにオススメは、車で回るサファリツアーではなく、歩いて回る
「ウォーキングサファリ」。写真右の高台の見学デッキから見ることができます。
車だと渋滞したり、うまく泳ぐタイミングに合わないこともありますが、歩きなら
ゆっくりと思う存分見ていることができます!

↓ウォーキングサファリ入口。右の森林の道へ入って行きます。
 企画ツアーにはこのウォーキングサファリも含めています。
180609_12.jpg  180609_13.jpg

180609_16.jpg
他には、乗馬やサファリダービー(!)ができる「ふれあい牧場」や、動物たちに
エサやりもできる「ふれあいゾーン」、昆虫サファリ(夏のみ)などもあって、
これだけでも普通の動物園に引けを取らないくらい見応えがあってビックリしました。
こんなに広いなんて知らなかった・・・

サファリパークといえば車で回るだけ・・・と思っている方も多いかも
しれませんが、もっといろいろな視点から動物たちを見ることができますよ!


さらに夏休み期間は夜のナイトサファリもあって、あれを見ようか、これを見ようか・・・
決めて行かないと、時間が足りなーい!!(>_<)となってしまいます(汗)


サファリパークでのお昼もお楽しみ。
今回のツアーでは、子供たちに目でも楽しんでもらおうと"富士山カレー"を用意しています♪
180609_11.jpg

おみやげは何にしようかな?
↓ちょっと怖そうなパッケージのこちらは新商品☆ 皆さん、夏休みは是非富士サファリパークにお越しください♪
180609_15_2.jpg  180609_14.jpg

最後に、エリック・ワイナイナさんからのメッセージです♪

ワイナイナさんが一緒だと、きっとサファリが何倍も楽しくなりますよ o(^o^)o

外環道開通 -関越道・川越への旅-

 IMG_20180603_0001.jpg
こんばんは。

このブログでも何度か書いて来ましたが、先週土曜日の16時に、
千葉県民の悲願であった外環道が半世紀の時を経てついに開通
しました!
♪(*^・^)ノ ヤッホーイ!

↓今回開通区間(赤いところ)
IMG_20180603_0003.jpg

↓TVのニュースでも特集していて、慌てて画面を撮影(^_^;)
DSC_0446-(002).jpg

どれだけ便利になったか確かめてみよう!ということで、早速翌日の日曜日に
通ってみました。

↓新しく出来たIC。ナビにもないので地元といえどもちょっと迷います。
 前のトラックも入口がわからなかったようで、直前で急ハンドルで入って来ました(^_^;)
DSCN0837-(003).jpg

入口さえ入ってしまえば・・・
常磐道や東北道、関越道へあの難しい首都高を通らずに行かれるなんて、
この上なく快適ヽ(*^◇^*)/ ♪♪♪

今までは首都高を通るのに多少の緊張がありましたが、これからは"全部自動運転で
行けそうじゃない!?"と思える程(...って、自動運転なんて使ったこともなければ
機能もないけど...^^;)単純な道でした。



さて、今回は関越道まで試し運転して、関越道に入って割とすぐの川越ICで下りて
「小江戸」川越観光をすることにしました。

川越って、駐車場がなさそうなイメージがあったのですが、「あぐれっしゅ川越」という
農産物直売所に隣接して、無料の観光用駐車場がありました。
180603_9.jpg  180603_10.jpg

駐車場から12分程歩くと、川越のランドマークともいえる「時の鐘」と、
蔵造りの街並みが。
180603_1.jpg  180603_2.jpg

あの有名なコーヒーショップも街並みにマッチしています。
180603_3.jpg

ここは「菓子屋横丁」。
180603_11.jpg

最盛期の昭和初期には70店が軒を連ねたといいます。現在は約20軒ですが、
昔ながらの風情が残っています。
180603_12.jpg 180603_13.jpg

懐かしさを感じる横丁をそぞろ歩きするのも川越の楽しみ♪ し
かし...暑過ぎるっ!!
180603_14.jpg

歩くのはちょっと・・・という方には、観光用循環バスや人力車もあります。
180603_17.jpg  180603_18.jpg

ここは「氷川神社」。鳥居は、木造のものとしては日本最大級だそうです。入口の風車は風が吹くと圧巻!
180603_4.jpg  180603_5.jpg

縁結びの神様ということと、インスタ映えしそうな(?)小物たちのお蔭か、
特に若い人で大賑わい。
180603_8.jpg

鯛の形をしたおみくじ。300円の初穂料を払って好きなのを釣ります。
私も釣りましたが...これがなかなか難しい!
180603_6.jpg  180603_7.jpg

この氷川神社ですが、創建は約1,500年前の古墳時代だというから驚きです。

その他の見所。
(左)埼玉りそな銀行川越支店。大正7年建設のネオ・ルネサンス様式の建物。
(右)川越城本丸御殿。1848年造営。現在は玄関、大広間、家老詰所が残っています。
180603_15.jpg  180603_16.jpg

あちこちに重要文化財や有形文化財が残る川越。小ぢんまりとしているので、
短時間で見て回れます。
都心からも近い場所にあり、小旅行気分には最適です!

関東地方は今週にも梅雨入りのようで、貴重な(?)晴れの休日を満喫できました(^o^)

それではまた!

本日、「旅の日」。

こんばんは。
今日、5月16日は「旅の日」です。

松尾芭蕉が「奥の細道」の旅に出発した日ということから
1988年につくられたそうです。

この「旅の日」に、トラベル日本も新たな「旅」を始めます♪

遅ればせながら(^_^;)、本日、公式インスタグラムを公開いたしました!

インスタをご案内するのは、マスコットキャラクターの「トラぽん」。
本日デビューです。

torapon.jpg

このブログではトラぽんの名前はおなじみ(会社名「トラベル日本(にっぽん)」の略)
・・・と思いたいですが、SNS用にとうとうキャラクターを作ってしまいました。

トラぽん・・・

顔がトラで、カラダはタヌキ(ぽん!)。
額の縞模様は、旅行会社なので飛行機の形になっています。
色がなぜ青かというと、当社のロゴマークの風見鶏が青色なので、
トラベル日本のイメージカラーは青だ!と思って作りました。

このトラポンが、絶景写真を紹介します。
題して「トラぽんの絶景旅日記」。

・・・といっても、最初は、このブログをご愛読いただいている方にとっては
見たことのある昔の写真ばかりですが...(-_-;)
 
これからは、ブログで旅行記を、インスタグラムで写真をそれぞれ
楽しんでいただけたらなぁ、と思います。
そして皆さん、旅に出ましょう♪

トラぽんともども、どうぞよろしくお願いいたします!

IG_Glyph_Fill.jpg トラぽんの絶景旅日記

一日だけの癒し -2018GW-

180505_1_1.jpgこんばんは。
今年のゴールデンウイークも終わってしまいました。。。
皆様はどんなゴールデンウィークをお過ごしでしたでしょうか。

私は・・・

先週の3連休も今回の4連休も、やらなければならない仕事がたくさんあり
とても遊びに行かれる状況ではありませんでした(泣)

でも、せっかくのGW、一日も出かけないのはちょっと...(ブログが書けないし!)
ということで、一日だけ近場へのドライブを強行!!

車で1時間ちょっとで行かれる、"千葉にあるけど「東京ドイツ村」"に行って来ました。

ドイツ村といえば、冬のイルミネーションがとっても有名ですが、一年中
いろいろな花が咲き誇る、千葉県屈指の花の名所でもあるんです♪

今の時期は、冒頭の写真に載せたジギタリス、ビオラ、バラ、金魚草が見ごろと
なっていました。

ドイツ村の敷地はこーんなに↓広く、エリアがいくつか分かれているので、中は車で廻ります。
子供連れなら一日中楽しめそうなアトラクションもたくさん。
180505_3.jpg

食べる場所はあまり多くありませんが、屋台やバーベキューを楽しめます。
180505_5.jpg  180505_4.jpg 180505_6.jpg

束の間の休日、のんびりと癒されました。



ドイツ村を後にして、昨年10月にオープンしてから未だ行ったことのなかった
新しい道の駅「うまくたの里」に立ち寄りました。ドイツ村からは車で10分程の近さです。180505_10.jpg

180505_15_1.jpg
「うまくた」とは、万葉集にも詠まれている由緒正しき地元の地名だそうです。



                                 →万葉集より









農産物直売所の、野菜の陳列方法が斬新!
180505_7.jpg 180505_8.jpg

この道の駅は、ここだけのオリジナルの商品も多いそうで、見たことのない珍しい品揃えで
目移りしてしまいます。
スープやドレッシングに醤油に・・・試食(テイスティング)がとにかく充実しているのも特徴的でした。
試食をするとついつい買いたくなってしまいます(^_^;)←思うつぼ

↓これが!話題の「チバリバリ」。これも噂ではここにしか売っていないとか。
・・・名前は恐ろし気ですが、中身はごくごく普通の、ピーナッツと塩バター風味のチップスです。
もちろん、試食あり。・・・今晩のおつまみに決定ヽ(^◇^*)/
180505_9.jpg  180505_11.jpg

レストランは、地元で人気の「のうえんカフェレストラン」が入っています。
道の駅とは思えないお洒落なランチやカフェメニューとなっています。
180505_13.jpg  180505_12.jpg  180505_14.jpg
行列必至で、売り切れると終了となってしまいますので注意!

ここ「道の駅 うまくたの里」は、圏央道の木更津東IC(木更津は北とか南とかJCTとか
いろいろあってややこしいですが、東のIC!です)を下りてすぐ目の前の場所にあります。
アクアラインで神奈川方面からお越しの方にも便利なところです!休憩に立ち寄ってみては
いかがでしょうか。

それではまた(^^)ノ

道の駅「いちかわ」オープン

180408_1.jpgこんばんは。
今日はあちこちで入学式が行われたようですね。
朝の通勤電車で、初々しい学生さんと着飾ったお母さんをたくさん見かけました。
世間ではそんな時期なのですね。。。

さて、先日このブログでプレオープンのイベントを紹介した、私の地元の道の駅
(道の駅「いちかわ」)が土曜日についにオープンしたので、早速日曜日に
行ってみました♪

千葉県のマスコットキャラクター、チーバくんもお祝いにかけつけ、
自分のグッズ売り場に興味深々!?(*´ω`*)
180408_4.jpg

そういえば市川市!

昨年11月の市長選で市長が決まらず(法定得票数に誰も届かず...)、未だ
市長不在の状態が続いておりますが、そうすると、こういう場でありがちな
市長の挨拶もさてはなかったか・・・



お昼が近づくにつれ、だんだん混み合って来ました。
180408_20.jpg

特産品は・・・ええっと・・・あまりない(・_・)(汗)
いや、"少しは"ある

市川と言えば梨が有名です(ふなっしーのおかげで隣の船橋の方が
有名になってしまった感がありますが、市川の方が生産量は多いかと
思われます...)。

梨のジュースに梨ジャム...
180408_2.jpg  180408_15.jpg

2000年に生まれた「王秋」(おうしゅう)という品種は、だんだん甘さが増すと
外見が青っぽい色から赤っぽい色に変わります。
冷蔵で長期間保存ができるので、冬の間も少しずつ味わいの変化を楽しめる
極上の梨として、贈答用にも最適とか。
180408_3.jpg

自動販売機も、梨を大々的にアピール!!
180408_13_2.jpg 180408_14.jpg

それにしても、オープン2日目にしてもう「故障中」って・・・(-_-;)



梨の他には、海苔があります。

海苔の産地は梨よりもさらに私の地元にピンポイント・・・なのですが、
海苔を作っていることは地元ではあまり知られていません。

これから道の駅で売ることで、県内外の方にPRしたいようです。
180408_5.jpg 180408_6.jpg

市川のものだけではなく、県内他都市のものや、県外の珍しいものまでいろいろあって、
"想像していたより"洗練された雰囲気で、充実していました。
180408_18.jpg  180408_19.jpg
180408_16.jpg  180408_17.jpg


食事ができるレストランは一軒だけです。
東京(会社の近く)の日本橋にある同名店が出店。
180408_7.jpg

道の駅なのに、メニューに6,000円のステーキやアルコールが豊富にあるのには驚き!

都内のお店で食べるような本格的な味に大満足♪
180408_8.jpg   180408_9.jpg

コーヒーやクロワッサンなどの軽食は、こちらの「いちcafe」で♪席はオープンスペースです。
180408_23.jpg

外を偵察。
ここはトイレです。
180408_10.jpg

中は木を基調とした落ち着いた雰囲気。
180408_12.jpg 180408_11.jpg

駐車場ですが、こちら↓(左写真)は全て大型車用で、一般車用は非常に少ないです(右写真)。
180408_21.jpg  180408_22.jpg

トラックが多い土地柄が窺えます。
日曜日にはトラックはいませんでしたが、平日には様子がガラリと変わるのでしょうか。

近くでありながら、遠くまでドライブに来た気分を味わえました(^-^)

皆様、市川にお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ!
・・・あ、でも、まだ隣を走る高速道路が出来上がっておりませんが・・・(・・*)ゞ ポリポリ

満開!東京の桜


180325_1.jpgこんばんは!

週末、東京で桜満開の便りが届きました。
ということで、先週の"幻の桜"に続き、今週は本物の桜を見に行って来ました。

自分でも意外なことに、今までこのブログでは一度も紹介したことがなかった
東京都内の桜の名所を巡ります♪

まずは冒頭の写真、千鳥ヶ淵です。
都内では一番有名な場所といってもいいでしょうか。社内には、毎年ここに
桜を見に行っているというスタッフもいます。

さぞかし混んでいるだろうと覚悟して行ったのですが、700m程ある千鳥ヶ淵緑道も
思った程の混雑ではなく、比較的スムーズに流れていました。
(出店は禁止のため露店はありません)

180325_7.jpg

この日は、隣の日本武道館で某大学の卒業式が行われていたこともあって、
袴姿の女子大生が多くいました。
私が着たのはもはや〇十年前だ...と考えたらテンションが下降気味に
(´□`)

話がそれてしまいましたが、まだつぼみの多い木もあり、ここは夜桜のライトアップや
散り際の花筏も楽しめる場所なので、しばらく見頃は続きそうです。

hanabira.jpgのサムネール画像

続いては東京スカイツリー。

桜とのコラボです♪
180325_3.jpg

























隅田川の両岸1kmに約1,000本あるという桜並木は圧巻です。
180325_4_4.jpg

吾妻橋→言問橋→桜橋と、桜や屋形船、スカイツリーなどを見ながら散策。

露店が出ている場所は少なく、その辺りは行列で下の↓ように多少混んでいますが、
宴会はほとんど公園などの場所でやっているし、川沿いの道は広く長いので
悠々歩けます。
180325_5.jpg  180325_6.jpg

川沿いのベンチや階段などに座ってのんびりお弁当を食べる・・・
快晴の天気で風もなく、暑い位の絶好のお花見日和(*^-^)
特に、桜橋のあたりまで行くと人も少なく、最高に贅沢な休日を過ごせました。

なんと、江戸幕府8代将軍 徳川吉宗の命で植樹が始まったという、由緒正しき(?)
隅田川の桜です。
180325_2.jpg
hanabira.jpgのサムネール画像

さて、名所巡りと書きながら、実は
2ヶ所で終わりです(^_^;)
別の場所はまた別の機会に訪れてみたいと思います・・・!

皆さまも、いろいろな場所でお花見ができると良いですね♪


日本橋桜フェスティバル2018

こんばんは!

土曜日に早くも東京で桜の開花宣言がありました。
いよいよお花見シーズンの到来ですね。

hanabira.jpgのサムネール画像

そんなこの週末、私は日本橋で"宝探し"をして来ました。

昨年もこのブログで書きましたが、「日本橋桜フェスティバル」(今年は3/16-4/15)の
一環でやっているリアル謎解きゲームです!
各所にちりばめられた手がかりを辿り、「幻の桜を探せ」。

会社の周りが舞台になっているので、身近な場所ということもあり今年も
楽しみにしていました(^O^)

先週、ランチの際に早速パンフレットをゲット。気合十分!!
180318_1.jpg

ただ、ブログに謎解きゲームの詳細を書くことはできず、写真も載せられないので
記事として成立しないのが難点...(´д`;;

謎解きは簡単で、全ての手がかりを見つける前に最後の答えが
わかってしまったという・・・(-_-;) でも楽しかったです♪

ここでは、謎解き以外の話題を。

↓毎年恒例、コレド室町の"桜トンネル"。
 ここは昼間よりも、ライトアップされ映像演出もある夜が美しくおススメです★ 180318_2.jpg

謎解きゲームの他に、もう一つの楽しみは、「桜メニューウォーク」。

hanabira.jpgのサムネール画像

パンフレットに載った桜メニューを食べたり買ったりすると
スタンプがもらえて、それを集めると抽選に参加できるという
イベントなのですが・・・

ここで大きな誤算が。

昨年、自分で"土曜日がおススメ"と書いておきながら、そのことをすっかり忘れて
また日曜日に行ってしまったため、定休日のお店が多い(ノ_< ;)...アチャー...シマッタァ!

そして、とあるお店で「桜ビール」を飲もうと思って入ったら、

「発酵が間に合っていなくて、まだ無いんです」

( ゜A゜;) マ、マサカノ...

そして、可愛い桜スイーツを食べようと思ったお店は、スタンプの影響もあり
お客さんが来過ぎて売り切れ( ̄□ ̄;) ガーン

結局何も達成できず、載せられる写真もなしという事態に。

このままではますますブログ記事にならない・・・どうする!?

と、その時!

桜フェスティバルには関係ないのですが、前を通った日本橋高島屋が
異様な事態に・・・!!

ポケモンに占拠されてる( ゚ ω ゚ ) 
180318_4.jpg  180318_5.jpg

うじゃうじゃ、うじゃうじゃ...

しかも、外だけじゃなくあの格式高い店内までΣΣ(゚д゚lll)  ナンジャコリャー!
180318_6.jpg

こちらはポケモンの何かイベントをやっていたようで、入場制限がかかっていました。

紙の手提げ袋にまで黄色のポケモンがうじゃうじゃ描かれていて、年配のお客さんも
その袋を持っているのがなんだか可笑しかったです。

そんな写真で誤魔化す今日のブログでした(^_^:)

hanabira.jpgのサムネール画像

現場で食べることはできませんでしたが、大好きな、四国(愛媛)松山銘菓の
「一六タルト」の桜版など、いくつかの桜メニューを買って来て
家で楽しむことにしました♪

↓桜リキュール、桜ゼリーなど。
180318_3.jpg

謎解きを楽しみながら満開の桜の下を歩き、桜メニューを堪能する・・・
来週末は「桜屋台」も出るようで、とても賑わいそうです。

都心にいても春らしさを満喫できるイベントです♪

新「道の駅」&高速道


180304_1.jpg皆さま、こんばんは。
3月に入ったらやはり春!急に暖かくなった気がします。

今日は久しぶりに「道の駅」の話題です。

道の駅といえば今まで、ドライブで遠くまで行かないと無いイメージだったのですが、
ついに私の地元にも来月道の駅がオープンすることになりました。

千葉県の市川市なので、道の駅「いちかわ」。
ネーミングを募集した割にはそのままの名前になりました(^_^;)

その道の駅で、昨日プレオープンイベントがあったので偵察に行って来ました!

180304_2.jpg

会場はこの混雑↓ いろいろなお店が出店していましたが、あまりにも人が多くて何も買えず(-_-)
180304_3.jpg    180304_4.jpg

実は、道の駅のすぐそばに新しい高速のインターチェンジが出来るのですが、
道の駅よりも、この新しい高速こそが地元の悲願!

↓外環道。下の赤い区間が6月に開通予定
gaikan2.jpg

昭和44年に計画が決まってから何と約半世紀!
用地買収と工事が遅れに遅れ、やっとのことで開通の運びとなりました。

高谷JCTは私の家からほど近いのですが、今まで埼玉県の三郷に行くには
一度都心を経由しなければならず、近いようで不便でした。

それが!外環がつながればわずか15分に短縮と聞いています。
三郷はともかく、さらにその先にある関越道が夢のように近くなるので、ずっと
楽しみにしていました(・∀・*) ワクワク

昨日は、その工事中の外環道も一部開放されて見学ができました。

180304_5.jpg

↓半地下にあり、スリットから地上の光が降り注ぐ構造になっています。
180304_6.jpg  180304_7.jpg

↓パネル等の展示も。国土交通省やNEXCOの方が詳しく説明をしてくれます。
皆さん積極的に質問をしていました。
180304_8.jpg  180304_9.jpg

出口の看板は出来ていましたが、肝心の道路がまだまだ。早く利用したーい!!
180304_10.jpg

この工事中の外環道を利用してのイベント、スーパーカーのパレード&展示。
40台近いスーパーカーが一堂に会し、圧巻でした(車名は全くわかりません...-_-)。
180304_11.jpg  180304_12.jpg
180304_13.jpg  180304_14.jpg

高速道路の開通までにはまだ3ヶ月もありますが、今度こそは!延期に
ならないことを祈りつつ・・・今からドライブ計画でも立てたいと思います♪

それではまた(^o^)ノ

平昌オリンピック -異例の番組欄-


こんばんは。
平昌オリンピックも閉会しましたね。

Olympics.jpg
今さらですが、上のロゴの棒のようなマーク、何を表しているかわかりますか?
聖火台と雪・・・?なんて思っていたのですが。

それもあるのかもしれませんが、平昌(ピョンチャン)はハングルで書くと
こう↓
pyeongshang.jpg

左の文字が「ピョン」、右の文字が「チャン」です(韓流ブームの時ちょっと
ハングルをかじった私^_^; )。
色のついた部分(日本語で言えば「ぴ」と「ち」)がロゴの元になっているんですね。



さて、最近ブログの更新も滞っているし、終わってはしまったけど何かオリンピックの
ことでも・・・・ということで、今日は視聴率も羽生くんに迫る数字だったという
カーリング女子の話題でいきたいと思います。
 
1f94c.png

今回のカーリング。
一次リーグで3連勝しているという情報もあって、私は先々週の週末(4試合目)に
なって初めてテレビ観戦。
・・・それまではほぼ気にかけていませんでした。10ヵ国の総当たりというのも
知りませんでした。

試合では、なんであんなに狙い通りにストーンを投げられるんだ・・・とついつい
見入ってしまい、一人で熱狂! 日本、なかなか強い!!

これは会社でも話題になるだろう・・・と思っていたところ、週明けに会社で
興奮してその話をするも、誰も見ていないしみんな冷めてる(・_・)オヤ?
うーむ。。。語る相手がいないとは・・・。

そんな中、21日(水)の夜。
日本が準決勝に進めるかが決まるスイス戦がありました(勝てば進出決定)。

ちょうどその時間は飲み仲間3人娘(サブトラポンさんとU先輩)で居酒屋にいて、
私だけが経過が気になってスマホを見たりしていたのですが、それにつられて
ついに他の2人も自分のスマホで速報やら中継を
見始めました。

結果、日本は負け。

でも、同時進行中のアメリカ×スウェーデン戦でアメリカが負ければ
日本が準決勝に進めるので、他力本願ですがまだ可能性はある!
果たして結果はどう!? 飲みながら話題はそちらに集中しました。

サブトラポンさんがアメリカ戦の中継をアプリで見せてくれた頃には、
みんなお酒そっちのけで観戦するまでに至っていました(^_^;)
2人はルールを全くわかっていないため、少しでも知っている私がまるで
解説者のように説明したりして・・・。

アメリカが負けて何とか日本の準決勝進出が決まったので、その日はいい気分で
お開きになりました。

準決勝は23日(金)。

だんたんと国民からも注目されて来たようです。
驚いたのはあのお堅いイメージのNHKのテレビ欄!
よほどカーリングが好きなのでしょうか????
ここからはその異例な番組欄とともに振り返りたいと思います。

180225_5.jpg

23日(金)
流行語になりつつある「そだねー」が番組欄に登場。民放ならともかく
NHKが...これを見た瞬間は笑えて母に話した程です。
話題の「おやつタイム」の説明まで。なんかほっこりします。

180225_1.jpg

この「日韓戦」の時間は、金曜夜ということもあって、またまた会社の
U先輩と2人で行きつけの居酒屋にいました。

地下で電波の悪い店内。
スマホで速報を見るも、イマイチ更新が遅くイライラしていたところ、
サブトラポンさんが今日は家で観戦中とのことで、LINEで逐一状況を
教えてくれました!(・・・興味なかったはずなのに私の影響でハマった!?)

速報よりよっぽど臨場感があって良かったです♪
・・・相変わらずルールはよくわからないまま見ているようですが(^_^;)

最終の第10エンドで劇的にも同点に追いついたとのことで、テンションはMAXに!!

そして運命のエキストラエンド・・・固唾を飲んで次の報告を待つ私たち。


Screenshot_20180225-153604.jpg


あー。。。。。(; ̄□ ̄)

ここで一気にテンションも下がり、この後はやけ飲みしてお開きとなりました。

明日の3位決定戦は土曜日だから家で見られます。
銅メダルをかけ応援しましょう。。。


24日(土)朝刊
番組欄には珍しく、文章のように長々とした説明。
昨夜の結果が新聞発行に間に合わなかったようで、なんと祈りの感情表現まで!
番組欄に「願います」とか...これにも驚きました。熱意を感じます。
そして最後には「そだねー」がちゃんとあります(^_^;)

180225_3.jpg


24日(土)夕刊
いよいよ20:05から3位決定戦。
NHKの番組欄は「そだねー」連発。おやつタイムに何を食べるかまで気にしてます。
明日の決勝戦の告知も。

180225_2.jpg

試合は絶体絶命のピンチからの勝利!感動的でした。
当初冷めていた2人とも、休みの日にも関わらずLINEで喜びを分かち合いました。

25日(日)
日本は出ない決勝戦。番組欄には「見納め」などというコメントが。
やはり、NHKのカーリング愛はとても強いみたい・・・
180225_4.jpg

いろいろな話題もあって楽しめた今大会のカーリングでした。

緻密な戦略と正確なショットがなければ勝てない・・・奥深さに魅了されました。

gahag-0020171552.jpg

すっかりハマって、"そうだ、ルール本を買おう!"と思い探してはみたのですが、
出ていない模様。残念。
次はルールをちゃんとわかって応援したいものです!

銅メダル、おめでとう(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚?(゚▽゚*)
pyeongchan_2.jpg  

創立55周年を迎えました

本日2月6日、当社は創立55周年を迎えました。

50周年の時にもこのブログを書いていましたが、もう5年も経ったのかぁ
という気分です。

創立は昭和38年(1963年)で、当社の旅行業登録番号は「67」です。
現在、第一種の旅行会社が2,000社以上あるのですが、その中で「67」、
意外と老舗なんです(^o^)

廃業したりした会社の登録番号は欠番になり、現在、当社より古い登録番号の
旅行会社はわずかに14社のみとなっています。

本日は終業後に社内でささやかな式典があり、これまでこの会社の歴史を
築いて来られた諸先輩方のことに思いを馳せたりしました。

記念品は、長い年月を思い、「年輪」です。
180206_3.jpg  180206_2.jpg

そして、入社45周年、49周年というお二人。当社には入社40年以上の方が現在4人います。
180206_1.jpg

一つの会社に40年以上・・・敬意を表します。

次の5年後はついに会社も還暦を迎えます!
その頃果たしてどうなっているのか・・・考えると少し怖いですが(´д`)、目指すはさらにその先へ・・・!

これからもトラベル日本をよろしくお願いいたします!!

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

180131.jpgこんばんは!
皆様、昨日の皆既月食はご覧になりましたか??

このブログでも皆既月食のことは過去2回ほど書いたことがありますが、
今回は「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」などという、聞いただけで凄そうな(^_^;)
名前がついた特別感ある月だということで・・・。

スーパームーン...大きく見える月
ブルームーン...1ヶ月のうちに2回目の満月(英語の慣用句"once in a blue moon"="ごく稀"から)
ブラッドムーン...血のように赤い月

これが全て同時に重なるのはとても珍しいことだというので、是非見たいと
思っていました(昨日朝のニュースでのにわか仕込み^_^)。

昨日は、会社を出た時間がちょうどタイミングよく、空を見上げると明るい満月が
ちょっと欠け始めているところでした。

地元の駅に着いた頃にはさらに明るい部分が減っていて、家まで歩く間はだんだんと
黒くなっていく様子を楽しみました。

そして、家に着いた頃にまさに皆既食がスタート♪
今回は1時間ちょっとの長い間ゆっくり楽しめるということで、薄い赤色から最盛期(?)の
濃い赤色まで何度か外に出て鑑賞いたしました。

月が暗くなる程、写真を撮るのはどんどん難しくなる.../(*-_-*)ヽ ムムム...

曇りとの天気予報が見事に外れて、クッキリと見えたのは幸せでしたヽ(´∀`)ノ
こんなところでも晴れ女発揮か...!?

それではまた!
皆さまこんばんは!
ケニアレポートも今回が最終回になります。

今日は、行ったところ、見たもの、いろいろ取り混ぜてお送りします♪
あまり脈絡がなくてすみません...(^_^;)

まずは、ケニアのことを知らなければ!ということで。

■ナイロビ国立博物館・ヘビ園
180114_1.jpg  180114_2.jpg

ここには人類の歴史からケニアの文化・歴史等に関する展示があります。
サブトラポンさんが是非見てほしいと言って、やって来ました!

ここで、私たちを案内してくれている方から直接、ケニアの歴史や文化の説明を
かなり詳しくお聞きすることができました。

今も残るスラムのこと、そこに住む人たちや国が今考えていること、実のおじいさんが
イギリスからどんな目に遭わされたか・・・それは1950年代・60年代のことで、
歴史といえどもそう呼ぶにはあまりに最近過ぎる生きた声であり、今まで全く知らなかった
ケニアのことを少し深く知ることができたとても貴重な時間で、忘れられないものと
なりました。

群を抜く鳥類の展示数に驚いたり、隣のヘビ園では生きたコブラを初めて見たり、
予想以上の長居をしてしまい、昼食時間を入れたら何と4時間近くも滞在していました(@_@)
勉強熱心な私たちです!
やはり、説明が良いと、こういう場所は本当に有意義なものになりますね。

注・写真のゾウは、ケニアで愛されたというゾウの像です。本物ではありません。

■ジラフ・センター
180114_3.jpg  180114_4.jpg
ナイロビ近郊で、キリンに餌やりができる施設です。ここは人気スポットと言えるでしょう♪

建物に上がると、キリンの顔が間近に!
サファリではキリンに触ることはできませんが、ここでは撫でたりできます♪

私たちが行ったのは午後で、キリンも午前中ほどお腹が空いていないという
ことだったのですが、餌を手に持つそばから顔を突っ込んで来て、バクバク
食べられてしまいます。

私のあげ方は下手なようで、何とキリンに噛まれて指を負傷・・・(>_<)!! 
流血の事態となりました(汗)
噛む力、かなり強い・・・破傷風になったらどうしよう?(lll・Д・)
ちなみに今もまだ歯の跡が残っています。

案内してくれた方いわく、「キリンは草食動物だから、犬とかみたいには
ならないよ。みんな噛まれてるし、本当にそうだったら口から餌やりは
(子供たちは口に餌を加えて"キリンとキス"のようにやっています)できないでしょ?」

え?まぁ、それなら安心しましょうか。。。
でも、破傷風には潜伏期間があり、未だ不安が残ります。

■ジャカランダの木
180114_5.jpg  180114_6.jpg
日本の桜のように、町が紫に染まるというジャカランダ。
ナクル高校の敷地に許可を取って入らせてもらって撮影(左)。車道はジャカランダ並木で、車内からも撮影(右)。

11月にしか咲かないはずの花が、なぜ1月の今咲いているの・・・?
聞くと「異常気象」とのこと(^_^;)
もちろん今はほとんど葉っぱになっていますが、満開時は素晴らしいんだろうなぁと想像がつきます。

■コーヒーのプランテーション
180114_7.jpg  180114_8.jpg

ケニアはコーヒーの品質がとても良いことで有名です。

実の皮をむいてみると、色は白いのですが、形はまさにコーヒー豆!
なめてみるとちょっぴりコーヒーの風味がしました。

写真は割愛しますが、近くには広大な紅茶畑もあります。
ちなみにリプトン紅茶はケニア産だとか・・・

■赤道またぎ
180114_9.jpg

ケニアは、赤道が通っている数少ない国の一つです。ちょうどここが赤道。
SUBUKIA(スブキア)という町で、標高は2,250m地点です。

北半球、南半球、赤道上で、漏斗から落とした水がそれぞれどっち回りに落ちていくかの実験。
180114_10.jpg  180114_12.jpg

赤道からそれぞれ20mずつ離れてやってみると、確かに回り方は逆になって
いました。赤道上ではほぼ渦は巻かず。これは滅多に体験できることではありません!

赤道初体験は楽しかったです♪

日本と同じように証明書商売もちゃんとあります(^_^;) ※名前はトラぽんに加工しています
「赤道渡った証明」
SCN_180122.jpg

ここは、証明書を書いてくれたり民芸品を売るお店。
180114_11.jpg

■グレート・リーフ・バレー 標高2,550m
180114_13.jpg  180114_14.jpg
日本語で言うと「大地溝帯」。アフリカ大陸を縦断する巨大な溝です。
遠い将来、アフリカ大陸は分断されてしまうそうです。

■車窓風景

車窓からは日本では絶対に見られない様々な光景が通り過ぎて行き、見ていて
全く飽きません。

町並み。
180114_17.jpg  180114_18.jpg

また、道沿いではいろいろな物が売られています。バケツいっぱいに入ったジャガイモ、羊や牛の皮・・・
180114_15.jpg  180114_16.jpg

バケツのジャガイモは安くて、田舎で買ってナイロビの人に持って行くと
喜ばれるそうです。スーパーで買うのは厳しい、ということで。

途中、標高3,000m超えの場所も通りましたが、さすがに赤道直下の国、その標高でも
半袖という人もいました。
ちなみに、知らなかったのですが、4WDの車には標高が表示される機能があるんですね!
180114_19.jpg

■ニャフルルの滝

ケニアで最大の滝。ですが、滝を見る前にまずはロッジでランチタイム。のどかで素敵な所です。
180114_22.jpg  180114_23.jpg

今回のメニューはピザとケニアビールの「ホワイトキャップ」。
180114_21.jpg  180114_20.jpg

そういえば、日本はキャッシュレス化が遅れていると最近よく耳にしますが、
ケニアではあらゆるところで支払いは携帯電話の個人アカウントで行うそうです。
そのため、現金はあまり使用しないとのこと。
携帯を持っていない人は?と思ったら、安いのでほとんどみんな持っているとか。

案内してくれた方が、「ケニアは日本より50年遅れている」とおっしゃっては
いましたが、なかなかどうして、キャッシュレスはケニアの方がだいぶ進んでいると
感じました。

さて、腹ごしらえの後は滝見学です。下まで降りると1日かかりそうなので上からだけ。
180114_24.jpg

ランチをしたロッジも素敵なのですが、向かい側に新しいリゾートホテルが出来ました。
180114_25.jpg  180114_26.jpg
もう暗くなりかけていたのであまり写真が撮れなかったのですが、ここがまたいい!!
実は、旅行会社の血が騒ぎ(?)急遽ホテル内を視察、案内して頂きました。

暖炉のある広い部屋、温水プールにジムにサウナ・・・

値段を聞くとそれ程高くもなく、ここも絶対に綺麗なホテル好きの日本人も大満足だろうと
思いました。

■日本食

ケニアで日本食が食べられるの?という質問があるかもしれません。
2軒程行きましたのでご紹介。

まずは、JAPANESE IZAKAYA(日本居酒屋)のチェカというお店です。
チェカとは、スワヒリ語で「笑う」の意味だとか。日本人の夫婦が経営しています。

居酒屋でなじみのメニューがずらり!
180114_28.jpg  180114_27.jpg

お店は元々個人宅だったところを改装したようで、本当にわかりづらいところにあり
知っている人でないとなかなか行くのは難しそうです。

日本人の駐在員らしき人も数人来ていました。

肝心のメニューですが、ケニアには無いという豆腐(冷奴や揚げ出し豆腐)もあったし、
この乾燥地帯のどこから持ってきたの?というお刺身までありました。
味は、日本と変わらないものもあれば、"?"というものもありましたが、こんな場所で
日本の居酒屋に出会えたことは驚きでした。

もう一軒は、ナイロビの町の中にある「てりやきジャパン」。ここは割と有名です。180114_29.jpg  180114_30.jpg

元々丸亀製麺(トリドール)が経営していたのですが、撤退して今は地元企業の
経営になっているようです。

私たちが食事をしていたら、ここで働いているという日本人の若い女性が
「日本の方ですか?」と話しかけて来て、いろいろ話を聞きました。

この方は、旅行でケニアに来たのがきっかけで半年前からナイロビで暮らしているという
ことでしたが、文化が違い過ぎてなかなか大変...と話していました。
「旅行では良いところしか見えなかった」...確かに、そうかもしれませんね。

食事については、照り焼きチキンや焼きうどんなど日本っぽさもありますが、
純粋な日本食とは少し違います。

■象の孤児院

象牙を狙った密猟のため親を亡くした子象たちを保護している施設。
11時から12時の1時間だけ一般に公開されています。

お客さんが象を見られる場所は決まっているのですが、時間になると子象たちが
トコトコと小走りに駆けて来るのがなんとも可愛いです
1f495.jpg
180119_8.jpg  180119_7.jpg

ごくごくとミルクを飲む様子などを見ることができます。
180119_9.jpg

大きくなったら野生に返されるとのことですが、どうか密猟などに遭いませんように。。。



以上、長くなりましたがケニアのいろいろな面をお伝えしました。
ケニアがどんな国なのかあまり知らなかった方も、少しは雰囲気が伝わったでしょうか。

今回、同行して頂いたケニアの方は、本職の添乗員・ガイド以上のきめ細やかさと
わかりやすい説明で、本当に素晴らしいアテンドをして頂き、いくら感謝してもしきれません。
彼のおかげでケニアの印象が素晴らしく良いものになったことは間違いありません。
旅行会社の社員として、学ばなければならないところをいろいろと感じました。

以上、ケニア旅行記、これで終了とさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました!

ケニア旅行記・2 -ケニアを走る日本の車-

180119_1.jpg

こんばんは!

昨日、雪のために早目(16時とか17時台)に帰宅した方々は、超絶ラッシュで
駅も入場制限だった・・・などとニュースでやっていましたが、私が帰宅した
頃(20時台)は、そのお蔭で電車はガラガラ!

いつもはあり得ないことですが座れてしまい、雪の影響もまだそれ程なく、
何事もなく帰宅できました。
誰もいない社内で自分の仕事にも集中でき、結果としてはいいことづくめでした。



さて、今回はケニアレポートの2回目です。

サファリ以外にケニアって何があってどんな国なの?陸上やマラソンでは
よく選手を見るけど・・・という方も多いのではないでしょうか!?
私もそうでした(^_^;)

でも、ケニアのいろいろな場所などの話は次回にまわして、今日はケニアの
車・道路事情を紹介したいと思います!



まず、ケニアの国内を車で走っていると、特に意識していなくても日本車が
あまりに多いことに気がつきます。
乗用車、トラック、バイクとも日本車ばかり。
9割以上は日本車では?という感じで、外車もそこそこ走っている日本よりも
日本車率が高くて驚きました。

話を聞くと、以前は植民地だったこともあってイギリス車(ランドローバー)が
多かったのですが、大統領が変わってから、イギリス車を排除し日本車を輸入する
方針に決まったそうです。

なぜ他の国でなく日本の車?というのは聞きそびれたのですが、よくよく考えると
ケニアはイギリスと同じ左側通行・右ハンドルで、日本車と同じだからでしょうか。

日本から中古車として輸入された車は、ケニアでそのままの形で利用されていて、
日本でリヤガラスに貼られた燃費などのステッカーもそのままという車も結構ありました。
そういうの、剥がさないで輸出するんですねぇ。これまた驚き。
もちろん、車名も日本のままです。

さらにはナンバープレートも、後ろはまるで日本の軽自動車みたいな形と色。
(前は細長い形の白色ですが・・・)

しかも、中古車の輸入は製造から8年未満と決まっており、古ーい昔の車種ではなく、
今の日本で普通に見る車がたくさん走っているんです。

そういうのが重なって、"ここは日本の道路か!?"と錯覚してしまう程でした。
遠い遠いアフリカにあって、親近感がわきますね。

悪路が多いためか4WD(プラド等)が多いですが、vitzのようなコンパクトカーも
走っています。特にトヨタが多いですが、本当にありとあらゆる車種が走っていると
言ってもいいと思います。最新の車種から、ちょっと古い車種まで...

日本車率が高い海外の国には今までも行ったことがありますが、ここまでいろいろな
車種が走っている国は初めてで、車を見ているだけでも面白かったです。

ナイロビにある、アフリカ最大というトヨタの新車ショールーム。相当な大きさです。
180119_2.jpg  180119_3.jpg

ただ、車検のシステムはなく自己管理だそうで、整備不良の車はかなり多いです。

テールランプが点かない、排気ガスがモクモク・・・
ガタガタ道を通って、後ろのランプの部品(カバー)を落として行ったトラックも
見かけました(o_o ;)



もう一つ、車の関連といえば、首都ナイロビの交通事情はひどいです。

普通の都会の街なのに信号はほとんどなく、あっても点いていないなど
機能していないところがあります(そういう場合は警察の誘導で対応)。

歩行者用信号があってもほとんど無視され、いつでもどこでも人が
車の前を横切って来ます。

交差点にすればいいのに、と思えるところも、なぜかロータリー式で、
いつどのように入って出れば良いのか、一応ルールはあるそうなのですが、
見ていても全くわかりませんでした。
交通量が多いので常に他の車と接触しそうな程運転が難しく、案内してくれた方に
言わせれば、「ナイロビの道を運転できれば、日本は簡単過ぎる」

そのようなロータリーが何ヶ所かあるため、ナイロビの道路は常に大渋滞となります。
電車でもあればいいのに・・・とは現地の方でも思うそうです。

そして、路線バスは、とてもそれとは思えない程ド派手!!
日本だったらヤンキー(?)の車にしか見えない色やペイント。これが路線バスとは・・・
町中は渋滞とド派手バスで、東南アジアの混沌のようなイメージでした。

本当は写真を撮りたかったのですが、車の前の席で荷物などを持っていると
窓から盗られる恐れがあるとのことで、ナイロビ市内の写真はあまりありません...

ケニアを旅して、車関係のことは強く印象に残ったのでちょっと詳し目に
書かせていただきました!



ではちょっと気分を変えて。

24時間の旅を終えてナイロビに着いた初日は、市内を少しだけ案内して
いただきました。

ホテル、見学施設等どこに行ってもそうなのですが、テロ対策で、入口の門や
ボディチェックなどかなり厳しくなっています。
その分、安心といえば安心ですが...。
ちなみに、今回の旅の間では幸い、危険を感じたことは一度もありませんでした。

初代大統領、ジョモ・ケニヤッタの像。
180119_4.jpg

「初代」といっても、ケニアがイギリスから独立したのが1963年のことなので、
ごく最近の方です。

隣接するケニヤッタ・インターナショナル・コンファレンスセンターの円筒形の建物は、
どこからでも目立ち、ナイロビのランドマーク。最上階からはナイロビ市内が一望できます。
180119_5.jpg  180119_6.jpg

これでちょっと初めてのナイロビに触れ、夜はケニアのお肉料理屋さんに
連れて行って頂き、初日からケニアビールを飲みまくった次第です(._.)

・・・が!何ということでしょう、ここでの写真を全く撮っていませんでした(汗)
私の心にもまだ余裕がなかったのでしょうか(^_^;)

次回は写真盛りだくさんでお送りしたいと思います♪
それではまた(^o^)ノ

ケニア旅行記・1 -サファリ体験-

180115_1.jpg
180115_2.jpg
皆様、こんばんは!
更新が久しぶりになってしまいましたが、先週の一週間、アフリカのケニアに
行っていました。

通常、この時期に長期の休みを取るのは難しいのですが、今年は勤続〇周年の
特別休暇を会社から頂いたので、それを使って思い切って行くことにしました。

なぜケニアかというと、以前一度だけブログも書いてもらったことのある
アルバイトの「サブトラポン」さんが、毎年この時期に1ヶ月位ケニアに滞在
するのですが、それに合わせて私も1週間だけお邪魔して、一緒に旅をして頂きました。

現地では、サブトラポンさんの知り合いで日本在住のケニア人の方がご一緒してくれて、
ご自分の車で最初から最後まで案内をして下さいました。

ケニアへは、行くだけで24時間程かかりますので、正味5日の短い時間でしたが
その中で訪れた場所、感じたことをレポートしたいと思います♪



ケニアといえば、まずは動物、サファリですね。
ということで、本日はサファリのレポートをお届けします
(何日に分けるつもりなのか...^_^;  書くことが多いので長くなります!)。

ケニアには国立公園がいくつかありますが、今回訪れたのは、ナクル湖国立公園
(首都のナイロビから車で約3時間の場所)です。国立公園でサファリができます。

180115_4.jpg

一番大きな国立公園は「マサイ・マラ」というところですが、こちらは
飛行機で行く距離のため今回のスケジュールでは断念。

飛行機で行っても現地での車(レンタカー)の調達が費用面でも難しく、
自家用車で行かれる場所の方が良いとのことでした(レンタカーは日制ではなく
距離制とのこと)。

このナクル湖国立公園は、以前はフラミンゴの大群で有名でしたが、最近は
雨が多く、ナクル湖の水位の上昇でフラミンゴの餌となるプランクトンが減少して
フラミンゴはわずかしかいなくなってしまいました。

かつてのメインゲート。この先が水没しており、現在使用不可。
180115_5.jpg  180115_6.jpg

現在のメインゲートは高台の上にあります。
180115_7.jpg

入口の係の方は、迷彩服に猟銃を持っていて物々しいですが、人間を撃つのではなく、
動物に襲われそうな人間を助けるためのものとのことでした。

ゲートを入ると、パーク内の移動は自由。
ここからいろいろな動物に出会えます。
現地の方は、かなり遠くの動物まですぐに見つけて教えてくれ、びっくり。
全然わからなかった...(・_・) それで、動物のいる方へ車を走らせます。

初っ端に出会ったのはシマウマ。いきなり近くで見えて感動!
でも「まだまだ、こんなものじゃないよ」と(^_^;)
その言葉通り、シマウマにはかなりたくさん出会うことができました。
親について歩く子供シマウマは毛もふさふさで特に可愛い1f495.jpg
180115_3.jpg  180115_10.jpg
180115_9.jpgバブーンの毛づくろい。子供の表情が何とも気持ちよさそう。ボス(?)の威厳は凄い!
180115_13.jpg  180115_13_2.jpg
180115_12.jpg
ナクル湖を見下ろす展望台。
世界各地への方向と距離を示す板がありましたが、残念ながら日本はありませんでした。
180115_14.jpg   180115_16.jpg
180115_15.jpg

ここでは、珍しい色のトカゲにも出会いました。
180115_19.jpg

それにしても暑い!気温は33℃くらいありました。

展望台を下りて、水辺に向かいます。

いなくなったというフラミンゴも、全然いないわけではありません。
少しはいます。でも、餌が影響してあまりピンク色になりません。
180115_17.jpg

180115_18.jpg

これもまた自然の摂理。
180115_23.jpg

インパラ。2頭が重なっているのがまた可愛い1f495.jpg 雄には立派な角があります。
180115_20.jpg  180115_21.jpg
180115_22.jpg

サブトラポンさんが大好きなキリンに遭遇1f495.jpg
180115_24.jpg

足の下が白い、ロスチャイルドキリンという種類だそうです。

おや?車を誘導してくれるんですか?(*^o^*)
180115_25.jpg

キリンはサバンナによく似合います。180115_26_2.jpg180115_27.jpg  180115_28.jpg

サファリは一日がかりで行うため、ランチは国立公園内のロッジで。
180115_32.jpg  180115_33.jpg

もちろん宿泊もできますが、料金は高め。私たちは食事だけ楽しみました。

この時ちょうど、日本にいる会社の仲間からLINEが入り、いつもの店に飲みに
来ているとのこと(時差は6時間で日本は夜です)。
こんな場所でもLINEで会話できるなんて、現代ですね・・・。
ホテルなどの施設では大抵Wi-fiがつながるのはありがたいです。

ランチの後、午後の部に出発!

バッファロー。群れで行動しています。
180115_29.jpg私たちは自家用車でしたが、サファリツアーに参加すると、このように上から顔を出して
バッファローの移動の様子を見ることもできます。
180115_30.jpg  180115_31.jpg

バッファローにいつもくっついて歩いている鳥がいます。
この鳥はサギで、バッファローに寄って来る虫を食べてくれるのだそうです。
180115_39.jpg

ところで、出会いたいと思っているのはライオンですが、なかなかお目にかかれず。
パーク内のレンジャーの方に、"居場所がわかったら連絡をくれ"と携帯の番号を渡して
頼んでくれましたが...
とにかく夕方まで粘ります!

その他に出会った動物たち。

ガゼル、イノシシ。
180115_34.jpg  180115_35.jpg

ホロホロ鳥。
180115_36.jpg  180115_37.jpg

カムッツル(冠鶴)。
180115_40.jpg

周辺の動物たちが慌てて逃げ始めたと思ったら、肉食獣のハイエナ。
180115_38.jpg

サイ。これも何か鳥が乗っています。
180115_41.jpg  180115_42.jpg

マカリアの滝と、周辺にいたバブーン(猿)。雨が少なく、滝の水量はかなり少なめ。
180115_45.jpg  180115_46.jpg

動物たちの活動が活発になる遅い時間までいましたが、ライオンには残念ながら
会えませんでした。

夜になると、前が見えない程の虫(蚊?)の大量発生!空を埋め尽くしています。恐怖((( ;゚Д゚)))
180115_43.jpg  180115_44.jpg
案内してくれた方も、何回も来ているけどこんなの見たことないと驚いていました。

私たちにはどの道も同じように見えて道案内の看板もないので、真っ暗な中本当に
出口に帰り着けるのか不安でしたが、無事に戻れて終了!となりました。

今日は国立公園内だけで何と走行距離100km!とにかく広大です。

別の場所で出会った日本人の方(国の援助を受け仕事で来ているという女性)が言っていました。
ナクルはフラミンゴがいないから行かないと・・・。

でも、これだけ多くの動物たちに出会うこともできますし、周辺の町には新しい
ホテルも出来ています。私たちが泊まったホテルも昨年建ったばかりです。

180115_47.jpg
180115_48.jpg  180115_49.jpg

スタッフも皆さんとってもフレンドリーで、教育も行き届いている感じがして
温かい雰囲気のホテルでした。国立公園内のように高くもなく、綺麗なホテルを求める
日本人の方も満足できるはずです♪

以上!本日はナクル湖のサファリレポートをお送りしました。
次回は、サファリ以外のケニアをご紹介したいと思います♪
 
本日、関東地方では大雪警報のため、会社は16時に退社指示が出ています。
私は休んでいたこともあって仕事が終わらず・・・外を見るとたいぶ積もっているようです。
それでは、これにて失礼いたしますm(_ _)m

謹賀新年 平成30年

180104_1_2.jpg

皆様、あけましておめでとうございます。
本日より営業を開始いたしました。

今年の年始画像は何にしよう・・・?と考えましたが
特に思いつかず、家にあった啓翁桜です(^_^;)
ちょうどいい具合に咲いていました♪

さて、皆様、お正月休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は昨日、3年ぶりに箱根駅伝の復路を会社の前(最終10区)で
観戦致しました。

注・以下、個人的な感情が入って少々長くなります...


母校の成績が近年は惨憺たるもので、昨年は出場さえできず
最多連続出場記録が87回で途絶えてしまった絶望の年でしたが・・・
今年は満を持して!



一昨日の往路はまぁまぁの順位でシード権も狙えそうでしたので、
昨日の復路に期待でした。

と、ところが・・・・・・

朝起きて復路最初の6区のTV中継を見たところ、2つも順位を落とし、早々にシード権が危うく。
(゚Д゚)ハァ?

続く7区、8区での巻き返しを期待するも、逆に1区終わるごとにシード権内(10位)から
2分、3分と遅れて行き、家を出る前には順位が1つ後退。
あーあ、もう・・・・(´д`) 絶望。

応援に行く気も失せかけましたが、母校の旗も用意してしまったし、とりあえず
行くことにして電車に乗りました。
前は見えない程どんどん離されてしまいましたが、最低限このままの順位キープでお願いしますよ!!

と、ところが・・・・・・

沿道に着いてスマホで中継を見ると、さらに順位が1つ後退している。。。
(゚Д゚)ハァ? あんなに間隔開いてたのに!?
 もうどうしようもない。。。

気合の無さから沿道に行くのが出遅れたのですが、かろうじて最前列で待ちました。

そして・・・・・

上位の選手が次々目の前を走り過ぎて行きます(とにかく凄いスピードで、
目の前で普通に撮ると写真はぶれぶれになってしまう程です!あの速さを20km
以上も維持するなんて...)。

やっと・・・直前まで見ていた中継では確かこの大学の次のはず!
と旗を持ってドキドキ・・・・(人垣で先が見えない場所なので、選手が来るまで
全く順位がわからない)

遠くから歓声が近づいて来ました。うちの大学・・・?

えっ???

やって来た選手は、確かかなり後方を走っていたはずの大学の3人ではありませんか。

えっ?????うちの大学、どこ行ったの・・・・・?

ここで3年前と5年前の悪夢が頭をよぎりました。

3年前・・・9区終わりまでシード権内→10区(最終)でほぼ最下位に転落
5年前・・・途中棄権

まるで3年前の悪夢の再来かと思えるように、待てども待てども来ません。。。
不安ばかりが募ります。

最終的に、ここまでの悪夢にはなりませんでしたが、何とも残念な結果で
あっけなく終了となりました。。。

ということで、写真は全21校(出場校+学連選抜)の10区アンカーの選手たちです。
到着した順番に並んでいます(途中での繰り上げスタートがあるため実際の順位とは異なります。)
さてここで問題です!今話題にした私の母校はどれでしょうか(^_^;)
180104_2.jpg180104_3.jpg180104_4.jpg180104_5.jpg180104_6.jpg180104_7.jpg180104_8.jpg180104_9.jpg180104_10.jpg180104_11.jpg
180104_12.jpg180104_13.jpg180104_14.jpg180104_15.jpg180104_16.jpg180104_17.jpg180104_18.jpg180104_19.jpg

シード権を取れず、今年また予選会のプレッシャーです(-_-) 
あれはとっても心臓に良くないっ(>_<)!



今年もハッピーなスタートとはなりませんでしたが、他のことでは
良いことがありますように・・・切に願います。

それでは皆様、今年もトラベル日本を(ブログも)よろしくお願いいたします!

2017年仕事納め

i15-15-01.jpg

2017年も残すところあと2日となりました。
本日、当社は仕事納めとなります。
171229_2.jpg

皆様、2017年はどんな1年だったでしょうか?


私は・・・

昨年の今日のブログで、"今年は入社以来最大の変化の年だった"
"来年はもっと落ち着きたい"というようなことを書いておりましたが、
今年は落ち着くどころかさらなる大変動があり、仕事は輪をかけて大変になりました...(-_-)

ブログを書くための(!)お出かけも、心の余裕のなさで減少気味でした(涙)
来年こそは、もっとブログを頻繁に書けるようにしたいと思います!


そして、今年は本当によく飲みに行った1年でした。171229.jpg
会社帰りにほぼ毎日のように行っていたような・・・しかも、社内のほぼ
同じメンバーでのローテーション(^_^;) 
そんなにしょっちゅう行ってて話題があるの??と思われるかもしれませんが
これがあるんですねぇ。。。毎回終電ギリギリまでいます(汗)

平日はそれが一番楽しみな時間・・・ということでほとんどオヤジと
化しています。女子が好む小洒落たお店は性に合わず、庶民的居酒屋が
一番落ち着く...♪と女子仲間で話しています(^_^;) 
社内に女性も男性も飲める仲間がたくさんいるのは嬉しいことです!

そんなわけで、本日もこれから飲みに繰り出すことになっておりますので、
今年のブログはこれにて終了とさせていただきます!

今年もブログのご愛読ありがとうございました。
来年1月4日にまたお会いしましょう。
よいお年をお迎えください。



↓写真は、長い工事が終わってやっと完成した東京駅前の広場。
 この日(12/27)は毎年恒例の「ミチテラス東京」(イルミネーション)開催中でした(5日間で昨日終了)。
 会社帰りに見に行きましたが、気合不十分でカメラを持ち合わせておらず、スマホにて...(^o^)ノ
DSC_0426-EFFECTS.jpg  171227_5.jpg 

171216_p1.jpgぴよぴよ、皆さん、こんばんは。
今日は、昨日とはうって変わってほんわかした話題です♪

皆様、名古屋で大人気というスイーツ「ぴよりん」をご存知でしょうか。

かくいう私は知らなくて、ガイドブックをなんとなく眺めていたら目に留まり、
先日「なばなの里」に行く途中新幹線を下りた名古屋駅で、会いたくて
お店に立ち寄ってしまいました(*´∀`*)
駅のコンコース内にあるので、すぐに行くことができます。

ババロアベースのぷるんぷるんのスイーツ。揺らすとぷるぷるします。

今はクリスマスのサンタバージョンが1日100個限定で販売されています。
↓普通バージョンと一緒に。
171216_p4.jpg

名古屋駅に着いたのが「なばなの里」へ行くにはあまりにも早過ぎる時間だったので、
お店でゆっくり食べることにしました。
9:30頃で、"ケーキを食べる時間じゃない!?"と思いましたがカフェなので結構
混み合っていました。

無残に食べられたところ(゚Д゚)  中はプリンです♪
171216_p2.jpg  171216_p3.jpg

外のショーケースに並んだ様子が何とも言えない可愛さ♪
「インスタ映え」か、並んでいる皆さん夢中で写真を撮っていましたよー。
171216_p5.jpg  171216_p6.jpg

こうなるともう圧巻でございますm(_ _)m 恐れ入りました...171216_p7.jpgお土産にしたいところですが、残念ながら賞味期限は当日中。
デリケートで、持ち歩くのもなかなか難しいということで、名古屋でしか出会えない・・・
だからこそ出会えた時の嬉しさは一入ですね(^o^)
171216_p8.jpg  171216_p9.jpg

「なばなの里」訪問記、これにて終了です!
ではまた(^o^)ノ


先日、「なばなの里」に行った帰りに、名古屋駅で珍しいものを見ました。


↓切断された新幹線(゚д゚lll)ギョッ ナニコレ!?
171216_s.jpg

帰りの新幹線の号車が13号車だったので、その位置に行くとありました。

そういえば、「名古屋駅の線路が一部使えない影響で上り新幹線の
一部列車に遅れが出ている」との表示がありましたが・・・

気が付くと、この新幹線が止まっているために上り新幹線は線路が一つしか
使えていない状況のようです。

最初は何とも思っていなかったのですが、鉄道マニアっぽい人達がしきりに写真を
撮っているのを見て、とりあえず撮っておこうかと(^_^;)

新幹線に遅れが出ているならニュースに何か出ているのでは?と思って
帰ってから調べてみると、これでした↓ (12月13日付 読売新聞より)
171216_s1.jpg


最近新聞紙上をにぎわせている、新幹線初の
「重大インシデント」。

12/11の博多発東京行き「のぞみ34号」の13号車(台車)から
油漏れや亀裂が見つかり、それ以来車両はずっと名古屋駅に
停車中とのことで、これがまさにその「のぞみ34号」の
13号車ということだったようです。。。

今はこの車両も撤去されホームも使えるようになっていますが、
本日の新聞では、なんと台車は破断寸前で、高速走行での脱線も
あり得た重大事故との報道でした(((゚Д゚)))

そんなこととはつゆ知らずホームにいた私は、ひっきりなしに来る
「のぞみ」や「ひかり」や「こだま」の全てが、たった一つだけの
ホームから発車していくのを見て、よくもまあダイヤをやりくりして
それ程大きな遅れもなく対処出来るなぁ、と逆にその技術に感心して
しまったのでした。

171216_s2.jpg

171216_1_3.jpgこんばんは!
先週の土曜日に日帰りで、三重県にある「なばなの里」に行って来ました。
今回はその訪問記をお届けしたいと思います♪

・・・そもそも皆様、「なばなの里」をご存知でしょうか?

ちなみに、先日会社の飲み会の際に話題に出したところ、知っている人は
誰もいませんでした(・_・)
関東地方ではどうも知名度がイマイチのようです...

四季折々の花を楽しむパークではあるのですが、何といっても有名なのは
夜のイルミネーションです☆彡

国内最大級のスケールと世界最高峰のクオリティと言われるイルミネーションで、
今年の全国イルミネーションランキング(プロの夜景鑑定士による)では、
「プロフェッショナルパフォーマンス部門」で全国1位を獲得しています
(「イルミネーション部門」では、栃木県のあしかがフラワーパークに続く2位)。

毎年上位にランキングされるスポットということで、いつか行ってみたいと
思ってはいたものの、なかなかきっかけもなくいたところ、毎年変わるイルミネーションの
テーマが今年はどうやら「くまもと」だということが判明!

熊本震災復興応援のためのようですが、「くまもとだモン!-くまモンのふるさと紀行-」を
テーマにくまモンがイルミネーションに登場するとあらば、行くのは今年をおいてない!!
と急遽決定いたしました。

そんな「なばなの里」。
ご存知ない方のために、どんな場所なのかレポートしていきたいと思います。
長くなりますが、メインの写真は後半に集中しております(^_^)



目的はイルミネーションですが、一応朝早くに出発。
でも特に他の場所には立ち寄らず、まっすぐ「なばなの里」に向かいました。

まず、最寄りの駅は、近鉄長島駅(名古屋から約25分)です。
とってもローカルな駅です。
15時くらいからは急行が臨時停車しますが、それまでは準急しか停まりません。
171216_22.jpg  171216_23.jpg

イルミネーション期間中は、ここから「なばなの里」行きの直通バスが出ています。
・・・が、朝は1時間に1本しかありません。駅前にもほぼ人が誰もいなくて、しーんとしています。
イルミネーションがメインの場所に朝から行こうという人がいないのか、こんなに大きな
バスもガラガラ(ちなみに、帰りは乗り切れない程の混雑でした)。
171216_24.jpg  171216_25.jpg

バスは10分程で「なばなの里」に到着です。時間は11時頃。

今年は「なばなの里」開園20周年です。
↓このフォトスポットも、夕方になると行列で正面からの写真は簡単には撮れなくなります(-_-)
 この時は人っ子一人おらず。
171216_21.jpg  171216_20.jpg

イルミネーションは10/14から来年の5/6(GW)までという長い期間開催されています。
イルミネーション=寒いというイメージですが、これなら暖かくなってからでも
楽しめますね♪

そしてこれは全くの偶然なのですが、クリスマス直前イベントとしてこの日なんと
くまモン"本人"が駆けつけ、イルミネーションの点灯式をやると...!
なんという幸運(>∀<人)♪♪♪
171216_7.jpg

でもまだまだ時間があるのでそれはとりあえず置いておいて・・・

パーク内を散策しましたが、残念ながらこの時期は花もなく、お昼時になっても
まだほとんどお客さんがいなくて閑散・・・。レストランは和洋中何軒も揃って
いるのですが、お客さんはパラパラ。
171216_28.jpg  171216_29.jpg

こちらは夜の主役のイルミネーション装置。
これが夜にはどうなるのか・・・? 後で出て来る写真でご確認下さい(^_^;)
171216_26.jpg  171216_27.jpg

唯一、温室である「ベゴニア館」では、見事なベゴニアや冷凍保存で開花した
他の季節の花々(ユリやチューリップ等)を楽しむことができます。展示方法がフォトジェニック。
171216_18.jpg  171216_19.jpg

パーク全体が「くまもとフェア」とは言っても、屋台も昼間は全部閉まったまま夕方に
ならないとオープンしないようで、さすがにやることが何もなくなってしまいました。。。

15時頃になると様子は一変。
団体ツアーが大挙して押し寄せて来て、一気にパーク内は賑やかになりました。
昼間の静けさが嘘のような混雑。

くまモンのイルミネーション点灯式イベントは16:45からですが、
やることが何もなかったこともあって、1時間半前から気合を入れて最前列を確保(^_^;)
最終的に、後ろは声が聞こえない位遠くまで人だかりだったようですが、執念の最前列、
バッチリ見えました(^o^)v マニアック過ぎ...?いやいや、周りの人の熱意には全然かないません(汗)
171216_4_1.jpg

イベントは15分という短さですが、くまモンのやんちゃで爆笑なステージを楽しんだ後、
いよいよ17時のイルミネーション点灯に向けてカウントダウン開始!

171216_2_1.jpg
171216_3.jpg

あと3秒・・・2・・・1・・・

点灯!ポン!

・・・・・ついたモーン!
        










園内のイルミネーションが一斉に点灯しました☆

これはちょっと面白かったのでおまけ。
点灯式終了後は、何と台車に乗せられて退場のくまモン(゚〇゚;)
...確かに、歩いて行くともみくちゃにされて全然進めませんからね...
171216_5.jpg  171216_6.jpg

やっとイルミネーション鑑賞の時間です。
園内にはいろいろなイルミネーションがあります。

■水上イルミネーション 光の大河
171216_12.jpg

水上にあるイルミネーションは全国でも珍しく、さらに規模も最大だとか。
チャペルとともに色が刻々と変化して美しいです。

次はいよいよメイン会場へ。

200mの光のトンネル。LEDの柔らかで細かい光に目を奪われます。

171216_10.jpg  171216_11.jpg

光のトンネルを抜けると・・・

そこには圧倒的スケールのイルミネーションの世界が広がります。

これは、熊本 阿蘇の米塚と草千里ヶ浜を表現したものですが、近くで見るとあまりの大きさに
本物の山がそびえているかのような錯覚に陥りました  )゚0゚( ホエー!  高さ30m、幅155mの巨大な景観です。
171216_15.jpgこちらも音楽とともに刻々と情景が変化。

紅葉の熊本城。
171216_14.jpgパラグライダーで天草の海の上を飛ぶくまモン。躍動感がものすごい。 
171216_16.jpgこれらは、映像を投影する「プロジェクションマッピング」ではなく、一つ一つの光が
全てLED電球だというのですから驚くしかありません!

電球数は非公開とのことですが、デジタル制御技術を駆使したまさに圧巻の
イルミネーションショーです!!

展望台に上ると、距離は少し遠くなりますが、全体のスケール感がよくわかります。

温泉大国でもある熊本。露天風呂につかるくまモン。
171216_13_2.jpg天草 崎津天主堂と漁村の風景
171216_17.jpg他にも様々なシーンがあります。
年明け1月1日からはまた新たな演出が多数加わるようで、今よりもさらに進化するとは...驚きです。

メイン会場出口には「桜」のトンネル。淡いピンク色の光は本物の桜の花のようです。171216_8.jpg  171216_9.jpg

ピンク一色かと思ったら、時間が経つと徐々に葉っぱ(緑色の光)が出て来て、
そのうち全体が新緑の緑色の光に変わるという凝りようです。
葉桜が出て来て残念...という、あの春の気分が味わえます(^_^;)



東京からも十分日帰りで行かれる「なばなの里」。
花の季節や違うテーマのイルミネーションの時、また行ってみたくなりました!

おわり。

(今回「その1」としましたが、あと2回ほど、今回の旅で「なばなの里」に
関係ない小話を書く予定です)


秋の京都2017・その2 -瑠璃光院訪問記-

皆さま、こんばんは!

一昨日は写真の準備不足で短い内容になってしまいましたが、今日は文章が
多めです。

前回ご紹介した瑠璃光院についてのおまけで、「恐るべし"インスタ映え"パワー」に
スポットを当ててお届けしたいと思います。
前回のブログの写真を撮るまでの裏話などなど、です。

注・瑠璃光院に行ってみたいという方には参考になるかもしれませんが、
そうでない方は興覚めになりかねないので読まない方がいいかも(^_^;) 



まず、瑠璃光院の場所ですが、京都市中心部からは離れていて
(バスで50分位)、比叡山行きのケーブルカー乗り場の近くにあります。

旅行に行く前のこと。インスタグラム Instagram.jpgで話題の場所だけに、
紅葉の状況について、私もインスタグラムのいろいろな人の写真投稿で
情報を収集していました。

すると、紅葉の状況以外に、拝観について尋常ではなさそうな状況が
見えてきました。

あまりの人気に、朝一番で行かないと待ち時間が3時間になったりするとか、
午後に行ったらチケットが完売で入れず、などという投稿が目につきました。

どれだけ混んでいるんだ。。。(´゚д゚`)

というわけで、私たちは2日目の朝一番に訪問にすることに決め、いざ出発!


拝観時間は9時からですが、それより前の8:50位に到着。
その時点で、拝観は「9:30」の整理券でした(=待ち時間40分)。
171126_2.jpg  171126_13.jpg

ここで拝観料を払いますが、拝観料はなんと2,000円(T_T)

整理券制なので、集合時間までに戻れば、同じ場所で待ち続ける必要はありません。
その点は列に延々並ぶよりは良心的(^_^;)
でも、山の中で周りには特に何もないのが難点...

集合時間に集まったら、同じ時間帯の人たちでお寺までゾロゾロ歩きます。
思っていたより距離がありました。

お寺の前に着いた後も、さらに待ち時間が。
というのも、お寺に入る人数も2人ずつなど少人数で区切っているからです。
171126_7.jpg  171126_8.jpg

お寺に入ると、順路はまずメインの書院2階(紅葉が写経机に反射している所。
前回のブログ写真の場所)へ。
やはり人だかりです。

ここでの写真撮影は時間制。

最前列の人の撮影時間制限はなんと30秒!
係の方がストップウォッチで計って「あと10秒です」とまでやる徹底ぶり。
日本語のわからない中国人のため中国語のスタッフもちゃんと案内しています。

美しい景色の反対側は、実はこんな光景・・・
171126_3.jpg

時間が来たらどいて2列目の人が前に出て・・・「はい(撮影)どうぞ」という
完全流れ作業です。

たった30秒で撮影しなければならないとは。。。難しい!
この対応にはついつい苦笑してしまいますが、前の人が全然どかないストレス
よりはよほど公平で良いと思いました。それにしても皆さんの撮影の真剣度が物凄い。

↓こちらは、1階に下りたところで、「瑠璃の庭」。とても美しい庭です。
171126_4.jpg

ここは特に写真を撮るのに制限はありません。
一見、静かな庭をしっとりと眺めている・・・という印象かもしれませんが...

↓実際はこのようになってます。みんなインスタのためなのか?!真剣そのもの。
 いい場所で撮るのは容易ではありません。
171126_5.jpg  171126_6.jpg

お寺の中は意外と広く、他にも見所がいろいろあります。

私たちは滞在1時間程で外に出ました。

その時点(10:30頃)で、整理券は既に「12:30」(=2時間待ち)となっていました。
早起きは三文の得(^w^) ウシシ


もしも2時間もの待ち時間となってしまったら、その間に近くにある蓮華寺を
訪れてみてはいかがでしょうか(私たちは瑠璃光院の後に立ち寄りました)。

瑠璃光院からはバスの停留所で1つ分離れていますが、十分歩いて行かれます。
171126_10.jpg


ここも庭が絵画のようで大変美しいです。
171126_11.jpg

しかし、瑠璃光院と同じインスタ狙いの人が行っているのか、写真好きの人が
あまりに多いのか、異様な光景はここでも。
171126_12.jpg

こういう場所では大抵は縁側に座って庭を眺めるものではないでしょうか??
実際最初は縁側に座っている人も何人かいたのですが、その人たちがたまたま
誰もいなくなった瞬間が訪れると、みんな素晴らしい一体感(?)で、
ここぞとばかりに↑写真のような後方から(紅葉の"額縁"効果を狙ってですね)
一斉に凄い連写で撮りまくる撮りまくる(^_^;)
しかも無言... 

えー、既にお気づきかと思いますが、他人事のように書いている私も
その中の一人だったりするわけで(^_^)

で、こんな状況で縁側に座ろうという勇気のある人は、中国の方も含めさすがに
いませんでした(汗)

そんなわけで、今回は昨今のカメラ人気の高さを目の当たりにしました。
"総カメラマン"のようで、一昔前とは全く異なる様相ですね。



長くなりましたがこれで今年の京都レポートを終わります。
...あっ、ブログに載せた写真は2日目のものばかりで、M課長とご一緒した
1日目の写真が1枚もありませんでした(^_^;) !!

それではまた(^o^)ノ

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30